理系・文系を重ねて見る光景は
季節は巡る CHANGE
いやあ、予想されていたこととはいえ、あまりの圧勝だった民主党。
日本は四季折々、ゆっくり季節が経巡る緩やかで優美な国だから、あまり激変を望まない国民性なのだと思ったけど、グローバル化のなかで劇的な変質をもたらしてしまったのか。
僕が二元論を好まないのは、たとえば夜と夏、夏と冬しかないような、あるいは正と邪、男と女、金持ちと貧者しか選択のないような世界はつまらないと思うからです。
たそがれどきの寂しさ、春の気だるさ、秋の海、キカイダーの憂鬱…
アニメやマンガなどのサブカルチャーだって、多様性の一環として生まれたものであって、今はより自由を謳歌しながら、実は自由を失うような巧妙な罠にあるような気もします。

先日もニュースでETCの売上が落ち込んでいるというのがあって、これはもちろん、政権交代を見込んでだ高速料金の無料化を意識したものですね。
マニフェストもいいけど、利害にいいように使われてしまうことがありますね。
割り切って言えば、民主党に高速料金の無料化や消費税率アップを留めさせ、次は自民党の有益な政策マニフェストに調子よく乗っかることも可能なのだ。
しかし、政策はそれぞれ単独にあるのではなく、今後の国づくり全般のなかにあるものだから、ツギハギに選び取ったら100年の大計どころか10年ももたないのではないかなあ。

伊勢神宮の式年遷宮は1300年の歴史があるけど、ツギハギでない営々たる積み重ねの上に成立しています。

cha.jpg

木村拓哉が総理大臣になってしまうあのドラマですね。
ドラマでは意外に官僚たちがいい人たちだったりしたけど、なかなかそんな具合にはいかない、たぶん。
民主党圧勝での政権交代を受けて、まさに歴史的な CHANGEとなってしまった。

【DVD】 CHANGE DVD-BOX
発売日: 2009/10/14 定価 23,940円

特典情報
【封入特典】
●44Pスペシャルブックレット(予定)
【スペシャルディスク】
●放送直前SP
●制作発表
●出演者インタビュー集
●クランクアップ集
●「新報道プレミアA」対談
●ひかるのカンタン政治知識講座
●未公開映像集
●予告集
●ノンクレジットエンディング
スポンサーサイト
文学・出版のサマーウォーズ
中上健次が郷里新宮市に開講した熊野大学。
文学・出版状況が激変するなかで、熊野大学も旧世代から今年、新世代に引き継がれることとなった(日経新聞 夕刊)。

気鋭の評論家 東浩紀は
「いまグローバル資本主義が進化し、市場に合わせた商品としての文芸書が氾濫している。他方で純文学や思想書は片隅においやられ、まともな思想所書を書く若手はいない。この状況を打破し、純文学や思想を再起動させるにはある種の妥協が必要だ。たとえ本当は(連帯など)信じていなくても、作家達がレーベル(組織)や党派を作り「新しい文学運動」という物語を演じていく必要がある」

要約すれば「仮の文壇」を再構築しようというもの。もちろん、誰もが文学を熱く信じていた時代の文壇と違って、フィクションとしての文壇だ。しかし、仮であれ、「文壇」があれば文学の評価はすっきりし、「何でもあり」の状態は解消する。マイナーな純文学や思想書も十分やっていける。読者の目は肥え、「1Q84」だけが売れる「一人勝ち現象」はなくなる(日経新聞編集委員 浦田憲治)。

sama.jpg

生物多様性の問題はサミットでも重要なテーマであるけど、地球の自然環境ばかりに視点があって、人類あるいはそれの関わる経済・文化などの多様性の視点にはすこし無頓着だった。

「本は生まれる。そしてそれから」 (小尾俊人著)がいうように大衆社会とか、グローバリゼーションとか、均一化された世界市場とか、そうした方向づけは、間違っています…という主張は少なく、すべての辺境から都市の個人もインターネット等によって情報が等質に伝わり、固有の価値観の形成が難しくなり、経済も世界市場に向けないと生き残りが困難で、グローバリゼーションというのは公平・均一かもしれないけど、公平・均一というのは生物学的にいえば種の保全、多様性が弱体化させるということなのだ。
美しい地球を守るためには生物多様性にも目が向くけど、意外に日々を過ごす経済・文化的多様性は目先の享楽・利益が優先されて見失ってしまう。

といっても「仮想文壇」も映画「サマーウォーズ」のOZのように暴走するかもしれず、「小説を書き続けていたい。それを可能にする程度の売れ方はして欲しいとは思っています」という伊坂幸太郎のような慎ましやかな姿勢を貫くことがいつかまた道を拓くのだろうか。

さてさて、もう一度見に行ってしまった「サマーウォーズ」。
ネットの世界をよく知らないけど、イメージの飛翔が素晴らしい。
ナウシカが腐海のなかを飛ぶシーンがあるけど、電脳の世界のちがいはあっても美しくてワクワクするよ。
ユーモア、優しさにも溢れているしなあ。
時は繰り返すことができないけど、歴史は繰り返すことで少しは学ぶことができ、少しずつは少しずつは進むことが出来て、明日の未来になる。
そんなひと夏の、ひと家族の、人類のサマーウォーズ。
「AIKa 」シリーズその魂の向こうにあるものは
言い切ってしまえば、なんの哲学も啓蒙もないただパンツをいかに見せるかにこだわった伝説のアニメシリーズなのだけど、たとえば「小説はたかが商品ではないか、そして商品に徹した魂のみが、また小説は商品ではないと言い切ることも出来るのである」という坂口安吾の言葉を聞くと、なにかすごい哲学的なアニメのような気がします。
まずは商品に徹した魂(パンツ?)を見なければ…。

とすれば、おいしくなるならどんなことでもやるリアクション芸人もまた、人間の深淵に迫るものだろうなあ。
でなければ、あれはできないよ、たぶん。

aika.jpg

【DVD】AIKa ZERO 1
発売日: 2009/08/25 定価 5,040円

【BRD】AIKa ZERO 1 (ブルーレイディスク)
発売日: 2009/08/25  定価 6,090円

高校を卒業し、大学の理工学部に通う傍ら、見習いサルベイジャーとして相田郷造の仕事を手伝う日々を送っていた皇藍華。そんなある日、高校時代のクラスメイト真海エリから藍華に仕事の依頼がくる。待ち合わせのコスプレ喫茶には、エリの他にもう一人懐かしい少女・美波野カレンがいた…。あの伝説のローアングル・セクシーアクションが、完全新作OVAシリーズで帰ってきた!!今度の藍華はグッと大人の19歳!

