理系・文系を重ねて見る光景は
未来の夢、明日の技術「サイエンス・インポッシブル」
今年も今日で最後です。
毎日更新を心がけていて、それはまあ、果たせたけどずいぶんと最初の頃とは色合いが変わってしまった。
でもテーマそれ自体が変わったわけではないのは、カテゴリーを見ても見事にバランスよいものにもなっていますからね。
映画はともかく、本来のマンガやアニメが目立たないのはどうだかなあ。
結局なんでも好きなのだ。

32150178.jpg

今年の最後に相応しく、未来の技術的な可能性を科学・物理学の視点から検証する「サイエンス・インポッシブル」(ミチオ・カク著)からです。
マグマ大使もそうだけど、SFはいろいろなもの夢見て来た。
巨大ロボット・瞬間移動・超能力・時間旅行…、それらをまったくの夢なのか、あるいは現実のものになるのか、科学的に検証してくれるのだ。
物質の瞬間転送・時間旅行・電磁バリヤーなど物理原則に則って分類してくれるのだが、永久機関と予知は全否定だけど、たいていのSFのアイデアは可能らしい。
時間旅行だって全否定ではない。
人間も宇宙で生まれたのだから、その発想も基本的には物理原則を越えないのかもしれないなあ。
物質転送も光や原子の集合体レベルでは成功しているのだという。
現実的なのがカーボン・ナノチューブが切り開いた宇宙エレベータで、光彩マントは不可視化、透明人間も可能にする。
物理は実験によって検証されなければならないけど、倫理や宇宙消滅のリスクも孕みそうでSFに留まるのも多いのかもしれない。

しかし、予知や永久機関に相変わらず引っかかる人が多いのは、絶対不可能という人類の永遠の夢だからかもしれないなあ。
よい来年、未来でありますように。
スポンサーサイト
昭和特撮世代よ、永遠に 「マグマ大使 DVD-BOX」
とうとう発売が決定しましたよ「マグマ大使」。
このブログを読んでいただいている方々は、おそらくそのあたりの年代であるはずなのだけど。
「マグマ大使」は、日本で初めて全話カラー放送された特撮テレビドラマで、昭和41(1966)年から全52話が放送された。
「ウルトラマン」にも先駆けているのだよ、明智君。
20世紀少年だった僕はそのSFな物語に夢中になり、いくら兄におもちゃだとか、糸が見えるなどと特撮の稚拙さを指摘されようとまったくそんなものは見えなかった。
思えばサンタクロースも長く信じていた。
なんと疑い深くなったものか。はるか遠い少年の日々よ。

今も「私の名前はゴア…」というフレーズは忘れないし、人間モドキというのも忘れられないなあ。

maguma.jpg

地球制服を企む宇宙の帝王ゴアが集めた大怪獣と、地球創造の神・アースが創ったロケット人間・マグマ大使の戦いを描くもので、初めてのDVD化ですね。

(ペ)スタッフは主題歌も歌えます、いくつだよ。
初回限定です、何があっても抑えておきましょう。

【DVD】「マグマ大使 DVD-BOX (初回限定版)

発売日: 2009/03/11 定価 59,850円

‘漫画の神様’手塚治虫原作、ロケット人間・マグマ大使の活躍を描いた日本初のカラー特撮ドラマのBOX。地球征服を企む宇宙の帝王・ゴアの陰謀に、地球創造の神・アースが生んだマグマ大使が挑む。第1話から最終第52話を収録。11枚組。
特典情報
フルカラーブックレット(52P)、CD「マグマ大使 BGMコレクション」以上封入、パイロットフィルム、海外版「SPACE AVENGER」、オープニング(3種)、未放送・モノクロ、新オープニング(予定)
「ジェネラル・ルージュの凱旋」のロケ地は岐大病院
映画「チームバチスタの栄光」は原作とすこし変えて、主人公が男女のバディとなって難事件を解決するものになっていたけど、なかなか面白かった。
ベストセラーだし、映画も評判もよかったのだろう。
テレビ化もされ、そして続編「ジェネラル・ルージュの凱旋」も第1作と同様に阿部寛・竹内結子の主演で決定した。

batisuta.jpg

さて、今回は救命救急をテーマとしたサスペンスらしいのだが、ロケ地に選ばれたのは岐阜大病院だった。トリアージ風景を撮影できるような広々としたロビーなどの条件がよかったらしいけど、試写会の舞台挨拶などもぜひ岐阜でもやってほしいなあ。
岐大の医師や職員など地元エキストラも延べ800人が参加したというから、映画もDVDも期待できます?

satorare.jpg

昨日、紹介した映画「サトラレ」も病院が舞台で、たしかロケ地はやはり岐阜の中濃病院でした。
舞台となった架空の町も郡上八幡でとてもきれいだった。
「僕の彼女はサイボーグ」も郡上ロケがありましたね。
大垣市のソフトピアジャパンや各務原市のテクノプラザあたりも未来都市風で映画ロケにも向きそうだけど、この不況にそういう需要はないのかなあ。
世界遺産白川村や飛騨高山・郡上八幡・長良川など風光明媚から未来都市、あるいは寂れた繁華街 柳ヶ瀬だって「仁義なき戦い」シリーズみたいようなものも出来そうなんだけど。

