理系・文系を重ねて見る光景は
「坂の上の雲」「JIN -仁-」…なんて素敵な日曜日
やっぱり、NHK「坂の上の雲」面白かったですね。
本木雅弘、阿部寛、香川照之、菅野美穂という役者陣も、また明治の志の高い人々を描くのに相応しい。
冒頭に秋山好古(阿部寛)が尊敬する人として福沢諭吉をあげていたけど、まさにその通りに実践して生きたのだなあ。

「今日の書生にしても余り学問を勉強すると同時に始終我身の行く先ばかりを考えているようでは、修行は出来なかろう」
「如何したらば金が手に這入るだろうか、立派な家に住むことが出来るだろうか」(福翁自伝)

というようなことばかりを考えていると、ろくな学問は出来ないというのだ。

たしかに秋山兄弟、ボロ家に下宿していたなあ。
身辺も単純明快がいちばんといい、他人の金にも頼らず、弟を引き取り、父親にも勝るしごきっぷり。
そして、誇りは天よりも高い。

07230427.jpg

前近代と近代という二つの時代を生きた明治人(勝海舟・坂本龍馬・大久保利通・西郷隆盛などはじめとする日本の歴史のなかでも一等抜けた才人たち)の凄さが分かります。
あれくらいでなければ欧米に列することはできなかったのだ。

「JIN -仁-」も見られて、なんて素敵な日曜日。
スポンサーサイト
チョウはなぜ飛ぶか
僕の子供ころはもっと自然が周りにふつうにあったから、チョウもトンボもいっぱい飛んでいた。
虫がいっぱいいて、気味のわるいものはともかく(蛾のことです)、ずいぶんつかまえたりした。
チョウもトンボもまだ見かけるけれど、ずいぶん減ってしまった。
増えたのは虫ではないけど、カラスと鳩くらいなのか。
北杜夫やナウシカほどではないにしても、当時の子供たちは虫が大好きだったのだ。
なかでも、やっぱりチョウですかね。
岐阜には春の女神とも言われる「ギフチョウ」がいますね。

30423506.jpg

「チョウはなぜ飛ぶか」の著者で動物行動学者の日高敏隆氏も亡くなってしまった。
北杜夫、養老孟司、宮崎駿など趣味として虫愛好家は多く、鳩山邦夫、岸田森なども入れると、やはりちょっと変わった人が多いかもしれない。
「チョウたちの時間」(山田正紀 著)なども読んだなあ。
バタフライ効果のようなとんでもないことに例えられたりするし、幼虫、さなぎ、成虫と鮮やかにメタモルフォーゼするから、そんなイメージともなるのだろうか。

「チョウはなぜ飛ぶか」
日高敏隆/著
税込価格 2,520円


サイボーグ009の憲法9条
すこし前の「たかじんのそこまで言って委員会」は『こんなものいらない』の特集だった。
まあ、それぞれにいろいろ議論はあるけれど、堂々のトップになったしまったのは憲法9条だった。
これこそ、様々に議論があるところですが、びっくりしたのは憲法9条を取り上げた時に流れたBGM。
「サイボーグ009」の主題歌だったのだ。

やっぱり、テレビ局、マニアックなスタッフがいるのでしょう。

PB010001.jpg

人間と機械の狭間で常に悩めるサイボーグ戦士たちだけど、「太平洋の亡霊」の回ではではさらに大きなテーマに踏み込み、憲法の9条の条文がそのまま映しだされたことがあったのだ。
大胆な演出だなあ。

0091.jpg

一方、同じく石ノ森章太郎サイボーグシリーズなのだけど、こんなすごいものが出ています。
当時人気タレントを輩出した西野バレエ団 (金井克子・ 原田糸子・ 奈美悦子・ 江美早苗・ 由美かおる)総出演みたいな感じで、いやまったく、サービス満点。
なんやかんやといっても戦後の昭和、右も左も清楚もエロも自由だったな。

【DVD】009ノ1 コンプリートDVD (初回生産限定)
発売日: 2009/11/21 定価 19,950円

石ノ森章太郎原作コミックスをTVドラマ化。秘密結社・ダークシンジケートから日本を守るため、ゼロゼロガールズが立ち上がる!超ミニスカート姿で、抜群のプロポーションとお色気たっぷりのアクションが話題となった痛快娯楽傑作!金井克子、由美かおるほか出演。全13話を収録した初回生産限定DVD?BOX。
パトロン国家 「人と違うことをせよ」
戦国武将のなかでも異色なのが古田織部。
戦国時代の武将なのだが、派手な合戦はひとつもなく、茶会や茶器のことばかり。
武将としては戦果は何もないけど、茶の湯の造詣の深さで取り立てられていくのだ。
こんな荒々しい時代でも趣味でひょうひょうと生きた男がいたのだね。

07224452.jpg

それにしてもおそらく日本の歴史上のいちばんの乱世であった戦国時代にあっても、古田織部のような生き方があり、取り立ててくれる諸大名があったというのはすごい。
お茶ですよ、お茶。
生きるか死ぬかの乱世のなかですよ。
一方、現代日本は厳しい財政を反映して事業仕分けが行なわれ、次世代スーパーコンピュータやGXロケットなどの科学技術予算は軒並み、凍結・縮減されてしまった。

まあ、そもそも・文化・純粋科学・創造そのものは、今までも市場から無視されてきたように経済原理とかけ離れたところにありますね。
古来、洋の東西を問わず芸術・科学の発展にはパトロンの存在が大きく、たとえば茶道の利休にしても秀吉の存在を抜きでは語れないし、基本的にパトロンというのは富も権力も持ちえているけど、こと芸術・科学には経済的原理を持ち出さない人たちなのだ、国家と違って。
アニメ・コミックなど文化予算も同様だけど、そんなことでは現代の古田織部を潰してしまうぞ。
現代はそんなパトロンもいなくなってしまったし。
歴女が現代人ではなく、戦国武将などに憧れるわけですね。
いっそのこと、パトロン国家を目指したらどうだ、日本は。