初回特典
キャラクターデザイン山内則康描き下ろし特製「Hなピンナップ」

ウォーター・パワーな「リアクションの殿堂」
「たけし城」「ウルトラお笑いクイズ」などで鍛えられてきたリアクション芸人の真髄?ともいうべきなのが、この「リアクションの殿堂」。
ハンパじゃありません、決してテレビでは見ることのできない過激な企画の数々。
なんといっても凄いのは浣腸を注入した状態で走り高跳びや重量挙げに挑戦する「世界浣腸陸上」ですね。
漏らしたら負けというシンプルながらも最低のルールに則って、不惑も越えた40過ぎの男がオムツ姿で悶絶する。
おいしくなるならどんなことでもやるリアクション芸人だけど、ここまでくると一線を越えるようで怖ろしくもあります。
それにしてもダチョウ倶楽部ってすごいよ。だれもNG出さないんだから。

re.jpg

ここまでやるのなら(ぺ)懐レア特典も思い切って、「ウォーター・パワー」の映画チラシでも付けようかなあ。
あるんですよ、これが。
知る人ぞ知る超変態ポルノ映画です。
映画内容はとても申し上げられませんが、チラシはイラストでシュールにして大胆、そして美麗です。

「ウ・ウ・ウォーターッ】と思わず声を上げる「奇跡の人」ではありませんよ、念のため。

【DVD】リアクションの殿堂
発売日: 2009/08/27 定価 3,990円

リアクション芸の真髄を極めた芸人たちが、自らの芸風を後世に残すために制作した問題作。ダチョウ倶楽部と出川哲朗が、見届け人・有吉弘行の叱咤激励を受けながら、TVでは絶対に見せられない限界ギリギリのリアクション芸をたっぷり披露する。
特典情報
メイキング、オフショット
BALLAD(バラッド)―名もなき恋のうた―」
意外なほど大人向けの名作の多い劇場版「クレヨンしんちゃん 」ですが、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」もそうですね。 
草なぎ剛くんと新垣結衣ちゃんの共演の時代劇映画「BALLAD(バラッド)―名もなき恋のうた―」の原案もまさにこの「クレヨンしんちゃん―嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」なのだよ。
さすが「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、目の付けどころがちがいます。

07226319.jpg

草なぎ剛の事件で心配もされましたが、「任侠ヘルパー」も好調だし、まもなく公開の「BALLAD(バラッド)―名もなき恋のうた―」もヒットするのではないかなあ。
記者会見の話では草なぎ剛くんと山崎貴監督の出会いも「お酒」が縁だったというから、気持ちのいいお酒が早く飲める時が来るといいですね。

「懐レア」企画の多い我が(ぺ)は秘密結社「イエスタデイ・ワンスモア」とも噂されますが?、永遠の子供でもあるような草なぎ剛くんこそ、そのリーダーにふさわしいかもしれない。

もうひとつの傑作映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」のことですね。
“ケンちゃんチャコちゃん”をリーダーとする秘密結社「イエスタデイ・ワンスモア」(「昨日よもう一度」の意味で、昨日とはつまり20世紀を示し、またカーペンターズのヒット曲のタイトル)が、大人を子供に戻し、「古き良き昭和」を再現し、未来を放棄させるという、“オトナ帝国”化計画。

見通しの暗い平成・21世紀の社会と対照的に、未来への希望に溢れていた昭和・20世紀の高度経済成長期への切ない「ノスタルジア」を描きつつ、その超克をも提示したとも評価される傑作です。

しかし、しんちゃんといえば、やっぱりパンツ脱いじゃうからなあ。
NHK「MUSIC JAPANのアニソン・スペシャル」
NHK「MUSIC JAPANのアニソン・スペシャル」は見たけど、BSNHKの完全版は見ることが出来なかった。
まあ、見られる環境にないのだね。

僕などはアニメ世代といって古いから、なかなか新しいものまでは手も頭も回らないのだけど、やっぱり歌はいいなあ。
「May'n」から始まり、水樹奈々まであっという間に終わってしまったから、完全版もぜひ見たいと思っていたのだ。
音楽は今でも聞くけど、さすがにこの年齢ではライブには行けないし、これだけのアーティストを見る機会はそうはないですからね。

0715.jpg

話題の「けいおん!」もガールズロックバンドの「SCANDAL」が、「Don’t say “lazy”」のアレンジバージョンを披露していたけど、実ははじめて見たのだった。

しかし、みんなあたり前ながら、歌がうまいのだった。
昔のアニソンは誰でも歌えるものだったけど、今はなあ…と思うけど、けっこうファンも楽々と歌いこなすのだった。
音楽にあふれる環境が作るのだろうか。
カラオケも大きいのだろうなあ。

「ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?」拡大SP
恒例?「ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?」です。
昨日は最終回でもないのに拡大SPでしたね。
ひとつの注目のエピソードだったかもしれないけど、とりたてて拡大に及ぶものとは思えなかったけど、でもこれがきっとこのドラマの演出のテーマでもあって、気持ちの動きを時間をとって丁寧に描写しようということなのじゃないのかなあ。
無理やりエピソード、展開を求めなくても、緩やかであっても丁寧で美しい描写は気持ちよく見られるのだった。
まあ、前週は莉子と麻衣の会話だけで、何日も進めたからテンポもいいのだけど。

buz.jpg

それにしてもやはり、大人は手ごわいですね。
一度、断られたり、失敗したり傷ついたりしたくらいではあきらめない、挫けないのだよ。
伊藤英明はともかく、相武紗季 もあきらめないのか。

なかなか情熱的なキスを交わし、お互いの気持ちを確かめたふたりですが、さて大人を相手に強く渡り合っていけるのでしょうか。
それともふたりのピュアさに離されてしまうのだろうか。
サマーウォーズ
いやあ、面白かったなあ。
ネットの世界をよく知らないけど、イメージの飛翔が素晴らしい。
ナウシカが腐海のなかを飛ぶシーンがあるけど、電脳の世界のちがいはあっても美しくてワクワクするよ。
ユーモア、優しさにも溢れているしなあ。
時は繰り返すことができないけど、歴史は繰り返すことで少しは学ぶことができ、少しずつは少しずつは進むことが出来て、明日の未来になる。
そんなひと夏の、ひと家族の、人類のサマーウォーズ。

sw.jpg

あれから3年、『時をかける少女』を手がけ一躍注目を浴びたアニメーション監督・細田守が、満を持して送り出す最新作が『サマーウォーズ』。キャラクターデザイン・貞本義行、脚本・奥寺佐渡子など『時をかける少女』のスタッフが再結集したこの作品は、ふとした事から片田舎の大家族に仲間入りした少年が、突如世界を襲った危機に対して戦いを挑む物語。

声優も豪華です。
主人公・小磯健二役の神木隆之介、ヒロイン・篠原夏希役の桜庭ななみ、池沢佳主馬(かずま)役の谷村美月、そして『時をかける少女』で主人公・紺野真琴を演じた仲里依紗も出るのであった。

【CD】サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック
2009-07-29  2500円

「CD】「僕らの夏の夢」:劇場版アニメーション「サマーウォーズ」主題歌、「ミューズ」:「総力報道!THE NEWS」テーマ曲/山下達郎/僕らの夏の夢/ミューズ
発売日: 2009/08/19  価格:  1,200円
デビュー25周年 斉藤由貴
デビュー25周年を迎える「斉藤由貴」の記念DVD BOXがリリース決定!
デビュー時の秘蔵映像等を含めた豪華12枚組BOXです。