【DVD】チーム・バチスタの栄光 スペシャル版
発売日: 2008/08/08 定価 4,935円

【DVD】チーム・バチスタの栄光 DVD-BOX

発売日: 2009/03/04 定価 23,940円

【DVD】僕の彼女はサイボーグ スペシャル・エディション 2枚組
発売日: 2008/10/17 定価 6,090円
禁断のテクノロジーか「脳内画像を脳活動から再現」
とうとう、サイコダイバーも現実のものとなってきたか。

papurika.jpg

人が目で見て認識している視覚情報を、脳活動を調べることで読み取り、コンピューターで画像として再現することに国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府)などの研究チームが初めて成功した。まだ単純な図形や文字で成功した段階だが、将来は夢を映画のように再現できる可能性もあるという。11日付の米科学誌「ニューロン」に発表した。
物を見たときの視覚情報は、大脳の後ろにある視覚野という領域で処理される。研究チームは被験者に白黒の画像を見せ、視覚野の血流の変化を磁気共鳴画像装置(MRI)で計測。脳の活動パターンから効率よく画像を解読するプログラムを開発した。
夢を見ているときや、頭の中で映像をイメージしているときも、視覚野は活動すると考えられているらしいから、夢を映像化することも可能かもしれない。
ニュースステーションでは言語に障害のある人にとってもコミュニケーションの一助となるかもしれないといってたけど、脳内での言語と実際言葉にする言語って全然ちがいますよね。
まあ、少なくとも僕は脳内を覗かれたら耐えられない。
カオスがあり、整理・統合されて言語として発せられるのではないか。

satorare.jpg

「サトラレ」というマンガ(映画・ドラマ化もされた)がありますね。
「サトラレ」とは、あらゆる思考が思念波となって周囲に伝播してしまう症状を示す架空の病名またはその患者をさし、正式名称は「先天性R型脳梁変成症」。サトラレは、例外なく国益に関わるほどの天才であるが、本人に告知すれば全ての思考を周囲に知られる苦痛から精神崩壊を招いてしまうため、日本ではサトラレ対策委員会なる組織が保護しているという設定になっている。
国益に関わるほどの天才というのがキーで、でなければ保護されないでしょうね。
もうひとつキーだと思うのは、その思念が伝播しても恥ずかしいけど決して不快にならないピュアな心性の持ち主ということですね。

kinndan.jpg

凡人たる人々の思念が飛び交えば、たちどころに地球は滅亡するのではないか。
とすれば、ちがう意味でも人間が共生するための知恵だったのだね、言葉は。
映画「禁断の惑星」のイドも言語化されない、止めることのできない心の醜さを描いています。
名鉄パノラマカーもついに引退
名鉄のパノラマカーもついに引退なのか。
列車の先頭で眺望を楽しめる国内初の「前面展望車」といのはパノラマカーだったのだ。
僕は岐阜の各務原市に住んでいて大学は豊橋の愛大に通学していたから、まあ、名古屋本線の始点から終点まで毎日乗っていたのだ。
各務原線・名古屋本線・豊橋鉄道まで毎日乗り継いでいたのは僕ぐらいだろうか。
2時間半はかかったからね。
始発に乗っても少し遅刻したくらいなのだ。
でも名鉄の学生定期は安くて、月に3回ほど通えば定期のほうが安かったのではないかなあ。
その快適な読書環境のおかげでものすごく本が読めたのだった。

panorama.jpg

最前部の展望席にもよく座ったもので、だらしのない人は荷物をいっぱい置いたり、足を投げ出したりしていた。
よく鳥も展望ガラスにぶつかったりもして、びっくりしたものだった。
最前部車両にはスピードメーターも備え付けられていて、最高時速は110キロだったかなあ。
ブルーリボン賞受賞と誇らしげにプレートもつけられていた。
乗降口近くの座席に座ってしまうと、混んできたりすると座席が押されて、足で踏ん張ってないと座席が逆転しそうにもなるのだった。
あの頃は通勤・通学時間にはそれほど混んでいたのだ。

いや、何もかも懐かしいなあ。
電車・鉄道は好きだったのかもしれない。
今はない美濃町線では、子供の頃、線路に耳を当てたりしていて、なんどもこっぴどく怒られたものだった。
のんびりした時代でもあったのだ(それにしてもむちゃくちゃ危ない!)。
良い子は決してしてはいけません。

自費出版写真集 「僕はパノラマカー」 
2008年01月13日 発売 182×170ミリ オールカラー60ページ
定価:1900円(税抜)


すでに売り切れらしい?
生きてることが辛いなら
飯島愛が亡くなってしまった。
人気タレントに限らず、人間はやはり孤独なのだなあ。
歯に衣着せぬ発言が魅力だったというけど、それは素をさらすということでもあるから、神経質な人間ならもちろん、でなくても仕事して求められるなら相当辛いことなのだと思いますね。
死因は不明だけど不安定だったのは間違いないらしい。