古田織部は、利休の教えを忠実に実行した。

「人と違うことをせよ」
科学技術予算とアニメと日本の未来
TVシリーズ第3弾「機動戦士ガンダムZZ」 メモリアルボックス Part?[Blu-ray]がついに発売です。

JAXAが有人宇宙飛行よりロボット志向なのはガンダムをはじめとする日本アニメの伝統ゆえだったり、紙ヒコーキ飛ばしたり、イオンロケットの小さなハヤブサの活躍も日本に独特の夢のある科学技術の開発です(ハヤブサ無事帰還できるだろうか)。
まあ、ガンダムはモビルスーツで人間が乗り込むのですが…。

科学予算がずいぶん削られてしまったけど、日本の科学技術は大丈夫か。
天文学なんて気が遠くなるようなスパンの学問であるけど、今や近い将来に何がどうということはなくても、なくしてしまっては進歩・発展の源である夢がなくなってしまうよ。
スーパーコンピュータでは仕分け人が悪く言われているけど、回答がなあ。
いわばマスコミも注目する一世一代のPRの場なのだから、きちんと説明すれば予算も取れ、科学振興にも絶好のPRの場所だったのだ。
大学も教養なり基礎科学の学究の場だったのに、ずいぶん実利を求める場になってしまった。
マンガ・アニメが文化・伝統、科学技術に寄与する日本です。

zzl.jpg

懐レア特典は1996年の「ガンダムZZ のLD-BOX」の告知ポスターですね。
まさに「ペ」ならではの、レアモノお宝ポスターですっ!

いや、構図から発売日(Part2)もまるでデジャブを見るように一緒だったりして。

【BRD】機動戦士ガンダムZZ メモリアルボックス Part.I[Blu-ray]
発売日: 2009/09/25 価格:  36,750円
ペーパームーン懐レア特典ポスター付

【BRD】機動戦士ガンダムZZ メモリアルボックス Part.II<最終巻> [Blu-ray]
発売日: 2009/11/25 価格:  36,750円
ペーパームーン懐レア特典ポスター付
NHK少年ドラマシリーズのような「アンタッチャブル」
仲間由紀恵主演ドラマ「アンタッチャブル」の評判がよくないらしい。
本格モノでもなし、ギャグでもなしと少し中途半端のような気もするけど、意外に大真面目なのかもしれない。
見続けていたらなにかデジャブな感じがして、これはもしかしたらNHKの少年ドラマシリーズの正統な後継なのではないかと。

4900950186709.jpg

あの当時、自由が声高に叫ばれた時代、かなり管理社会を否定的に描くものだったけど、今は自由のようで実は管理が当たり前のようでもなってきた。
自由と安全は比例しないのだ。
しかしいかに安全、正義でも、過剰なるものには危険がつきまといます。
たとえば最近の商店街には監視カメラが導入されてところも多く、プライバシーを制限するものだけど、安全の声に抗することは難しい。
伝統的な共同体の絆を断ち、自由を得たがゆえに、不安や孤独にさいなまれ、結局は新たな安定を求めて「権威」に縋りつく(「自由からの逃走」エーリッヒ・フロム)。
少年ドラマで描かれた危機がいま訪れているのかもしれないよ。
そう思うと「アンタッチャブル」も楽しい!?
恋人たちの季節、オタクたちの季節
恋人達の季節、秋からクリスマスにかけて9ヶ所10公演で行なうツアーとコンセプトをリンク。
「恋してキレイになる」をテーマにした新曲1曲やリアレンジなど新しく蘇った楽曲を含む旧譜14曲からなる全15曲を予定…とはメーカーからの紹介文。

いや、秋からクリスマスにかけてって、恋人達の季節だったのか。
僕はDVD?BOXなどがいっぱい発売されるオタク達の季節かと思っていた…。
あるいは思い込もうとしていたのか。
でも、僕たちの季節であるのもたしかです。
僕たちの水樹奈々ちゃんも紅白初出場が決まったしね。

P1_G2456386W.jpg

大塚愛ちゃんも等身大な歌が可愛いです。

【CD】LOVE is BEST(DVD付)
大塚愛
発売日 2009年11月11日 税込価格 3,800円


[CD収録予定曲]
1. 新曲(タイトル未定)
2. 恋愛写真 -春-
3. 甘い気持ちまるかじり
4. さくらんぼ
5. Strawberry Jam
6. ふたつ星記念日(NEW RECORDING)
7. 甘えんぼ(NEW RECORDING)
8. drop.
9. HEART
10. 大好きだよ。
11. チケット
12. One × Time(NEW RECORDING)
13. ポケット(NEW RECORDING)
14. キミにカエル。
15. 君フェチ
全15曲

[DVD収録予定曲]
「新曲(タイトル未定)」
「One × Time」
「甘えんぼ」
「さくらんぼ」
「HEART」
「大好きだよ。」
全6曲
※曲順未定
セイラママは青き衣のナウシカ
「小公女セイラ」面白いなあ。
アニメ版は苛められるのが可哀想で見ていられなかったけど、志田未来版セイラはへこたれないし、意地悪な人たちもはじめから、ほんとうはよい人たちなのがほの見えていて安心させてしまうのかなあ。
しかし、斉藤由貴、楽しそうにやっています。
樋口可南子もこんなハジけた役はホワイト家族をのぞけば初めてじゃないかなあ。

jiburi.jpg

先週のセイラママの話はほんとうに面白かったなあ。
あの問答無用の大泣きは、意地の悪い院長から生徒たちまですべて無力化する最終兵器で、セイラのみがコントロールできるのだった。
セイラが動物のごとき論理の通じない幼子を安心させる様子は、ナウシカが野生のテトを安心させ、手なづけるシーンを思い出してしまった。
セイラも
「その者青き衣をまといて金色の野におりたつべし。失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄の地にみちびかん」
という運命の子なのかもしれませんね。
王蟲とも心通わせるナウシカ、ねずみとも会話の出来るセイラですものね。