いやあ、斉藤由貴は可愛かったのだ。
たしかカルピスのCMもやっていたけど、シルクスクリーン製のポスターを手に入れたときは嬉しかったなあ。
初代スケバン刑事でもあったけど、それは凛々しくてかっこよかったのだ。

今、「メイド刑事」というのをやっているけど、あきらかに「スケバン刑事」のオマージュですね。
先週は南野陽子がゲストで、やはり最後は決めセリフを決めてくれたけど、まあ、斉藤由貴は出ないだろうなあ、たぶん。
今はお母さん役や謎の老婆ですら、やってしまう斉藤由貴ちゃんですが。

img073.jpg

文学好きでもあって、たしか筒井康隆の「着想の技術」だったかの解説なども書いていましたね。
デビュー時の秘蔵映像等を含めた豪華12枚組BOXとあって、うーむ、ちょっとほしいよ。

【DVD】斉藤由貴25th Anniversary DVD BOX
発売日: 2009/09/16価格:  36,750円
感染抑制は心情的配慮か、数理論的抑制か、それとも
いよいよ新型インフルエンザが猛威を振るい始めた。
夏だというのに終息することはなく、むしろ密かに広く拡大していたのだ。
夏休みが終わり学校が再開するとどれほど広がり、また秋から冬にかけていったいどれくらい感染が拡大するのだろうか。
ワクチンも現在不足し、接種の優先順位が検討されているけど、重症化しやすい持病の持ち主や妊婦、子供というもっともな提案、要望が多いなかで、注目の試算がエール大学の研究グループから発表された。

kannsenn.jpg

それによれば、5?19歳の通学年齢の子供とその親の世代にあたる30?39歳の成人に優先接種すると、最も感染者も死者も少なくなるというのだ。
ようするに感染者を広げやすい人に優先接種することで、結果的に他の人も守られるとういことなのだが、それはその通りなのだろうけれど、心情的にはなかなか受け入れにくいだろうから、この施策を日本で通すのは難しいような気がするけどどうだろうか。。
同様の設定での各シュミレーションのなかでもダントツの抑制効果らしいのだけど、やはり目前の身体的弱者の優先を配慮してしまいます。
なぜその人たちより、いちばん体力がありそうな30?39歳の成人となるのか、そのほうが最終的に感染者、死者が減少するといわれて目前の弱者を差し置いて接種できるのだろうか。
トリアージ 救命の優先順位だって、悩める部分が多いのに、いわば病人より体力のある健康人を優先するということにもなりますからね。

新しい政権はどちらの優先順位を選択しなければならない。
二者択一だけでなく、もうすこし、大人の知恵が加わるのがいいのだけど。

【DVD】感染列島 スペシャル・エディション (2枚組)
発売日: 2009/07/24 定価 6,300円

ワクチンで予防してもウイルスは常に変異、耐性をもって再登場してきます。
タミフル耐性ウイルスはすでに広がり、抗生物質により克服に向かうかと思われた結核も超多剤耐性菌が生まれてしまった。
フラットでグローバルな世界は一見、均一で公平、豊かな社会を招くかもしれないけど、その破局も均一で公平、つまり壊滅的なりますね。
生物でも産業でも文化でも、あるいは国家でも多様性を認めていったほうが多少非効率でも、やはり効率・グローバリズム的な2元論的な平板な単純な様相よりも、最終的には粘り強い生命力・進化力となりうるのじゃないかなあ。
8月30に総選挙の前に 「AKB48総選挙!水着サプライズ発表」
お盆も過ぎて、あまり夏らしい夏を感じられいままにもう秋の気配です。

でも、やはり夏はこういうのもないとなあ。
名古屋のSKE48人気メンバーの初水着もあるらしいよ。

たしかに総選挙も近いしね。
8月30日の投票には行って来よう。

AKB48総選挙!水着サプライズ発表
AKB48スペシャルムック
出版社名 集英社
税込価格 1,000円


総勢90名以上AKB48・SKE48のすべてがわかる。待望の初水着写真集!ファン投票「AKB48総選挙」によって順位付けされたメンバーの水着をランキングで紹介。舞台裏に密着したルポや、実際の総選挙で使用された98名分のポスター、週刊プレイボーイに掲載された、蔵出し水着カットも満載なほか、名古屋のSKE48人気メンバーの初水着も収録。1冊につき1枚(全5種類)「サプライズポスター」付きです!

e-honはこちら

07227761.jpg

こちらの生写真付きCDも好評です。

【CD】TVアニメ「真マジンガー 衝撃!Z編 on television」新ED主題歌/SKE48/強き者よ
発売日: 2009/08/05 価格:  1,200円
ペーパームーンオリジナル SKE48ブロマイド付  

【CD】AKB48(エーケービー フォーティエイト) /言い訳Maybe(DVD付)
発売日: 2009/08/26価格:  1,600円
生写真付き
メイド刑事、スケバン刑事…そして「白い春」
先週、たまたま福田沙紀主演の「メイド刑事」を見ていたのだけど、ラッキーなことにゲストは南野陽子だった。
これは最後まで絶対見なければと思ったとおり、最後はしっかり南野版「スケバン刑事」をやってくれたのだった。
阿部ちゃんも南野陽子ファンとあったから、これがなければ俳優になっていなかったしれない。
きっかけは何で始まるかはまるでわからない。
あとはすこしの才能と圧倒的な日々の努力の積み重ねだと阿部寛も心の中で言ってます、たぶん。

「メイド刑事」はもちろん「スケバン刑事」のオマージュだけど、先輩は偉大だよ。
斉藤由貴、浅香唯は出てこないだろうなあ、きっと。
「スケバン刑事」はやはり名作だ。

haikaraab.jpg

阿部寛の存在感が際立つ「白い春」。
今や大河ドラマの上杉謙信や「坂の上の雲」など、また舞台などでも欠かせない名優となってしまった。

【DVD】白い春 DVD-BOX
2009/09/02発売 販売価格:23,940円(税込)

ペーパームーン懐レア特典
映画 はいからさんが通る 劇場チラシ付

(阿部寛 映画デビュー作 南野陽子主演 1988年公開)

阿部寛主演最新作の、“究極の親子愛”をテーマに贈る感動のヒューマンドラマ!に、「ペ」お宝発掘隊が探し出してきました、阿部寛 映画デビュー作の劇場チラシを特典として付けちゃいます。