紅白でも歌われる「生きてることが辛いなら」(森山直太朗)は自殺を助長するのではないかと一時騒がれたけどうなのだろう。

生きてることが辛いなら
森山直太朗  税込価格 1,100円

P1_G5437332W.jpg

ここでもすでに紹介したけど、もっと直接的に歌った曲があって、映画「M*A*S*H」の主題歌です。
ブラック・コメディの傑作で、戦争中(朝鮮戦争)だというのに、まあ、だからこそなのだが実に猥雑なユーモアに溢れた映画です。
さてこの「M*A*S*H」の主題歌は映画の喧騒とうって変わって、バラード?の名曲です。
しかし、こんなに皮肉に満ちた歌詞なのだった。

Suicide is painless(自殺は苦しくない)

朝早くの霧ごしに僕は見た、物事のあるべき姿を。僕のために準備されている苦痛を。このことは僕にも分かるし、理解できる。自殺は苦しくない。いろいろ気分転換にもなる。それにやるかやらないかは自分次第。
人生はかなり大変なゲームだ。どっちにせよ僕に勝ち目はない。いつか負けのカードに賭ける羽目になる。だから僕が言うべきことはこれだけだ。自殺は苦しくない。いろいろ気分転換にもなる。それにやるかやらないかは自分次第。
時という剣が僕らを突き刺す。はじめのうち痛みはないが。やがて時とともに効いてきて。歯を食いしばっても痛みは強くなる。自殺は苦しくない。いろいろ気分転換にもなる。それにやるかやらないかは自分次第。
ある時、勇者が僕に訊いた。大切な質問に答えてほしい。生きるべきか死ぬべきか、と。僕は答えた「やれやれ、なぜ僕なんだ?」。自殺は苦しくない。いろいろ気分転換にもなる。それにやるかやらないかは僕次第。
君だって、やるかやらないかは自分次第なんだ。

もちろん、自殺を勧めているわけじゃなくて、どんな状況でも「まあ、がんばれ、やるかやらないかは自分次第なんだ」と皮肉たっぷりに歌っているのだ。

人間は孤独かもしれないけど、ひとりじゃない。
アメトーク
それにしてもトーク全盛の時代です。
バラエティ番組はもちろん、歌番組もトーク中心で組まれています。
そうなれば、さらに過激になるのが「お笑い」としてのトークですね。
素人に負けてはいられない。

「アメトーク」は面白くてときどき僕も見るのだけど、ガンダム芸人・プロレス芸人・サウナ芸人・ラジオ芸人などジャンルが凄まじく細分化していき、意外に普遍的な笑いとなってしまうのは不思議です。
マンガも昔はスポーツマンガなら野球・サッカー・テニスくらいだったけど、駅伝・遠泳など限りなくマイナースポーツ化していきますが。

しかし、トークはいわば素の面白さで勝負するところがあるから、芸としてのジャンルを離れてその人の個性そのものを扱うようなものは辛いものになったりします。

zenninnsyuugou.jpg

アメトークの「黒澤Night」(森三中の黒沢かずこ)は黒澤さんをフィーチャーしようというもので、出演者もそれぞれの役割に沿って進めるのだろうけれど、見ていて辛かったですね。
大笑いもするのだけど辛かった。
その人そのものを芸の笑いとするようで、耐えられるうちはいいけど、それをそのままの芸風とするなら、よほど周りのサポートがなければ瞬く間に消費されボロボロにされてしまう。
まさに身を削っての芸なのだ、たぶん。
一人なったとき、振り返ったりすれば耐えられないような瞬間があるのではないかなあ。
芸人だから承知なのかどうか分からない。
トークの全盛はそんな過激な笑いも要求し、僕たちも慣らされてしまっているような気がします。
古典的な漫才やコントでは笑えなくなっているのかもしれない。
朝ドラ「だんだん」でも舞妓のお座敷芸など、僕などとても面白いようには思えなくて、ましてや高額の費用もかかるとなれば、間違いなく行かないのだけど、楽しさや美しさを感じうる感性には羨ましいものがありますね。
通い詰めればいつか僕にも理解できるのだろうか。
修行を積み重ねてこその芸もまた決して失われてはならないものだ。