【DVD】 崖の上のポニョ 特別保存版 ">【DVD】 崖の上のポニョ 特別保存版
2009/12/8発売 価格:  19,110円
ペーパームーン懐レア特典:ポスター付

【BD】崖の上のポニョ ブルーレイディスク 特別保存版
2009/12/8発売 価格 18,480円 (税込) 送料込
ペーパームーン懐レア特典:ポスター付
等身大フィギュア 白袴にも森ガールにも
以前、たまたま弓道用の衣装が借りることがあって、等身大フィギュアに着せてみた。
弓道衣・袴・帯というのはちょっと憧れですよね。
僕はあの「時をかける少女」の原田知世の弓を構えた凛とした立ち姿にやられてしまったのだけど、弓道がマイナーなスポーツなのにマンガでも意外に出て来たりするのは、その影響もあるような気がします。
それはさておき。

こういう衣装・和装は強引なのかもしれないけど、けっこう融通が利いて着せやすくもあって、そして、着せてしまうとセクシーなお姉さんも凛としたたたずまいの少女に変わってしまうのですね。
衣装にこそ、本質があるのか。

type-b_r_top_280X373.jpg

女子剣道の白袴姿(「鹿男あをによし」の多部未華子がかっこよかった)も好きなので、あれも着せてみたいなあ。
コスプレマニアか。
ちょっと事情があってその画像はとりあえず公開できませんが、等身大フィギュアの楽しみは、日常の衣装、道具、あるいは景色などすべてにそのままにマッチすることでもありますね。
すっかり秋も深まり、紅葉も美しい季節、森ガールのような佇まいもいいかもしれませんね。
ちなみにぼくにとっての森ガールは平岩紙ちゃんです。

等身大フィギュアはこちら
冬のボーナスセール始まっています。
やっぱり付録!1冊に1個付録 雅姫さん×リバティプリント花柄ポーチ
こちらは少女マンガ誌ではないけど、女性向け情報誌 LEE(リー)1月号の付録。 
雅姫さんって全然わからないけど、こういのを見ると「女の子供というのは天性、花や星を欲しがるものです」(アナトール・フランス)というのは、ほんとうにいくつになっても変わらないと思ったりもします。
機能性も抜群ともあるし。

リアルクローズ(マンガ)→ドラマ→エルメス(コラボ)という具合に女の子の夢は、いよいよループしてくるなあ。

でもこれが780円の雑誌の付録として付くのか。
ボトルキャップなどとりあえず片付けるのによさそうだけど、いや、怒られるって。

4910013810106.jpg

LEE(リー) 2010年1月号  
発売予定日 2009年12月7日 予定税込価格 780円


1冊に1個ついてます!【特別付録】雅姫さん×リバティプリント:“心ときめく花柄ポーチ”
雅姫さんが、大好きな柄で素敵なポーチを作ってくれました。
2パターンのリバティプリントを配したぜいたくな仕立てです。
ビニールコーティングなので、機能性も抜群。


【そのほかの付録】
LEEオリジナル:花のカレンダー2010年inアイルランド
毎年人気のカレンダー、今年は高橋郁代さんがアイルランドで出会った花をアレンジ。素敵な風景の中で撮った、ブーケの写真をお届けします。
懐かしの少女夢ふろく  「女の子は誰でもプリンセスなのよ」
「少女の友」の復刻版も嬉しかったけど、今度は「少女クラブ」です。
セイラの「女の子は誰でもプリンセスなのよ」という言葉がまだ素直に信じられる小学高学年向きでした。
今も雑誌の付録は多いけれど、ブランドとコラボしたり、華やかで豪奢で実用的でもあるような、ほんとうに少女らしい夢…「女の子供というのは天性、花や星を欲しがるものです」(アナトール・フランス)から離れているようでもあります。
オトメチックな「りぼん」(陸奥A子・太刀掛 秀子・田淵由美子…)の時代も少女らしい夢にあふれていたけど。

これらの世代の人にとってはいくつになっても、きっと「女の子は誰でもプリンセスなのよ」。

『少女クラブ』の別冊ふろくのなかから、名作を厳選大切な方へのプレゼントに最適の一冊です。
≪セット内容:絵物語『少女コゼット物語』/漫画『王女と魔もの』/漫画『13人の天使』ほか≫

m_978-4-06-215957-9.jpg

懐かしの少女夢ふろく出版社名 講談社
発売予定日 2009年12月16日
予約締切日 2009年12月2日
予定税込価格 3,045円


昭和30年代『少女クラブ』からの贈りもの……。楽しい3つのおまけつき!
【セット内容とあらすじ】 ■絵物語『少女コゼット物語』(昭和31年新年特大号より) 訳・村松千代 表紙・勝山ひろし さし絵・江川みさお ■漫画『王女と魔もの』(昭和31年12月号より) 谷川一彦 ■漫画『13人の天使』(昭和32年7月号より) うちの すみを   同時収録 漫画『獅子王と姫君』 木山シゲル(木山茂) 漫画『おちゃめのジェニー』むれ あきこ   『少女クラブ』とは……大正12(1923)年の新年号を創刊号とする月刊少女雑誌です。従来の少女雑誌が女学生を対象にしていたのに対し、小学校5?6年生に向けた小説や絵物語、漫画などがたくさん掲載されました。レターセットやスターブロマイド、アクセサリーなど、バラエティー豊かなふろくも大人気でしたが、昭和37年に惜しまれながらも終刊。その娯楽性と華やかさは、日本初となる少女週刊誌『少女フレンド』へと受け継がれました。

e-honはこちら
AKBもびっくり! 倉科カナファースト写真集 <生写真付き>
倉科カナもNHKも大変というべきなのか。
最近の傾向とはいえ、それにしても視聴率が低迷していますからね。
放送中にこんな嬉しい写真集も出て来てしまうのでした。
ファースト写真集『Sunny Flowe』に、生写真を付けた限定重版商品とは、AKBもびっくりです。