チラシの解説には主演のアイドル南野陽子はそれなりに紹介があるのだけど、阿部ちゃんは
ーそして彼女の許婚の忍には、期待の新人、阿部寛ーの一行のみです。

究極の親子愛ならぬ、究極の懐レア特典?だったりして。
ハリーポッターだけじゃない、誰にもある隠れた才能
「さんまのからくりテレビ」というのをたまに見るのだけど、「ハリーポッター」の公開の折、映画宣伝のひとつなのだろう。
番組の中で熱心なファンを現地にリポートさせる企画があって、多くの若いファンが集まり、オーディション風景も放送された(応募者総数1万人)。
最終選考はいずれ劣らぬ熱心なファンでしっかりした子たちだったけど、選ばれたのは岐阜の女子高生だった。
しゃべりも早口でつたなく大丈夫なのかなあと思ったのだけど、これが大正解だった。

hari.jpg

まあ、他の子でもみんなそれぞれに面白くなったのだと思うけど、自分の思いもさることながら仕事しての使命感、好奇心、素人レポの微妙なバランス、そしてファンの代表として選ばれたことについての謙虚さ…などなどが感じられて楽しかったなあ。
本人も素晴らしかったけど、選考が見事です。
やっぱり選考のプロはちがうなあ。
僕ならきっと落としてしまっていた。才能を見抜くのは難しいよ。

裁判員制度、大丈夫か。
それが与えられた幸せであっても… 「GUNSLINGER GIRL 」Blu-ray BOX
舞台はヨーロッパ。ある国の公益法人、社会福祉公社では‘国のための仕事’と称し、様々な理由で少女たちが集められた。その少女たちは「条件付け」を施され「義体」として「暗殺」などの仕事に利用されていた。少女たちにはそれぞれを管理する諜報官の男たちいて、少女たちを管理・命令し、戦わせるのであった。少女たちはとても幸せであった。それが与えられた幸せであっても…。

【DVD】GUNSLINGER GIRL Blu-ray BOX (ブルーレイディスク)
発売日: 2009/10/23 定価 29,400円

gun.jpg

モンタルチーノで任務についていた義体のトリエラは、極右テロ組織である五共和国派の天才暗殺者ピノッキオらと相見えるが、戦闘の最中に不覚にも気絶させられてしまう。ピノッキオとの戦いに敗れ、義体としてのアイデンティを失い悩むトリエラ。一方、ピノッキオは五共和国派のテロリスト、フランカ・フランコと行動を共にするなかで、次第に人としての感情が芽生えていくのだった。

【DVD】GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- Blu-ray BOX (ブルーレイディスク)
発売日: 2009/10/23 定価 34,650円

gan.jpg

アニメの新作がずいぶん少なくなってきた。
最近は過剰でもあったのだけど、市場がそれになれてしまって、そして縮小に入ってくるともはやかつての体制では持たなくなるのだ。
埋め合わせるように旧作のDVD-BOX化、ブルーレイ化が増えてくるのだけど、これも凄まじい。
以前のBOXは価格も高いことあって、夏や冬のボーナスシーズンに合わせたような発売時期だったけど、今や季節感のなくなってしまった野菜や果物のようにいつでも発売されるのだった。
季節感のないような変わらない同じような日々は、感覚をすこし麻痺させるかもしれない。

「GUNSLINGER GIRL 」Blu-ray BOXなどもそうで、2作同時発売なのかよ…とも思ったけど、意外に「GUNSLINGER GIRL」ファンは幸せなのかもしれない。

それが与えられた幸せであっても…。  
ほんとうの書店、ほんとうの読者 真実は見えない
トーハンではウェブサイトには全国の書店員がおススメ本を紹介するコーナーがあって、6月からレビューを募集、選考して「グッときたレビュー」ベスト3を一般利用者からの投票を選ぶというのがあった。
以前からレビューコーナーは会ったけど、この企画で初めて56店の書店が書評を載せた。
まあ、(ぺ)も載せてはいたけど、ここをはじめ各種ブログが増えて手が回らなくなっていた。

ダ・ヴィンチ誌、あるいはブログの隆盛をなどみていると本好きは増えているような気もするけど、出版点数は落ちている。
大規模書店は増えているけど街中の中小書店は減り、品揃えは増えているようで実は読書の多様性は失われている。
かつての名作だってずいぶん手に入らないものだってあるのだ。
いってしまえば所詮、そのなかでの書店、読書好きなのだ。

49100594709990046709.jpg

直木賞などと別次元で作られた本屋大賞も、今や売れる賞となったのはいいけど、あまり他の賞とラインアップも変わらないようになってしまった。
おすすめ本も昔からあったけど、それぞれの書店、書店員、あるいは読者がもっと孤絶のなかで発信されていたはずだけど、マスとなり、個別のおすすめのようでありながら、実は商業的な意図が隠されている。
もちろん出版されている以上、当然ではあるけれど見えざる巨大な意志がどうもなあ。
所詮、その一角にあるにしても永遠のマイナーでいたいものだ…。
と以前の学生なら思った人も多いにちがいないけど、今はそうはいかないのか。

仲 里依紗はかなり変わり者の匂いがするなあ。頑張れ。

森山威男に学ぶポップカルチャー
先輩というか友人というか某T氏という人がいるのだけど、彼はジャズ好きで、話すとしょっちゅう近くに在住されている森山威男の話題となるのだった。
僕は筒井康隆ファンだったから山下洋輔トリオの名前は知っているし、その関わりのなかで岐阜にあった「Ghost?」というジャズ喫茶にも行ったけど、ジャズそのものには馴染めなかった。
ジャズは感性のものだからと僕は思ったけど、T氏はちがうという。
現在のトップドラマーの人たちとも共演もするのだけど、最初の音から森山威男はちがうのだと。

flyer_a.jpg

中日新聞に「ジャズドラマーの創造的演奏に学ぶ」という松原隆一郎東大教授のコラムがあって、森山威男のファンだったのだ。
いわく
「その演奏は無調であるが、極限まで速く、大きな音がクリアにあふれ出る。この時期の3人は、誰にもおもねらず音楽の世界で真にオリジナルな演奏した」

しかし、どんな事情があったのか、あの奇跡のような音楽は3年間だけこの世に存在し、森山さんの退団後、二度と聞くことは出来なかった。その山下トリオが、7月19日、日比谷野音で34年ぶりに一夜限りで復活した。予告を見て、私は驚喜するとともに、不安に襲われた。なにしろ100メートルを走って9秒を切るような演奏である。60代半ばになった3人が、見る影もなかったらどうしよう。
だがそれは杞憂にすぎなかった。森山さんのコンディションは最高だった。34年の時空を越え、これほど濃密な演奏と再会できるとは。還暦をとうにすぎ、これほどのコンディションを保っている人がいるのだ。日々どれほどの節制と規律を課しているのか、私の想像を越えている。
わたしは密かに森山さんの演奏を人生の指針としてきた。世の常識からすれば、フォービートを極めるのが王道であり、そうでなければ一般の評価は受けられない。しかしみずからの体感の求めるところと信じる道を突き進んだ結果が、国内的な常識からかけ離れたものであれ、逆に日本を代表する創造的な音楽として外国で高い評価を受けたのである。信ずるところを極限まで進めば、誰かは見てくれるものだ(松原隆一郎)。

翻って経済に目を向ければと本来の話に転じるのだけど、やはりガラパゴスと揶揄されようとも、そうした常識を装った雑念に惑わされず、信念に従った人こそ経済を復興させるのである。