映画「レニー・ブルース」を見ているせいか、身を削るだけの芸はあまりに恐ろしく、黒澤さんにはキャラによらない芸も楽しませてもらいたい。

ドリフターズのコントはいかりやさんが徹底的に作り上げたものだった。
芸の職人たちの技だったのだ。

【DVD】番組誕生40周年記念盤 8時だョ!全員集合 2008 DVD-BOX
発売日: 2008/07/16 定価 10,290円 
M?1グランプリ
最近はもう漫才はあまり見ることがないのだけど(バラエティ番組は多いけど、漫才はほとんどない)、M?1グランプリは人気が高いのだね。
はじめて後半くらいから見たけど、すこし、もう僕の笑いの基準とずれているようなのだった。
NON STYLE(ノンスタイル)についてはあの決勝ではまちがいなく、いちばん面白かった。
上沼恵美子が共演しているらしく、フリートークが下手と振って、後の審査評にはフリートークネタが続くのだけど、フリートーク芸の達者さが本来の漫才の成長を阻害するところもあるのではないかなあ。
昔はきちんと漫才作家がついたり、自分達できちんと台本を練り直し、くり返しくり返し練習をしたはずなのだ、たぶん。
今はむしろ台本でない、素の面白さやリアクションのよさが喜ばれたりするから、才能のある人たちもそういう意識も場所も失ってしまうのだろうか。
修行のない芸は旦那芸にもおよばないはずなのだが。
もちろん、じゅうぶん承知しながら、時代にも合わせ、修行も怠らない人もいていつか正当に評価される日も来ると思うのだけど。

suberanaihanasi.jpg

しかし、歌の上手い人も増えたけど、たしかにトークの上手い人も増えたなあ。
なぜだ。

人志松本のすべらない話 其之伍 (初回限定盤)
発売日: 2009/01/01 定価 3,990円

松本人志 千原ジュニア(千原浩史) 宮川大輔 有野晋哉(よゐこ) 山崎弘也 吉田敬(ブラックマヨネーズ) 関暁夫(ハローバイバイ) 西野亮廣 濱口優 兵動大樹(矢野・兵動) 設楽統(バナナマン) 加藤歩(ザブングル) 若月徹(若月) 有田哲平 木下隆行(TKO) アキ 小籔千豊 青木さやか
あまりにイノセントな「イノセント・ラブ」
月9ドラマ「イノセント・ラブ」が終わりましたね。
視聴率は結局低迷したままだったのは、そもそもあのテーマではということでもあるけれど、さすがにどーよと言われかねない最終回だったかなあ。
「セレブと貧乏太郎」でも最終回拡大SPというのになあ。
堀北 真希がピュアで耐え忍ぶ役柄が似合うというのは分かるけど、あまりに受動的、植物的に過ぎて、やはりピュアで耐え忍ぶけど、それでもなお自ら困難に立ち向かっていく強さをドラマ化しないとなかなか共感はされにくいでしょう。
まあ、ピュアで植物的な美しさを描くなら、いまどきの大半の人間には理解はともかく、共感も得にくいにと思うのだけど、あえてこの時代チャレンジしたのだろうか。

CL008_1.jpg

やはり僕は堀北 真希のこういう明るい笑顔を見たいのだった。

baranonai.jpg

同じ月9ドラマだった「薔薇のない花屋」を思い起こさせるのは、その植物的なテイストでこちらも何となく悲劇性が漂い、この悲劇性もどうも大人が子供のように純化されていくがゆえのもののような気がしたのだった。
まあ、ともに悲劇にはならなかったわけですが。
子供が大人になるときも悲劇を招きやすいときですが、また「イノセント・ラブ」のように子供のときに悲劇を抱えた少女はその記憶を封じ込めるために植物のように生きることのみによって耐えていけるのか。
大人が純化されて、もし生きていくなら植物、まさに花のような「美しい人」になってしまうということでしょうか。

「風のガーデン」のがく君も植物のような優しく壊れそうな子だったなあ。
K-20 怪人二十面相・伝
映画 『K-20 怪人二十面相・伝』を見てきました。
意外に年齢層が高いように思えたのは、やはり怪人二十面相というレトロなイメージがあるだろうか。
しかし、この世界観はマンガ・アニメファンにはおなじみで、イメージ的には「ジャイアント・ロボ」や「スチーム・ボーイ」のような感じの世界だったなあ。

k-20.jpg

それよりもこういうのを見ると、なんでも「ルパン3世 カリオストロの城」を連想するのはアニメファンの悪い癖だろうか。
ラストの鳩を出すシーンはクラリスに万国旗を取り出すルパンの手品を思わせ、飛行シーンの活劇などもそうですね、などなど。まあ、逆だったりするけれど。
ツッコミどころ満載かもしれないけど、こういう映画にあまりツッコンでも意味がない。
楽しい映画だった。

07153179.jpg

こちらはアニメ化もされた「二十面相の娘」。
資産家である美甘家の娘チコは11歳。父母を亡くし叔父叔母に育てられるが、叔母は美甘家の資産を狙いチコに毒入りの食事を与え続けている。ある日、二十面相に誘拐されて二十面相一味に加わっていく…。

ね、これはもしかしたら「ルパン3世カリオストロの城」のルパンとクラリスで、ルパンはクラリスを闇の世界から救いだし、クラリスの可愛いお願いがあってもふたたび闇の世界に戻すようなことはなかったけれど、こちらは連れて行かれてしまったクラリスではないのか…。