Sunny Flower 倉科カナファースト写真集 <生写真付き>
アライテツヤ/撮影
発売予定日 2009年12月15日
予定税込価格 2,800円


m_978-1-11-115435-6.jpg

現在放送中のNHK連続テレビ小説「ウェルかめ」の主演女優である倉科カナさん。こちらの商品は、入手困難となっていた彼女のファースト写真集『Sunny Flowe』に、生写真を付けた限定重版商品です。ご予約締切りまで、あとわずか。お見逃しなく!
「JIN -仁-」も見ずにがんばるの記
昨日、一昨日と(ぺ)岐阜店の大幅なレイアウトの変更があって、さずがに時間がなくてブログを更新することができなかった。
書籍・CD・DVD等小売店は、もうどの分野に特化していても、ダウンロードなどデジタルな流れが出来ていて、なかなか厳しいですからね。
(ぺ)もアニメ・映画関係の懐レア特典をつけて、ささやかだけど、ここにしかないもの(コブクロのようでしょう?)をと努力しているのだけど、歌のようなイメージの世界と違って、現実はまさにリアルで厳しいのだ。

gunte.jpg

岐阜市中心部では書店もCDショップもどんどん消えていってしまうのだった。
岐阜に限らず、全国でも生き残りのために大手だって中古やレンタルを組み合わせたり、独自企画CDの販売をおこなったり、必死なのだよ。
(ぺ)の通販強化も日本中であれば、懐レア特典のささやかだけど、ここにしかないもの(まあ、せこいんだけどね)でも、それなりのファンが獲得が出来るのではないかということなのだけど。

ということで、ドラマ「JIN -仁-」も見ずに(先週分だけだけど)、頑張るのだった。

なんか、瀧井孝作の言い訳みたいだなあ。
作家 瀧井孝作は原稿の遅れの理由に
「釣りもせずにやったのだが…」
とまるで、魚釣りこそが本業がごとく平然と言ったらしい。
昔の人はすごいよ。

それとも、これくらい平然と臨まないと展望は拓けないのだろうか。



古文書を巡る旅 史実を押さえてこその「JIN -仁-」
小説・映画・マンガ・アニメを奥深く、歴史のかなたに誘ってくれるのが古文書。
その断片が想像の飛翔となって物語を面白くします。
毎週が楽しみなドラマ「JIN -仁-」だって、壮大な嘘(SF)ではあるけれど、デティールは史実に基くものですからね。
ペニシリンも蘭方医も花魁もかくあれかしと思うじゃないですか。
咲(綾瀬はるか)のような武家娘もいるにちがいない。

でもその史実の渉猟は並大抵ではない。

かつて漁業社会史の資料館を作るために漁村に眠る古文書を膨大に収集した国の事業があった。
しかし財政難で中止、2?3年の約束で駆りながら返却されない古文書の山が数十年も放置された。
異色の歴史学者であり、そのプロジェクトのスタッフの一人だった網野善彦は古文書を写真に収め筆写し、目録に整理、原本に虫食いなどの破損があれば裏打ちし、所有者を訪ね、長年の非礼を詫びた。
国の責任なのにね。
そしてその旅は網野善彦が亡くなった今も終わらず、まだ400件ほどの古文書が残されてるという。
こういうすごい人たちに支えられながら、面白い作品世界が作られます。

30607335.jpg

古文書返却の旅 戦後史学史の一齣
網野善彦/著
税込価格 693円


日本には現在もなお、無尽蔵と言える古文書が未発見・未調査のまま眠っている。戦後の混乱期に、漁村文書を収集・整理し、資料館設立を夢見る壮大な計画があった。全国から大量の文書が借用されたものの、しかし、事業は打ち切りとなってしまう。後始末を託された著者は、40年の歳月をかけ、調査・返却を果たすが、その過程で、自らの民衆観・歴史観に大きな変更を迫られる。戦後歴史学を牽引した泰斗による史学史の貴重な一齣。
映画を動かす女優、トップは水野美紀、支えるのは綾瀬はるか
【総力特集】シネマ最前線とあって、男優・女優・監督――映画を動かす100人で、女優のトップに立ったのは思いもかけぬ水野美紀だった。
ミニシアター系が多く、やはりアクション女優という希少性が買われているらしいけど、どんな仕事に真剣に取り組む姿勢がいちばんなのだと思いますね。
「女子アナ。」という水野美紀主演ドラマがあったけど、アナウンサーといえどもやはりどんなことにもチャレンジするキャラだった。
「躍る大捜査線」「TEAM(チーム)」「花村大介」 でも、アクションではなく前向きでひたむきな役でしたものね。
「TEAM(チーム)」はもうないのかなあ、すごく面白かったのに。
それでも「口裂け女」「「真・女立喰師列伝」」は少しびっくりした。

2位はもちろん、綾瀬はるかなんですけどね。
綾瀬はるかの場合は、ミニシアター系ではなく、全国公開の話題作・注目作で今後の映画界を支える若手女優の中心です。

49100718312970047609.jpg

日経エンタテインメント! 2009年12月号
税込価格 500円  発売日 2009年11月4日

【総力特集】シネマ最前線〈09→10〉 
 〈PART1〉男優・女優・監督――映画を動かす100人 
 〈PART2〉ヒットを予測! 冬映画26本期待度ランキング 
 〈PART3〉最新トレンドを学ぶQ&A50 
 