経済だけでなく伝統文化はもちろん、マンガやアニメなどのポップカルチャー、松原教授の愛する柔道もそうかもしれない。
しかし、誰にもおもねらずという尋常にはできないし、またその信念も森山さんのように「日々どれほどの節制と規律を課している」というような確固たる裏打ちがいるのだけど。
アワ・プラネット、私たちの地球
といっても、世界の中でのガラパゴス化でほんとうにいいのかというと誰にも分からない。
インターネット分析で知られる理論社会学者 鈴木謙介の「反転するグローバリゼーション」では、インターネットが無防備なほど世界のグローバル化を進めたけど、同時にローカルなもの、自分らしさの根拠を熱望するともありますね。
著者によればグローバル化によって世界が逆説的に閉じられていくらしいのだ。

4757141564.jpg

映画「木更津キャッツアイ」、東国原知事もその文脈のブームとして語られます。
しかしこのようなジモト中心主義は、ローカルなものへの閉じこもり現象となり、他者に開かれない閉塞的なアイデンティティを高め、見知らぬ他者を危険視し、積極的に排除する危機管理社会とつながる。
セキュリティが市場化され、有料サービスとして選ばれた人にだけに提供され、排除された価値は市場原理によって囲い込まれた空間に追い込まれる…。

さて、ここで国家の出番。
排他的空間を開放させるには、ローカルな資源では完結しない電気や水道といった生活基盤を支える公的サービスがあり、全国的、地球的ネットワークがなければ完結しないのだ。ここに国家の役割があるということらしいのだが、なかなか難しい。
食物連鎖、環境連鎖も同様で、人は閉鎖的空間のみでは生きていけないのかもしれない。
アワ・プラネット、私たちの地球。
ガラパゴス化、孤独のなかでひとり立つ勇気
経済産業省は09年版通商白書のなかで中国、インドなど新興国市場への積極的な進出を促し、「高付加価商品」ではなく、売れ筋である「ボリュームゾーン」(量)を狙えと提言している。
これと真っ向から対立する考えが、西村博之で近著「僕が2ちゃんねるを捨てた理由」で、「日本製品のガラパゴス化」批判に反批判を展開しているらしい(日経MJ)。
たとえば日本の携帯電話は日本の内にこもることによって日本固有に進化しすぎて、仕様の単純で安い携帯に世界市場を取られてしまったのだけど、いずれ世界の人たちが日本の携帯電話のレベルに近づいてくるというのですね。
アジアの中間層が有望な市場だからといって、いたずらに製品をグレードダウンしたり、機能や仕様を簡略化して価格だけで勝負したりするのは、結局、日本企業のブランド価値を損ない、自分の首を絞めることになるというのだ。

20080927084158.jpg

「千年、働いてきました」(野村進著 角川新書)でも日本はアジアのなかでも際立って老舗企業が多いとあった。
日本には社歴200年を越える会社や商店は約3000社あり、それに対して中国は9社、インドは3社、韓国はゼロ、ヨーロッパ最多のドイツでさえ、800社を数えるに過ぎないという。
理由としては「まず、日本が島国で極東のはずれにあるという地理的要因。実質的な侵略や侵攻、植民地化されることがなかったこと。
さらに自ら手を汚して何かを造る文化、手仕事を尊ぶ文化があるのに対し、中国や朝鮮半島では儒教の影響なのか、そういう事を卑しいとする価値観があり、加えて日本は他人の血を寛容に取り入れ、新しい形にしていく循環がある」と著者の野村進氏は言っています。
地理的な要因でいえばガラパゴスみたいなものですが、その奇跡のような偶然に、これもまた奇跡のような文化・文明が積み重なったのだ。
開国以来崩れつつもなお生き残っているのはすごいことでもあります(推定によれば創業100年以上の企業がなお10万社、そのうちほぼ半分が製造業、飛鳥時代に創業した建築会社も現存する)。
老舗企業の多いドイツも徒弟制度のような職人気質の伝統がありますね。
職人的気質はオタクに(ガレージキットの原型師を見よ!)通じるものがあるし、やはり、オタク的人々は連綿と続く日本文化だけでなく、永続する企業の正統な担い手なのかもしれない。
最先端の機器にも連綿と続く老舗企業の技術が驚くほど生きていますからね。

日本の文化も製品でも世界を席巻したのは、決して世界に媚びて作り出されたものではなかった。
といっても、ここまでグローバル化が進むとさすがに独自の立ち位置も難しいけど。

まあ、(ぺ)も規模も何もかも劣るなか、よそと同じことをやっていても仕方がない。
情けなくてもどこもやってないというのが、「懐レア特典」だったりします。
「あずみ」だって孤独だったじゃないか。
まあ、圧倒的に強くてかっこよかったけど。
「ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?」はつづくよ
いえ、夏ドラマでは「任侠ヘルパー」も書きたいのですけどね。
好きなんですよ「ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?」が。
今週はまたいちだんと中学生のような胸キュンじゃないですか。
修羅場もきれいに乗り越えて、やりきれない想いを抱えて部屋にたたずむ直輝(山下智久)に、莉子(北川景子)からなにげない電話が入ります。
マグカップのシールのお礼ですね。
ささやかな暖かい気持ち、会話、そしてヴァイオリンの音色が優しく感情を癒していきます。

buz.jpg
 
もちろん、音には敏感な莉子は電話の向こうの直輝の泣き声も聞き分けるのだけど、心配でいきなり駆けつけちゃうのが男気あるところ。
たしかに男子の親友の感覚に近いとも思うのだけど、そこは中学生みたいな二人とはいえ、男の子と女の子、目の前で見つめあえば、思わずその気持ちが恋なのだと突然気がつくのだった。
ひとつのクライマックスでもありますね。
さて、大人がどう巻き返すのか、あるいは二人の切なくピュアな恋にも大人のときが忍び寄るのか…。
いやあ、ミーハーなことを書いちゃってるなあ。
石坂洋次郎の青春小説が好きだったんですよ。
久しぶりに健やかな恋愛小説、恋愛ドラマではありませんか。