まあ、案外と明智小五郎のところにいるより、健全のような気もするとも思ったけど、やはり誰もが思うのか、明智小五郎って怪しすぎるよなあ。
さて小林少年はというと…。

【DVD】二十面相の娘 1 
発売日: 2008/07/25 価格:  5,985円  全7巻

「源氏物語千年紀 Genji」出崎統
今年は源氏物語千年紀にふさわしく、新聞各紙などの特集でもよく取り上げられています。
世界的評価も高く、日本文学の最高傑作、世界最古のロマンスともいわれる名作です。
紫式部の手で書かれ、日本がやはり女性文化の国であることも示すものとなっています。
アニメ化(「あさきゆめみし」大和和紀)も予定されていて来年1月からの放送予定だったけど、出崎統監督の意向で「源氏物語」を原作としたオリジナル作品「源氏物語千年紀 Genji」となったみたいですね。

32159502.jpg

源氏物語はもちろん紫式部の作品だけど、現代日本語訳だけでも与謝野晶子訳・谷崎潤一郎訳をはじめ、円地文子訳・ 田辺聖子訳 ・橋本治訳・ 瀬戸内寂聴訳 など著名作家のものなどだけでも数多く出ています。
英語訳はアーサー・ウェイリー訳が出色で、多くの海外の読者を得て西洋世界にも衝撃を与えるものになった。
翻訳ではあるけれど、ウェイリー訳「The Tale of Genji」はプルーストの「失われた時を求めて」と並ぶ20世紀の英文学の傑作とも言われているらしい。

ウェイリー版源氏物語 2
紫式部/〔著〕 アーサー・ウェイリー/英語訳 佐復秀樹/日本語訳
出版年月 2008年11月  税込価格 1,680円


31820005.jpg

大和和紀の「あさきゆめみし」も原案としながら独自のマンガとして傑作なように、出崎統監督「源氏物語千年紀 Genji」もまたアニメ版の傑作になるかもしれませんね。
外国語訳、現代語訳、マンガ版、アニメ版などは、まったく別の読者層を切り拓いてくれますからね。

また皆本二三江「源氏物語絵巻の秘密」によれば、この絵巻には少女漫画の技法なり、現代の少女たちが本能的に身につけている手法と多く合致し、国宝絵巻にも未熟な子供の手が入っていることも含めて、現代の少女漫画との相似を分析、指摘しているから、マンガ化・アニメ化は歴史の必然でもあり、後世に残る大傑作ということもありうるのだ。
北杜夫
NHKBS「私の一冊」でドイツ文学者の岡田朝雄の「私の一冊」は北杜夫の「どくとるマンボウ昆虫記」でした。
僕のHNのクプクプ、あるいはジバコも当然、北杜夫の作品からとったものだから嬉しくて仕方がない。
しかし、ここでも蝶なども取り上げたけど、昆虫マニアはどこにでもいるなあ。
ドイツ文学者も虫屋なのか。
「どくとるマンボウ昆虫展」も開催されているらしく、その会場での北杜夫さんも久しぶりに映像で見たけど、いつまでも元気でいてほしいです。

kaitou.jpg

狐狸庵先生(遠藤周作)ももういない。
この二人は真摯な純文学の大家だけど、軽妙なエッセーやSFやマンガ好きという共通項があり、僕には馴染みやすかった。女優オタクみたいなところもあったなあ。
小説もマンガもSFも映画もアイドルなどすこしマニアックな傾向は、北杜夫によって築かれたのかもしれない。

文豪トーマス・マンはルーブル美術館を訪れ絢爛たる巨匠達の作品を眺め、かくのごとく記した。
「人間は罪を犯してきた。獣のようにふるまってきた。しかもその間に絶えずこういうものを生産し続けてきたのだ。この場合、これらのものの、根源をなす人間の神的な部分と獣的な部分を区別するのは誤りではないだろうか。確かにこの両者は人間の全体よりほとばしり出るのだ」。

僕にはけっこう衝撃だったこの言葉もどくとるマンボウの軽妙なエッセーの中で教えられたのだった。

画像は映画化された「怪盗ジバコ」。
映画は未見だけど原作は「カリオストロの城」をすこし思わせます。
アーキテクチャなスペースコロニー
アーキテクチャというのはもともと建築用語で建築物の構造や設計を意味したらしいけど、今ではコンピュータの構造・設計思想と主に使われます。
さらには人間の行為を制約したりある方向へ誘導したりするようなウェブサイトやウェブコミュニティの構造、あるいは実際の社会の構造もアーキテクチャという。