【特集】 
◆この冬一気読み! 〈今旬〉大人のマンガ60 
◆超熱狂! “生”エンタの作り方 ヨン様からAKB48まで 
◆テレビ局の最新ネット戦略 配信元年でここまで変わった 
 
【インタビュー・人物研究】 
◆田中圭 難役に引っ張りだこ! “引き算”で演じる小栗旬の後輩 
◆ライセンス 三十路の実力派、「Wハンサム芸人」として急浮上 
◆高田里穂 神秘的で落ち着いた雰囲気が魅力の正統派美少女 
◆May□n 山口百恵以来の舞台に立つハイトーンボイスの20歳 
◆井口達也 水嶋ヒロが演じた最強の不良が書しいた『ドロップ』前夜 
◆佐々木希 「絶対に、無理」――人気モデルの不安と決意 
◆向井理 老若男女がとりこになる赤丸急上昇俳優の求心力とは? 
◆上野樹里×玉木宏 2人が語る映画「のだめ」の見どころは? 
◆広末涼子 大変だったが充実した現場を振り返る 
◆岡本杏理〈新世代俳優ファイル〉あどけなさを残ず15歳のモデル系女優 
華麗なるスパイ
僕は下らないものが大好きなのだけど、いやあ、下らない。
昔のスパイもののパロディ満載で、平和だったなあ。
「それ行けスマート」などのことで、昔といっても「スパイ大作戦」などは本格物ですけどね。
「007」だって、殺しの番号であって、まあ、そういう世界であってもちろん平和ではない。
しかし今や諜報部が密かに抱えるのはジェイソン・ボーンのような凄い奴ですからね。
ドロシー(フカキョン)も楽しいです。
探偵とスパイは現実にはともかく、小説・映画・ドラマ・アニメには欠かせません。

s.jpg

【DVD】華麗なるスパイ DVD-BOX (6枚組・本編5枚+特典ディスク)
発売日: 2009/12/23 定価 18,060円

政府の指令によりスパイとなった元詐欺師が巻き起こす騒動を描いた、TOKIOの長瀬智也主演によるコメディのBOX。内閣情報室秘密諜報部は、詐欺罪で服役中の鎧井京介を政府公認のスパイとしてスカウトするが…。第1話から最終第10話を収録。
特典情報
●メイキング、インタビューほか 予定
すごい本が出た 「明智小五郎読本」
江戸川乱歩が盛り上がっています。
神奈川近代文学館では「大乱歩展」もやっていて、雑誌の付録だった少年探偵団手帳やバッジ、未発表の自筆原稿もあるというから行ってみたいけど遠いからなあ。
最近は映画「盲獣VS一寸法師」が妙な話題から注目も集めてしまった。
少年探偵団など子供向きの顔を持ってるけど、そんな小説でもすごく幻想的なエロチシズムが忍んでいるのだった。

32315898.jpg

こんなものすごい本も(値段も)出ていますね。
マニアの世界はとてつもなく、とてもミーハーなファンではついてはいけません。

明智小五郎読本
住田忠久/編著 出版社名 長崎出版
出版年月 2009年10月  税込価格 8,190円


明智小五郎相関図;明智小五郎調書;明智小五郎のライバル―乱歩の創造した探偵たち;明智小五郎年代学とその周縁;明智小五郎の更なる活躍;雑誌『少年』掲載の江戸川乱歩(名義)のクイズ小説(漫画)総解説;漫画に登場した明智小五郎;明智小五郎挿絵考;舞台の明智小五郎;銀幕の明智小五郎;ブラウン管の明智小五郎;我らが明智小五郎!天知茂物語;ラジオの明智小五郎;明智小五郎音源詞量史津;明智小五郎の謎;小林少年の謎;『鉄塔の怪人』で二十面相は、まだ死んでいる!?;シャーロック・ホームズと明智小五郎;アルセーヌ・ルパンと明智小五郎;明智・小林少年・二十面相と当時の少年

e-honはこちら

乱歩展
◇会  期 2009年(平成21年) 10月3日(土)? 11月15日(日)
休館日は月曜日(10/12は開館)
◇開館時間 午前9時30分?午後5時(入館は4時30分まで)
◇会  場 神奈川近代文学館展示室

こういうのもありましたね。
ツッコミどころ満載だけど、楽しかった。

P6220001.jpg

【DVD】K-20 怪人二十面相・伝 (通常版)
発売日: 2009/06/24 定価 3,990円

【DVD】K-20 怪人二十面相・伝 (ブルーレイディスク)
発売日: 2009/06/24 定価 5,040円

江戸川乱歩が生み出した「怪人二十面相」の物語を、新たな解釈で映画化した冒険活劇。戦争を回避した日本の都市・帝都。特権階級が富を独占する中、彼らから窃盗を繰り返す怪人二十面相が世間を騒がせるが…。

刑事物語 <詩シリーズ DVD-BOX>
‘80年代に若い映画ファンが熱狂した…とあるけど、たしかに続編は4作も作られたのだから人気はあったのだ。
カンフーブームだったしね。
でも僕はあのころはアイドル好きだった。
「刑事物語」にももちろん、ヒロインはいるけど、いかんせん地味だった(と思う)。
アイドルぽかったのはデビュー作でもあった沢口靖子くらいで、いわば武田鉄矢のみで勝負して4作も作られたのだから、きっと面白いにちがいない。
1作は見てるはずだけど、あまり覚えがないんだよ。

keiji.jpg

寅さんのように失恋を繰り返しながら全国を渡り歩くのだけど、警察官はまず地方公務員だからなあ。
それとも特命任務でも帯びていたか。
国家公務員や地方記者・立花陽介のように全国紙の記者ならいいんだけどね。