地震はやはり怖ろしい
びっくりしましたね、早朝の地震。
さすがにパッと目が覚めてしまい、テレビをつけたら緊急地震速報をやっていた。
まだ地震の最中で揺れていたのだけど、マグニチュードも震度も何もないけど発生場所だけはわかって、ある程度は予想がつき、すこしは安心した。
ここ岐阜市は震度3だったけど、震源に近い地方の方は余震もあり、まだまだ怖いですね。
さっそく店舗に入り、3Fの等身大フィギュアは確認したけど、50体あまりきちんと立っておりました。
震源に近い地方の方は引き続きご用心下さい。
まだ詳細が発表されていないのでよくはわからないけど、規模などからどうも東海地震という事ではないらしい。
東海地震ではないからひとまず安心というコメントもあったけど、逆じゃないかなあ。
東海地震だったらよかったのだ。
どのみち避けられないのであれば壊滅的打撃となるような巨大地震として発生するより、エネルギーを分散して小規模、中規模の地震として発生してくれたほうがいい。
たとえくり返しの発生があっても。
「ゆっくり地震」というのもあって、大地が数時間から数十日かけてすべるように動き、人の身体に感じないもので、あまりにゆっくり揺れるので地震計では捉えられないらしい。
東海地震に限らず、日本近海では海のプレートが陸のプレートの下に沈みこみ、ひずみが限界に達すると巨大地震が起こるとされているのだけど、プレートの動きから予測されるひずみの蓄積に比べ、地震の数やひずみの解放量はそれでも大幅に少ないらしいのだ。
「ゆっくり地震」と「中規模地震」と続けば、東海地震が巨大地震として発生するのも回避できないこともないのだろうけれど。

tinnbotu.jpg

さてこちらは1973年の大ベストセラー「日本沈没」(小松左京)で、映画化され、テレビドラマにもなるほどのブームとなった。
マントル対流、プレートテク二クスなど知識も、この作品がなければ知らなかった。
単なるパニック小説・映画ではなく、難民となる日本国民の行く末を考えさせるものでもありました。
昭和の名作「堕落論」も表紙は変わる
夏休みになると課題図書というのがあって、本を読まされますね。
本は好きだったけど、課題図書となると強制されるのでなんとなく敬遠したくなるのだけど、なに今となれば課題図書となるだけあって、意外に面白い本ばかりなのだった。
出版社でも今頃になると「夏の一冊」みたいな課題図書フェアみたいなものが開催されます。
最近は内容だけでなく、表紙も重要でマンガ家が起用されることも多くなった。

僕たちの学生の頃からこういう企画はあって、角川文庫の薬師丸ひろ子、原田知世を起用が嚆矢だろうか。

img39c14426zik1zj.jpg

さすがにもう「ロウソクの科学」はなく、筒井康隆の本も消えてしまった。
太宰治や坂口安吾は不滅の人気を誇りますね。
そしてとうとう「堕落論」も今やこういう表紙でも発売されているのだけど、この絵は堕ちる前なのか、それともやはり堕ちたあとなのだろうか。

数年前に私と極めて親しかった姪(めい)の一人が二十一の年に自殺したとき、美しいうちに死んでくれて良かったような気がした。一見清楚(せいそ)な娘であったが、壊れそうな危なさがあり真逆様(まっさかさま)に地獄へ堕(お)ちる不安を感じさせるところがあって、その一生を正視するに堪えないような気がしていたからであった。
まったく美しいものを美しいままで終らせたいなどと希(ねが)うことは小さな人情で、私の姪の場合にしたところで、自殺などせず生きぬきそして地獄に堕(お)ちて暗黒の曠野(こうや)をさまようことを希うべきであるかも知れぬ。現に私自身が自分に課した文学の道とはかかる曠野の流浪であるが、それにも拘(かかわ)らず美しいものを美しいままで終らせたいという小さな希いを消し去るわけにも行かぬ。未完の美は美ではない。その当然堕ちるべき地獄での遍歴に淪落(りんらく)自体が美でありうる時に始めて美とよびうるのかも知れないが、二十の処女をわざわざ六十の老醜の姿の上で常に見つめなければならぬのか。これは私には分らない。私は二十の美女を好む。

人間は変りはしない。ただ人間へ戻ってきたのだ。人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。
蒼いうさぎもまた例外ではなかった。
それでも人間は生きなければならない。
半藤先生の昭和史に学ぶ
ネットにもあるのだろうけれど、最近の新聞で見る広告は明らかに団塊の世代向けなどを中心としたものが多いですね。
消費の中心の一部が高世代にあり、新聞の購読層がやはりそうなのだろうなあ。
完全版 昭和史(半藤一利)もそうで、書籍だけでなく、CDの語りおろしというものもあったのだ。

「歴史を昔から日本では“鑑”といってきた。それは、鑑を見ることによって現代のあり方を見つめ、ならびに自分の顔のゆがみを直す意味からである。このCDにいっとき耳をかすことで、歴史は断絶したものではないから、過去の中に自分を見いだし、自分の中に過去が生きていることを自覚されるに違いない。それが日本の明日にいいものをもたらしてくれる」

と前口上にあるように、僕たち以下の高世代ならぬ後世代が学ばなければならないだろうなあ。
坂口安吾、石川達三、松本清張、司馬遼太郎など名だたる文士の編集者でもあり、昭和史の目撃者。

img10321794916.jpg

聴きやすく、わかりやすく、おもしろい。そして、痛快!
半藤先生が語ると、歴史はもっと面白く
進むべき方向が見えてくる。

 あのベストセラー「昭和史 1926-1945」の内容を、著者本人が語り下ろした講義が、完全ノーカット版で音声化いたしました!激動の昭和という時代を、約二十年ごとの分岐点で三分割し、終戦までの「昭和」という時代を、斬新で鮮やかな切り口で語ります。

 「昭和」という時代は、いったいなんだったのか…。歴史という鑑を通して見えるものが現代日本にいったい何を教えようとしているのか。半藤一利の語る「昭和」という壮大な物語に耳を傾けて、そして考えてみてください。

完全版 昭和史 第一集
【CD版】ANOC9024/29
CD6枚組
豪華特典(特選「昭和史」写真帖 第一集)
特製収納カートンボックス入
価格:\12,600-(税込)

完全版 昭和史 第二集
【CD版】ANOC9030/35
CD6枚組
豪華特典(特選「昭和史」写真帖 第二集)
特製収納カートンボックス入
価格:\12,600-(税込)

完全版 昭和史 第三集
【CD版】ANOC9036/41
CD6枚組
豪華特典(特選「昭和史」写真帖 第三集)
特製収納カートンボックス入
価格:\12,600-(税込)

映画泥棒はルパンのようなハート泥棒(クラリス姫の心を盗んだ)ではない
劇場での映画の録画・録音を処罰する「映画盗撮防止法が施行されて2年。
海賊版の温床である盗撮を一掃しようとの試みですが、映画に限らずソフトに対する権利意識は希薄で海賊版が横行したりします。
映画、アニメ、ゲームなどもちろん膨大な費用がかけられて製作されているのだ。
全米映画協会の調査では、盗撮映像をもとに作られる海賊版DVDの日本国内の被害は2005年度、同年の興行収入の1割に相当する180億円。
ヒットしなくて回収できないのも悲しいけど、ヒットしても正当に回収できないなら今後いい作品は作れなくなってしまうのだ。
公共投資などもそうだけど、人間は姿かたちのあるものにはお金を払うけど、ソフトなど姿かたちの見えにくいものにはお金を払いたがらない傾向がありますね。
「星の王子様」もいちばん大切なものは目に見えないと言っていますが。
安全や空気や夢の表現ともなる文化にも、きちんと費用は払うべきでしょう。
金融商品の無限なほどのリスク分散化やあらゆるものが広告宣伝費等に置き換えられ、無料化、低コスト化するネット社会もいいけど、本来、支払うべき対価のありようも見失ってしまうようです!?

poster.jpg

著作権法は私的使用目的のコピーを認めていて対応が出来なかったけど、今回の盗撮防止法は盗撮行為自体を規制し、10年以下の懲役か1000万円以下の罰金、またはその両方を科すというから重罪です。
海賊版の横行は従来の映画の公開パターンも変えてしまっていて、最近増えてきた世界同時公開も海賊版防止の意味合いが大きい。
この夏もいろいろ新作が楽しみですが、映画館でゆっくり楽しみ、気に入った作品はDVDできちんと揃えたいものです。
ついに完結!「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」
アニメはもちろんよく知っているけど、原作って続いていたんだ。
ちっとも知らなかった。
キキはとんぼと結婚したんだね。
そして子供が産まれ、ふたたび親元から旅立っていく…。
続編も映画でちょっと見てみたい!?