32152270.jpg

飲酒運転はもちろん犯罪なのだけど、いっこうになくならない。 
であればアルコール検知でエンジンかからない装置を自動車につけてしまおうというのが、アーキテクチャの考え方ですね。
社会の設計を変えることで社会環境の物理的・生物的・社会的条件を操作し人間の行動を誘導する、つまり、手近な例でいえば、アマゾンのお薦め本で、「この本を買った方はこんな本も買っています」というやつです。
便利だし、たいていは間違ってはいないのだが、まさに管理されている。
店頭でも棚は売れるように工夫されるけど、これほどにあからさまでなく、店の意図と関係なく見つける本もあるだろう。
なにか動物園に囚われているみたいと思うけど、たしかに安全なのだ。
たとえば、「ここは危険だから柵をつけましょうとか、監視カメラをつけましょう」というのは安全をはかるものだから異議は唱えにくいけど、やはり過ぎれば、本来の人間の危険を知る能力や道徳とか規範は失われるような気がしますね。
しかし、どうも世の中は自らアーキテクチャのなかに身を置くことを望んでいるようで、すべて社会が悪いのだという言い方も、アーキテクチャ世代の考え方になるのではないかなあ。
ガンダムが描くように地球連邦と、よりアーキテクチャにならざるを得ないスペースコロニーとではやはり対立することになるだろうし、技術・アーキテクチャにあまりに寄りかかると、「エリア11(イレブン)」(コードギアス)、家畜人ヤプーのように知らず知らず管理されてしまう…と思うのは悲観に過ぎるのだろうか。
まあ、まさに犬のような幸せもあるのだけど。

映画にもなったのがミラン・クンデラの「存在の耐えられない軽さ」は、いかにも哲学的な題名の通り、ちょっと難解な恋愛映画ですが、犬と人間の物語でもあります。
それによれば、動物というかペットの幸せ感というのは日常の永遠の繰り返しなのだといいます。
「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」のように。
でも人間は常に成長・進歩を求めるが故に、永遠に安息を得ることはないし、そして坂口安吾の言うように「人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう」。

アーキテクチャの生態系 情報環境はいかに設計されてきたか
浜野智史/著 税込価格 1,995円

堕落論
山田風太郎から、とうとう「家畜人ヤプー」まで来てしまって、どうしようと思っていたら今日のBSNHKの「私の一冊」は森達也でお薦めの一冊は坂口安吾の「堕落論」だった。

数年前に私と極めて親しかった姪(めい)の一人が二十一の年に自殺したとき、美しいうちに死んでくれて良かったような気がした。一見清楚(せいそ)な娘であったが、壊れそうな危なさがあり真逆様(まっさかさま)に地獄へ堕(お)ちる不安を感じさせるところがあって、その一生を正視するに堪えないような気がしていたからであった。

坂口安吾の「堕落論」の一説だけど、僕などはアニメ「小公女セーラ」ですら、苛められるのが正視できず、幸せが約束された最終回まで見ることが出来なかった。
すこし、ちがうか。ちがうなあ。

31889805.jpg

それはともかく。

…元来日本人は最も憎悪心の少い又永続しない国民であり、昨日の敵は今日の友という楽天性が実際の偽らぬ心情であろう。昨日の敵と妥協否肝胆(かんたん)相照すのは日常茶飯事であり、仇敵なるが故に一そう肝胆相照らし、忽(たちま)ち二君に仕えたがるし、昨日の敵にも仕えたがる。生きて捕虜の恥を受けるべからず、というが、こういう規定がないと日本人を戦闘にかりたてるのは不可能なので、我々は規約に従順であるが、我々の偽らぬ心情は規約と逆なものである。

なるほどなあ、たしかにそんなような気がします。

まったく美しいものを美しいままで終らせたいなどと希(ねが)うことは小さな人情で、私の姪の場合にしたところで、自殺などせず生きぬきそして地獄に堕(お)ちて暗黒の曠野(こうや)をさまようことを希うべきであるかも知れぬ。現に私自身が自分に課した文学の道とはかかる曠野の流浪であるが、それにも拘(かかわ)らず美しいものを美しいままで終らせたいという小さな希いを消し去るわけにも行かぬ。未完の美は美ではない。その当然堕ちるべき地獄での遍歴に淪落(りんらく)自体が美でありうる時に始めて美とよびうるのかも知れないが、二十の処女をわざわざ六十の老醜の姿の上で常に見つめなければならぬのか。これは私には分らない。私は二十の美女を好む。

人間は変りはしない。ただ人間へ戻ってきたのだ。人間は堕落する。義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない。

戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄の如くでは有り得ない。人間は可憐であり脆弱(ぜいじゃく)であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。人間は結局処女を刺殺せずにはいられず、武士道をあみださずにはいられず、天皇を担ぎださずにはいられなくなるであろう。だが他人の処女でなしに自分自身の処女を刺殺し、自分自身の武士道、自分自身の天皇をあみだすためには、人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。そして人の如くに日本も亦堕ちることが必要であろう。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である。

すべて引用で終わってしまった。
「コードギアス」はナショナリズムかマゾヒズムか
正真正銘の奇書といえば、やはり沼正三の「家畜人ヤプー」ということになるだろうか。
その沼正三その人とも言われた天野哲夫氏が11月30日、肺炎で死去、82歳だった。
SM文学でもあるのだけどSFでもあって、そういえば昔はSFとSMが混同されているようなマイナーな状況の頃もありましたね。
「家畜人ヤプー」の未来帝国EHSは、白色人種が唯一の「人間」で、あとは隷属する黒色人種の半人間「黒奴」、そして旧日本人である家畜「ヤプー」のみであり、日本人は家畜であるから人間性も否定されている徹底した差別社会なのだ。
家畜ヤプーに対しての支配システムは極めて巧妙で屈服させるのではなく、予め奉仕する喜びを教え込み服従を喜びとさせるものなのだ。