rinngo.jpg

【DVD】刑事物語 <詩シリーズ DVD-BOX>
発売日: 2010/01/22 定価 16,800円

長髪、胴長短足でくたびれた姿。モテない冴えない片山刑事。しかし、ひとたび事件となれば、ハンガーヌンチャクを手に大暴れ!!‘80年代に若い映画ファンが熱狂した、武田鉄矢の『刑事物語』がDVDで蘇る!!シリーズ第1作『刑事物語』のDVDスマッシュヒットを受け、ファン待望の続編4作品をDVD-BOXで発売!
特典情報
■劇場予告編 ■ポスター&スチールギャラリー
■主演の武田鉄矢他、スタッフ・キャストインタビューを各巻に収録!
文化勲章ならぬ黄綬褒章の森繁さん
森繁さんが亡くなってしまった。
少し前までは、日本アカデミー賞などだったかの大きなイベントのゲストに出てきて、エスプリともボケとも判別の付かないような絶妙のコメントがあって楽しみだった。
社長シリーズはずいぶん見たけど、もちろん、もう映画館ではなくテレビの映画劇場としてだった。
後年の「小説吉田学校」などもあるけど、真骨頂はやはり社長シリーズなど喜劇にあるのではないかなあ。
有能なるものの、サラリーマン社長の悲哀、浮気癖、愛すべきこすからさなど、森繁さんならではの面白さだった。
大衆芸能として初の文化勲章受章者となったけど、僕は勲章というと「喜劇 黄綬褒章」を思い出しますね。

syatyou.jpg

黄綬褒章はひとつの業務に長く精励し、人々の模範となりうる者に授与されるもので、映画の「喜劇 黄綬褒章」で描かれた職種は糞尿収集の清掃局員だった。
主人公(森繁久弥)はその仕事に誇りを持っているのだけど、子供たちには隠していた。
まあ、てんやわんやがあって子供たちにも職業がばれてしまい、なおかつ、ヤクザ相手にバキュームカーで糞尿をかけたりしたので受賞も取り消されてしまうのだった。
まさか糞尿と黄綬をかけたということではないだろうけれど、喜劇ながらなかなか誇り高く、痛快で、心温まる人間ドラマなのだ。
文化勲章も文化功労者も紫綬褒章もあらゆるような立派な賞を受賞した森繁さんだけど、実は映画のなかでももらい損ねた黄綬褒章もほしかったのではないかなあ。

画像は「続・社長繁盛記」。
社長をとりまく生真面目な若手社員の小林圭樹、融通無碍な加藤大介、なにかといえば宴会の三木のり平などのお約束のようなキャラ設定は、さまざまに形を変えてテレビドラマで、今もよく使われるところです。
開村まもない明治村にもロケーションもあって、水戸黄門のような社長漫遊記でもあった。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
削りに削って、短時間のネタで勝負! いかりや長介
真似のできない仕事術とあって、

白洲次郎曰く「空気なんて読まずに時には嫌みで言い返す」
バラク・オバマ曰く「自分の意見は隠しておく」…

わはは、たしかに真似なんかできねーよ。
思わず、「この野郎」と怒鳴られたり、あるいは怒鳴ってしまいそうです。
突出した才人向きで、到底一般向きとは到底思えないけど、今の時代これくらいでないといかんのか。
でも、上司としては、たとえわけのわからんような新人が、「嫌みで言い返す」ことがあっても度量を持って受けなければならないのだろうか。
おっと、解答ももありました。

一杯飲んでから、黙ってやり直す。 赤塚不二夫

さすがです。赤塚先生。

49102775311990057109.jpg

BRUTUS(ブルータス) 2009年11月15日号
発売日 2009年11月2日 税込価格 600円

今すぐ実践したい、偉人の仕事術31 ビジネス書マストバイ
【特別付録】偉人・達人の仕事術カード
古代ローマの芸術家から、実業家・スポーツ選手まで。成功へのヒント満載。
カードの裏面は、それぞれの偉人・達人のことがよくわかる書籍&DVDガイドになっています。
(たとえば・・・)
○自分で自分の推薦状を書く。 レオナルド・ダ・ヴィンチ
○一杯飲んでから、黙ってやり直す。 赤塚不二夫
○稼いだ金は、全部スーツに使う。 マイルス・デイヴィス
○自分の意見は隠しておく。 バラク・オバマ
○削りに削って、短時間のネタで勝負! いかりや長介
○空気なんて読まずに時には嫌みで言い返す。 白洲次郎
ほか

削りに削って、短時間のネタで勝負! いかりや長介

さすがに大ドリフをひきいただけあって、これだけは僕らの仕事にもすぐ生かせそうです。
それでもなかなか削れないんですけどね。
なりきり小公女 なりきり秘密基地
志田未来の『小公女セイラ』もいいけど、たいていの人は世界名作劇場のアニメ「小公女セーラ」ですね。
アニメだって可哀想でようやく明るく見るには最終回を待たねばならなかった。
でも、女の子はやはり本でも読むのだね。
いつだったか松永美穂 早稲田大学文学学術院教授(ドイツ文学)が新聞に「なりきり小公女』というのを書いていて、いろいろな小説・ドラマを読んでも見てもドラマチックなヒロインにはなれなかった松永さんが、のめり込んだのは「小公女セーラ」だった。
屋根裏部屋というものがよくわからなかったので、家の裏にある三畳くらいの物置で自分が寝起きする姿に置き換えて、健気に生きる主人公を演じていた。

se-ra.jpg

誰だって夢想するのだ。
そして、松永さんは最近ではもう「小公女」という年齢でもないので、「小老女」の物語をしばしば夢想する…とあって、やっぱりいくつになっても物語を変えても夢想するのだ。
しかし、男はバカで(僕だけかもしれないけど)、いまだに「小公子」だったりする。
まあ、ほんとうは男の場合、秘密ロケット基地のようなSFだったりするけど。
「小老女」「小老子」になってしまうとなかなかときめくことはないけど、秘密ロケット基地なら年をとっても沖田十三みたいなカッコイイ役回りがないわけではない。
しかしまあ、大人なのだからもう少し大人の価値観も見つけろよ、まったく。