【BOOK】魔女の宅急便 完結6巻セット
角野栄子/作 出版社名 福音館書店
発売予定日 2009年10月上旬
予約締切日 2009年9月15日
予定税込価格 9,765円


m_978-4-8340-3949-8.jpg

先日も「魔女の宅急便」をテレビでやっていてやっぱり見てしまうのだった。
キャッチコピーに「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」というのがあって、なかなかいいなあと密かに座右の銘にもしようと思っていたのだけど、読み間違えたという話があまりにバカバカしくてやめてしまった。
「おちんこ」と読んだというのですね。
一度、思い込んででしまうと呪縛にとらわれて何度読んでも間違えてしまうことがあります。
しかし、「魔女の宅急便」でそんなキャッチコピーであるはずがない。
書かれた文字を一字一字丁寧に追うと「『おちこん』だりもしたけれど、私はげんきです」だった。

キャッチコピーを書いたのは糸井重里で、ひらがなで書いたところに、案外、意地悪く読み間違いを織り込んだのかもしれないなあ。
吉例 綾瀬はるか特集
吉例 綾瀬はるか特集です。
「おっぱいバレー」などいまやコメディアンヌとしても花開いた綾瀬はるかです。
でも、やっぱりリリカルな綾瀬はるかもそりゃあきれいです。
夏帆や本仮屋ユイカも出ていたとは知らなかった。

【DVD】世界の中心で、愛をさけぶ <完全版> DVD-BOX
発売日: 2009/09/18 定価 20,895円

映画化もされた片山恭一の同名小説を堤幸彦演出、山田孝之、綾瀬はるか主演で贈るTVドラマシリーズのDVD-BOX。朔太郎と亜紀が織り成すもうひとつの純愛物語が展開する。全11話を収録。メイキングや未公開シーンを収録した特典ディスクも封入。

sekatyu.jpg

中学校の弱小男子バレーボール部顧問になった女性教師が「試合に勝ったらおっぱいを見せる」と約束してしまうまさに痛快・能天気スポ根コメディー。
今も少年の思いは僕たちと変わらんのだなあ。

「このおっぱいは私だけのものではないの」などとは、まるでナイチンゲールのような精神ではないか(どこが?)。
なかなか綾瀬はるかでないと難しい映画だったのかもしれない。
それにしても素晴らしい先生を持ったね、君たち。
男の子は妄想だけでも成長できるものなのだよ。

念のため言っておきますが、まったくいやらしくありません。

【DVD】おっぱいバレー
発売日: 2009/10/21 定価 5,040円

【BRD】おっぱいバレー (ブルーレイディスク)
発売日: 2009/10/21 定価 6,090円

oppai.jpg

そして最後はやっぱり視聴率は取ってしまう木村拓哉。
しかし、木村拓哉であろうが無名の中学生であろうが、綾瀬はるかは変わらない。

共演陣も水嶋ヒロ・綾瀬はるか・香川照之と豪華だったけど、毎回のゲストもすごかったなあ。
仲間由紀恵なんか久しぶりにかつての美しきホラー女優を見せてくれて、面目躍如だったけど、あれはどうかなあ。
犯罪解明ドラマとはいえ、脳科学をテーマとするなら人間の本質に迫らなければならないに、「小さな気づき」で追い詰めるのはなあ。
古畑任三郎も刑事コロンボとさして変わらない。
そのなかで綾瀬はるかは出色のワトソンでした。

【DVD】MR.BRAIN DVD-BOX
発売日: 2009/09/30 定価 19,950円

警察庁科学警察研究所に所属する九十九龍介。脳科学者としての類いまれな才能で難事件を解決していく本格ミステリー。今から5年前。九十九龍介は、勤めていたホストクラブの帰り道、ある事故に遭遇。頭を強く打って病院に担ぎ込まれてしまう。すぐさま医師の手によって九十九の頭蓋骨が開けられるのだが、モニターに映し出された九十九の脳には、予想もできないような変化が…。

mb.jpg
もうひとりの昭和の大スター「鶴田浩二大全集」
映画好きとはいえ、さすがに鶴田浩二まではおよばない。。
全盛期の頃はもちろん知らないけど、BSでたまに見るような役柄は古風な侠客だったりしますが、イメージと強く残るのはやはりテレビドラマ「男たちの旅路」ですね。
若い水谷豊や桃井かおりを、毅然とそして優しく接していく様はあの世代の、また鶴田浩二という個性がゆえの重みだったかもしれない。
今やあの世代となっても良し悪しは別としても、少しも人生の重みが感じられなくなってしまった、あるいはおそらくなれない僕たちは時代が悪かったのか、それとも単に自分の生き方のせいなのか。

石原裕次郎とともに歌でも一世を風靡したのだった。

D110570016.jpg

ファン感涙!鶴田浩二の大全集が完全復刻して初CD化!

【CD】鶴田浩二大全集
2009/09/23発売 販売価格:9,800円(税込)

多くのファンからCD化リクエストが寄せられていた
「歌手生活25周年記念 鶴田浩二 大全集」。
LPレコード5枚分の楽曲、全70曲を収録!
ヒットシングルから軍歌まで、まさに昭和を
彩った名曲の数々を収録!
各界の著名人が寄せたメッセージや詳細な解説、
制作秘話や作品一覧など超貴重な内容満載の
ブックレットも完全復刻

画像は「男たちの旅路 スペシャル 戦場は遥かになりて」
特製5巻組BOX仕様 
(ぺ)岐阜店店頭より。
「ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?」にこぼれるあだち充 テイスト
夏シーズンのドラマできっといちばん好きなんだろうなあ、「ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?」。
昨日の放送なんて、大人の恋愛を描くものではなくてほんとうに少年少女の恋ですよね。
立ち止まっての二人の会話といい、会話の後でのそれぞれの自転車、歩く姿がていねいに描写されて余韻を楽しむ感じはなにかなあと思っていたら、もしかするとあだち充のような気もしてきます。
母親の誕生日プレゼントを女兄弟と仲良く買い物に出かけたり、ひまわりの花一輪だものなあ。
少年(山下智久)、少女(北川景子)の可憐な恋に大人の女(相武紗季)が入り込んだら、そりゃあ、汚くも見えるでしょう。
相武紗季が決して悪いのではなく、大人なのに少年少女であるような二人では分が悪すぎます。

cg.jpg

ほんとうにあだち充の行間を生かすような、ていねいに描写していくことで淡い感情が読み取れるような演出も好感が持てます。
夏、海、スポーツなど折り込みながら、二人のほのかでさわやかな恋を描くのだろうなあ。
「ふたつのスピカ」も今どき珍しいようなさわやかでピュアな青春の物語だったけど、大人に青春を懐かしむような意図でもあるのか。
いや、ボードレールの「秋の歌」が染み入ります。