30570017.jpg

家畜人ヤプー 第1巻
幻冬舎アウトロー文庫 沼正三/〔著〕
税込価格 680円


ある夏の午後、ドイツに留学中の瀬部麟一郎と恋人クララの前に突如、奇妙な円盤艇が現れた。中にはポーリーンと名乗る美しき白人女性が一人。二千年後の世界から来たという彼女が語る未来では、日本人が「ヤプー」と呼ばれ、白人の家畜にされているというのだが…。

giasu5.jpg

一方、「コードギアス 反逆のルルーシュ」とはいうと、

日本は神聖ブリタニア帝国という超大国に植民地化されており、 日本という名前さえ奪われ(人格の喪失)、「エリア11(イレヴン)」と呼ばれ蔑まされている。
この超大国の支配に、「黒の騎士団」を率いるルルーシュが反逆を試み、 独立を企てるのだが…。
大澤真幸京都大大学院教授は「コードギアス」はナショナリズムか」という議論を提示したのも分かるような政治的な構図ですが、マゾヒズムとしても語ることが出来るかもしれませんね。
反逆に向かうには名を奪われるような屈辱を必要とするというか、自ら求めるような逆説的な思考(嗜好)が日本人にはあるというような、自虐史観という言葉は日本だけみたいですからね。
ギアスは言い訳に過ぎず、幻想なのだ。
まあ、これも妄想なのだけど。

【DVD】コードギアス 反逆のルルーシュR2 volume05
発売日: 2008/12/19 定価 6,300円

【DVD】コードギアス 反逆のルルーシュR2 volume05 (ブルーレイディスク)
発売日: 2008/12/19 定価 7,350円

いつの時代のもある軟派でハイブロウな令女の気風
「令女界」は宝文館発行の雑誌で、1922年(大正11年)創刊、1950年(昭和25年)に休刊している。
女学校高学年から20歳前後の未婚女性を主な読者対象としていたらしいのだけど、他の少女雑誌は公認しても『令女界』は禁止する学校が多かったというから軟派というか、執筆陣をみてもハイブロウな気風にあったのだろうか。
女性解放の「青踏」とは無縁のようでありながら源流は同じであり、対象が少女たちのゆえの編集だったのか。
昭和40年代の学習誌には、SF作家筒井康隆「時をかける少女」などの連載があって、またNHK「少年ドラマシリーズ」など見て僕たちは育ったのだけど、同じようなものなのだろうか。
まあ、ちょっとちがうよなあ。

少女はいつの時代も「文藝ガーリッシュ 土曜日の手紙」にあったように蜜から毒まで幅広く、甘口な乙女趣味を期待している自称乙女のお客様は、アンダーグラウンドでハイブラウ手加減なしのラインアップの毒気に、どうぞ目をお覚ましくださいとの囁きに胸を弾ませるのだろうか。

PC050003.jpg

ALI PROJECTもそうですね。

【CD】ALI PROJECT/桂冠詩人(初回限定盤)(DVD付)
12月10日発売 ¥3,465

妖艶・魅惑・残酷・非情・可憐・儚げ・欲望・背徳・悪夢…。
幻想の世界は危険に満ち溢れるけど、それでも誘うアリプロジェクトよ。
女王様、光臨です。
特撮ヒーローの悪の女王様も真っ青の神々しさに思わず跪きたくなります。

画像は先着購入特典のカードになります。ジャケ絵とはまた雰囲気が違います。
妖艶です。
久生十蘭
山田風太郎が「わが創作意欲をフンサイさるを感ず」と言わしめたのが久生十蘭。
マニアには待望の(ジュウラニアンというらしい)定本久生十蘭全集の刊行が始まった。
マニアックな作家にふさわしくマニアックな出会いと繋がりで入手困難と思われた欠落資料も続々と埋まったという(日経新聞 活字の海で)。
全集第1巻収録の「妖術」の初出は「令女界」という希少な少女雑誌で、たしかにマニアでなければ見つけられないような雑誌ですね。
しかし「令女界」とはまた少女雑誌ならではのハイブロウさを思わせ、久生十蘭好みのように思えます。
執筆作家を見ると大原富枝 、川端康成森田たま、龍胆寺雄 などちょっと耽美な感じもしますね。

32146190.jpg

僕が久生十蘭を知ったのは、少年ドラマシリーズ「霧の湖」だったか、角川文庫の日本代表ミステリー集だっただろうか。
ミステリー選集のいいところは、いろいろな作家に出会うことですね。
「わたしは誰でしょう」という可愛いミステリーもあったけど、文庫をなくし誰の小説だったか忘れてしまい、もう見つけられないということもあるのだけど。
久生十蘭の名前は忘れなかった。