ハイジもそうだけど、屋根裏部屋って粗末で貧しいことの象徴だったのかもしれないけど、子供たちにとっては秘密部屋めいてもいて憧れたりもしたのだった。
もちろん、秘密部屋に入るのには秘密の合言葉も必要なのだった。
「アンタッチャブル」と「リアルクローズ」
もちろん、いいドラマや映画は好きなのだ。
でも、どうしようもなく下らないものが好きなのも確かなのだ。
日経エンタテインメントや週刊誌などでもドラマや映画の評価が載るんだけど、最近はどんどん合わなくなってくるなあ。
TVブロスなんかはかなりマッチしてたはずなんだけど、やっぱり「アンタッチャブル」「リアルクローズ」、あるいは「小公女セイラ」などは評判が悪いのであった。
年のせいなのか、こちらが劣化してるのか。
「アンタッチャブル」にしても仲間由紀恵が楽しく演じているかもしれないのに、ああだこうだと言われてはやりにくくなってしまうよ。
大女優になろうとも何でもやってみたいのだよ、たぶん。
「アンタッチャブル」「小公女セイラ」の小ネタ面白いしなあ。
「リアルクローズ」だって、かつての少女マンガの世界のままながら現代のファッションも描き、前向きでひたむきで楽しいよ。
どんな作品にだってファンはつくし、大きな声にならなくても、小さな声を潰すことはない。
あ、上記ドラマは一般的にあまり作品的評価がよくないだけで、もちろん下らないドラマではありません。

maborosi.jpg

たとえていえば、こういうのが下らないのですが。
まあ、下らないといっても何もこの作品をもって来る必要もないのだけど。
永井豪先生、大好きです。

【DVD】まぼろしパンティ VS へんちんポコイダー
発売日: 2004/07/22 定価 2,940円

女生徒が次々襲われるHな事件が多発しているクライム学園で、調査中の藤寿々美(まぼろしパンティ)の前に変珍太と名乗る男子生徒が現れる。ズボンを脱いだ珍太はなんと…!
スイーツな題名 「たんぽぽ娘」
まあ、今でこそ大きな声で(小さな声のほうがよいかもしれない)「たんぽぽ娘」(ロバート・F・ヤング)が好きだと言えるのだけど、学生の頃は勇気がいった。
「たんぽぽ娘」(ロバート・F・ヤング)はSFであるけど、甘すぎて「SFらしくないSF」と言われていたのだ。
ストーリーだけでなく、題名も甘かった。「たんぽぽ娘」ですよ。
タイムスリップのパラドックスを「心の永遠の想い」に重ねたのは、ぼくはいいんだと思うのだけどね。

bokunohatukoi.jpg

「僕の初恋をキミに捧ぐ」
「きみがぼくを見つけた日」

最近作だけど、いちだんとスイーツですね。

小説も装丁や書名に惹かれることも多くて(甘いわけではないけど)、書名が好きだったのは、

「白きたおやかな峰」(北 杜夫)
「雷鳴に聞こえる午後」(辻邦生)
「白鳥の歌なんか聞こえない」(庄司薫)
「アカシア騎士団」(金井美恵子)
「エホバの顔を避けて」(丸谷 才一)
「千日の瑠璃」(丸山 健二)
「アマノン国往還記」(倉橋由美子)
「一千一秒物語 」(稲垣 足穂.)

きりがないがないなあ。

映画でも「ナタリーの朝」というのがあって小説も読んだけど、僕には全然だめで海外小説はさっぱり苦手となってしまった。
原題は「Me Natalie」。上手いのかどうなのか?
「JIN -仁-」 江戸の文化力、異邦人の受容度
どうやっても面白くなるでしょう、「JIN -仁-」。
定番の医療もので、タイムスリップしてしまうSFで、しかもその時代が坂本竜馬、勝海舟が活躍する幕末で…。
といっても心配なのが昨今のドラマなのですが、こればかりはいつも次週が待ち遠しい。
タイムスリップにつきものの歴史の改ざんというテーマなども出てきますが、ここは咲(綾瀬はるか)が正しいのでしょう、たぶん。
「医者が命を助けてはならない道理とはどういうことでございますか?」と、厳しくあの美しい顔で言われては、天を仰ぐよ。

07219542.jpg

以前に「行ってみたい時代は?」というアンケートがあって、たしかトップだったのは平安時代だった。
ぼくも奈良時代や平安時代はぜひ行ってみたいのだけど、この時代どうも天然痘が大流行したらしく現代人が行ったら、即感染のような気がするのでちょっと行けない。
まあ、心配しなくても行けんのだけど。
「JIN -仁-」を見ていても平和な江戸時代とはいえ、コレラとか疫病がやはり怖ろしい。
おまけに歴史の修正に対する報復のような辻斬りもあるのだ。
でも未来を拓くのはいつも前に向かって立ち向かう勇気と、そして「世界を制した日本的技術発想」(志村幸雄 著)にもあるような技術を伴った文化力なのだ。
この書によれば戦国時代、種子島に火縄銃が伝来しようとも、日本ですぐに量産できたのは高い金属加工の能力はもちろん、新技術受容する文化があったわけで、異邦人たる仁を受け入れ、その要求に応えうる江戸の人々もすごい。

現代よりも文化的受容度、高いような気もするなあ。
あんな真摯な姿勢で異邦の人を受け入れるだろうか。

立ち向かう勇気、好奇心といい、咲は日本人の鑑ですね。
竜馬、海舟などの偉人たちはもちろん、市井の人々に至まるでの日本の文化力ってすごいよ。
楕円軌道を描き、美しい音楽 を奏でる惑星
“最も美しい図形”円、球、そしてπ。
そしてもっとも美しい惑星 地球。