そしてあだち充の新作アニメも始まっています。

【DVD】クロスゲーム 1
発売日: 2009/07/24 定価 5,250円

「タッチ」「H2」「みゆき」……数々の名作を残してきた青春漫画の巨匠――あだち充・原作! 待望の新作テレビアニメーション・第1巻!
貧乏でも明るい昭和の石野真子は工夫の神
夏休みです。
全国でなのかどうかわからないけど、ここ東海地方ではTBSのドラマの再放送がすごいです。
少し前には「花より男子」「流星の絆」「ドラゴン桜」と大ヒットドラマが午前中から午後にかけて立て続けに放送していましたからね。

先日の休み、続けて見ていたら「花より男子」「ドラゴン桜」に石野真子ちゃんが出ていて、ともに主人公の貧乏な家族の母親役だった。そういえば「山田太郎物語」でもそうだったなあ。
貧乏でも明るく能天気なお母さんが似合うのだった。

haikaraab.jpg

いつだったか、「タモリ倶楽部」で、簡単な酒の肴の作り方というのをやっていてチャンピオンになったのは貧乏テイスト漂う「生姜の醤油漬け」を作った田山涼成さんだった。
きっとあの頃は貧乏だったんだろうなあ、たぶん。
今も貧乏が似合います。
「チーズわさびの海苔巻き」というのもあって、ふと思い出したのは昔、稲垣足穂(「一千一秒物語」「少年愛の美学」…)が生活に窮していたとき黄ばんだ破れ障子見て、「あの障子紙、焦がしたら焼き海苔の味にならんだろうか?」と言ったというお話。

ならんのですね、これは。試してみたから間違いありません。
でも試す時のワクワク感がたまりませんよ。
いや、貧乏こそが発想・工夫の神様。

…という貧乏発想の(ぺ)でもあるけど、ワクワク感というのは個人の感性ですからね。
おバカ企画(昭和的?)の好きな人は来てくださいね。

ということで、究極の懐レア企画特典「はいからさんが通る」の劇場チラシの付く「白い春」DVD-BOXはいかがでしょう。チラシの右下にりりしく初々しい阿部ちゃんがおります。
デビュー作だったのだ。

障子紙と焼き海苔ほどのおバカさ加減が楽しめます。
草食男子が想像もつかない「anan(アン・アン)」の世界
anan(アン・アン)です。
草食男子の本音座談ともあるけど、ほんとうにこんな雑誌に登場してくるのかなあ。
いや、変に妄想が膨らんで、いそいそと来るかもしれない。
まあ、いずれにしろ女の子の雑誌はかくもリアルであったのでした。
男の子もエロ本は読むけど、ほとんど妄想ですからね。
いざとなれば「ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?」のごとく、なにも分かっていなかったりします。

49102048108920046709.jpg

anan(アン・アン) 2009年8月5日号
発売日 2009年7月29日 税込価格 490円

[特集情報]
表紙: いちばん幸福なSEX(DVD付き )


[出版社情報]
★特別付録
 ananプロデュース LOVE DVD 
 Girl’s pleasure  ?副音声のテクニック解説でお勉強!  
 starring 原 紗央莉

■響き合い、感じ合う いちばん幸福なSEX  
 ◇心も体も満たされるSEXがしたい! 感じ合うヒーリングラブの極意。  
 ◇向井 理、繊細なイメージを覆す  大胆で、奔放な裸体。  
 ◇読者1070人にアンケート! みんなのSEX、私のSEX。  
 ◇快感は自分で引き寄せる、女のSEXテクニックバイブル。  
 ◇迷える女子の疑問にお答え! 草食&肉食男子のリアルボイス。  
 ◇気分はいつでもSEXYガール! 感じるカラダトレーニング。  
 ◇心から彼とのSEXを楽しむために。避妊&STDの現状と対策。  
 ◇天津 木村も「あると思います!」本当にあった“やらしい話”  
 ◇BOOK in BOOK 
  噂のBeeTVから人気俳優が主演する官能ドラマの配信スタート!! 
  『Sweet Room』セクシュアルへの誘い  
 ◇[特別企画]書き下ろし官能ノベル あのころと同じ 文・宮木あや子  
 ◇セックスレス、セカンドバージン…。 あなたの悩みにベストアンサー!  
 ◇性の教典カーマ・スートラに学ぶ。
  彼とのベッドイン前に分かります! 禁断のセクサイコロジーテスト。  
 ◇みんなの投票からわかりました。 ノーマルvsアブノーマルの分岐点。  
 ◇セクシーは日々進化してます。いちばんHOTな?トピックス。  
 ◇イラストルポでお邪魔します。 「Girl□s pleasure」現場潜入! 

◆成宮寛貴 美容力向上委員長やらせていただきます!
 「SEX特集番外編。委員長vs女子ボイス!」  
◆PEOPLE 竹中直人

…ほか


ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?
夏シーズンのドラマも全て始まったけど、最近は視聴率に出色なものはなくなってしまった。
いろいろ面白いドラマもあるのだけど、久しぶりに正統派に脚本がいいのは「ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?」です。
もちろん、月9でジャニーズの主演山下智久はじめ、イケメンぞろいなど手抜かりもないのだけど、やはり脚本がいいです。
相武紗季 が珍しくすこしダークの入った役柄だけど、実は普通のいい女の子で、草食系の男子から視点から見るとそうなってしまうだけで、誰にもある裏表を演出で際立たせているだけです。
なにしろ、彼女の部屋に来て、彼女が誘っても優しく声をかけて帰ってしまいますからね。
いえ、悪気は毛頭ありません。疲れているだろう彼女を思えばこそです。
ほんとうの草食系の男子をよく把握しています。
ほんとうに気がつきもしないのだよ。単に相性の問題。

buz.jpg

北川景子も男気はあるのだけど(男気があるからなのか)、恋愛が苦手、不器用な感じがよく出ています。
でも夏ドラマらしく爽やかなビーチのシーンもあって、転じて電話の向こうにはアンニュイな相武紗季が 男とベッドに佇みと、さらりと軽やかに展開するけど、内館 牧子だったら、えらい展開になります。
周りもさりげなくきちんと描いています。
主人公の二人はちょっと社会人版の「オトメン」なのかもしれないなあ。

それでもまあ、スポーツ系のモテ草食男子ですからね。
文科系ともなるとなかなかこうもいかず、森見登美彦(太陽の塔)のように、あるいは「鴨川ホルモー」(万城目学)のようになってしまうのだろうなあ。