さらに美しい宇宙をイメージしたのは、ケプラーの法則で有名なヨハネス・ケプラーですね。
古来から星の複雑で美しい動きは宇宙・天文への科学的興味と、人の運命・神の啓示とも重ねられけど、ケプラーも数学者でもあり、占星学者でもあった。
いわば科学と魔法が共存した時代。

惑星は音階と和音と奏でながら楕円軌道を描いている。

物理的興味でなくて文学であっても宇宙に惹かれ、宇宙を解明しよういう美しい動機にはなります。
銀河鉄道も素晴らしく美しいイメージで宇宙への興味に誘ってくれます。

32235787.jpg

宇宙の調和 不朽のコスモロジー
ヨハネス・ケプラー/著 岸本良彦/訳
税込価格 10,500円


e-honはこちら

美しい宇宙、美しい青春ならぜひこちらも。
【DVD】NHK ドラマ8 ふたつのスピカ  <3枚組>
2009/12/23発売 販売価格:11,970円(税込)

―それでも私は宇宙へ行きたい

という気持ちわかるでしょう。
「坂の上の雲」の時代のエリート
菅国家戦略相は31日、民主党都連の会合で講演し、中央省庁の官僚について「知恵、頭を使ってない。霞が関なんて成績が良かっただけで大バカだ」と批判した…。

まあ、柔軟な発想に欠けると言いたかったにしろ、口が滑りすぎていらぬ官僚の反発を招くかもしれません。
それにしても霞ヶ関、官僚といえば、やはり東京大学になるのでしょう。
管直人のようにちょっと近い場所の出身者(東工大)だと微妙かもしれないけど、こっちは遠く離れた存在だから高みの見物です。
まあ、というわけにもいかなくて、日本をよくしてくれないとね。

32302513.jpg

さて、その東京大学。
体制エリートも反体制エリートも東大出身者が圧倒的に多いわけですが、近年は政界・財界でのエリートは凋落の一途らしい。
官界はまだ幅を利かせているけど、「成績が良かっただけで大バカだ」(管直人 談)と言われてしまった。
テレビのバラエティ・クイズ番組でも東大卒などインテリ軍団がにぎやかだけど、どうよ。
メインカルチャーが屹立していてこそのサブカルチャー。
庶民から生まれ、たゆまぬ努力・実行をもって堂々たるエリートになった「坂の上の雲」の時代のエリートとはちがうなあ。
こんなに社会・エリートがフラット化していいのだろうか。
生活格差だけは広がっているのだけど。

東京大学エリート養成機関の盛衰
橘木俊詔/著
出版年月 2009年9月  税込価格 2,730円


「日本一の大学」である東京大学は、明治初期の設立から今日まで、官僚、政治家、法曹、経営者、研究者、医師、文人等々、日本の指導者層を数多く輩出してきました。本書では、その「エリート養成機能」の功罪を、統計資料を駆使し、また著名な卒業生を例にあげて評価します。そして「格差固定社会」における高等教育・研究機関としての機能の変容を分析し、今後の展望を考えます。


シャイネス 美徳の不幸
謀略史観によれば新型インフルエンザだって怪しいのだ。
製薬会社陰謀説ですね。今や軍事産業よりも巧妙で永劫性を持つのかもしれない。
とりわけ怖ろしいのが中枢神経系の医薬で、もう病気なのかどうかですら分からなくなってきています。
向精神薬が次々に発売されるのに心の病を抱える患者は増える…というなら、どう考えてもおかしいでしょう。

32297954.jpg

「乱造される心の病」(クリストファー・レーン著)の原題は「シャイネス」。
内気ではにかみ、人前で話をするのが苦手、シャイな性格は内省的で奥ゆかしく美徳ともいえるのに、アメリカの精神医学では「内気は病気」であり、「社会不安」「回避性パーソナリティ障害」(そんなの誰でもあるだろう)などの病名がつき、向精神薬が処方されるのだ(日経新聞 滝順一)。
日本のおとなしい子、オタクなどみんな病気にされてしまうではないか。
メタボもそうだけど、医者が科学的根拠に基づかず、新たに病気を定義づけ、製薬会社が巧妙に薬を売りつける。
僕は映画「まぼろしの市街戦」「カッコーの巣の上で」「君よ憤怒の河を渡れ」を3大精神病院映画と思っているけど、ほんとうに怖ろしいよ。
「君に届け」ではないけど、誰にも届く明るさだけがいいのではない。

乱造される心の病
クリストファー・レーン/著 寺西のぶ子/訳
出版年月 2009年8月  税込価格 2,100円


堂々たる大作「沈まぬ太陽」、初々しい佳作「僕の初恋をキミに捧ぐ」
まあ、小品・佳作好きの僕が言うのもなんなのですけどね。
ともに10月24日公開だった「沈まぬ太陽」と「僕の初恋をキミに捧ぐ」の2作品。
さて、どちらから行こうかなと思っていたのだけど、週末2日間の興行成績は「僕の初恋をキミに捧ぐ」が1位でで、2位が「沈まぬ太陽」だった。

sizumanu.jpg

もちろん、いつも大作がトップだったりばかりではつまらない世の中になってしまうけど、でも堂々たる大作があって小品・佳作の良さも引き立つところもあるのだよ。
すくなくとも僕たちが学生の頃は、出来不出来もあるけど、まだ大作が堂々と構え、小品・佳作をマニアックな学生たちが支える構造だった、たぶん。
とりわけ、僕の好きなような青春映画「放課後」「恋は緑の風の中」「夏の妹」なんてヒットしなかったからね。
まあ、今はひねくれず直球だったりするけれど。

bokunohatukoi.jpg

「僕の初恋をキミに捧ぐ」も初々しい佳作で好きだけど、いや、みなさん、もっと「沈まぬ太陽」を見てください。
掛け値なしの堂々たる大作なのです。