全作品を網羅した、旧全集の2倍の収録量の決定版全集。「ノンシヤラン道中記」「魔都」「妖術」「湖畔」ほかを収録。 全11巻。

定本久生十蘭全集 1
久生十蘭/著
税込価格 9,975円


kirinomizuumi.jpg

少年ドラマシリーズ「霧の湖」はマーブルチョコの上原ゆかり主演だった。
NHK「七瀬ふたたび」、夜8時台になっても少年ドラマシリーズのテイストはしっかりあって、NHKのDNAなのだろうか。

NHK少年ドラマシリーズ 霧の湖
定価 5,040円
井上陽水「BEST BALLADE」
年末だとこういう企画が増えるのかな。

BEST BALLADE(井上陽水)
井上陽水のバラードは聞いていて気持ちがいいからなあ。

P1_G5460192W.jpg

僕が学生の頃は年末になると、よくラジオで今年の音楽ベストみたいのを
やっていて、歌謡曲や洋楽のジャンル以外に映画サントラというのもよくありましたね。
最近はときどきBSNHKで見かけますが。
サントラって今でも売れているのだろうか、この頃はむしろTVドラマサントラのほうが、
いろいろな場面で使われたりします。
ここ各務原では見上げるとよくグライダーを見かけるけど、つい「風のささやき」(華麗なる賭け)
などを呟いてしまいますね。

houkago.jpg

いや、井上陽水の話だった。今聞いても全然古びないのは驚異ですね。
今でも鮮烈に思い出すのは栗田ひろみ主演「放課後」で使用された井上陽水の「夢の中へ」。
映画はさっぱり覚えてないけど、この曲だけは強く印象に残っています。

【CD】 BEST BALLADE
井上陽水
発売日 2008年12月10日 税込価格 2,800円


井上陽水の、究極のバラード・ベストアルバム。
来年にデビュー40周年を迎える、井上陽水の選りすぐりのバラード16曲を集めました。

1. 花の首飾り (井上陽水)
2. つめたい部屋の世界地図 (井上陽水)
3. いっそ セレナーデ (井上陽水)
4. 恋の予感 (井上陽水)
5. 恋の神楽坂 (井上陽水)
6. リバーサイド ホテル (井上陽水)
7. 恋こがれて (井上陽水)
8. 結詞 (井上陽水)
9. 自然に飾られて (井上陽水)
10. ワインレッドの心 (井上陽水)
11. TRANSIT (井上陽水)
12. 背中まで45分 (井上陽水)
13. 新しいラプソディー (井上陽水)
14. 5月の別れ (井上陽水)
15. 真珠 (井上陽水)
16. 少年時代 (井上陽水)

「新しいラプソディー」「5月の別れ」なんていいよなあ。
山田風太郎と小林多喜二
今が不況なのは僕も身にしみてわかるけど、失業・内定取り消し・派遣切りなど厳しいニュースばかりだけど、製造業があまり叩かれるのにはすこし可哀相な気がします。
なにしろ、いちばん雇用を作り、支えてきたところですからね。
まあ、だから影響が大きいのだけど。
任天堂のようにはじめから効率経営の企業はすごいし素晴らしいけど、またモノを作らぬ金融などもなくてはならないけど、そういう企業ばかりでいいわけであるはずがなく、製造・工場を作るということはあらゆる意味でたいへんなことなのだ。
はじめから効率を求めるような企業ばかりだったら製造業なんてなくなってしまうんじゃないだろうか。
1円にもならぬネジ1本から作るのだからね。
伝統的におそらく製造業は人の大切さをいちばん認識しているところでもあるはずなのだ。

31156656.jpg

「性の快楽と死 の苦痛はみな平等である。しからば、なぜそれ以上の平等を求める必要があるのだろうか」
山田風太郎の言葉は達観しすぎだけど、話題となったTVドラマ「ハケンの品格」の大前春子なら同じことを言うかもしれない。

80年も前に書かれたこの小説『蟹工船・党生活者』が売れているけど、書店でも「ワーキングプア」と関連させて展開することによって売れているから格差社会を象徴するのだろう。
以前にNHKBSで「名作平積み大作戦」というのがあって、各界の著名人が今は忘れさられている名作を若者にアピールして、ポップも書いてもらって実際の書店においてもらうとという番組があったけど、会場で強く支持された名アピールでも実際にはほとんど売れなかった。
「蟹工船」を薦めたのはきたろうさんだったかなあ。

まあ、時代の空気で読むのもどうかと思うけど、本に親しむのはいいです。

蟹工船・党生活者 新潮文庫 小林多喜二/著 税込価格 420円
山田風太郎「人間臨終図鑑」
NHKBSで「私の1冊 日本の100冊」というの毎朝やっているけど、思わぬ人が思わぬ本を取り上げていたりするので面白いですね。
日本人1億2000万にはそれぞれの「私の1冊」があるのかもしれない。
仲畑貴志が選んだのは山田風太郎の奇書というべき「人間臨終図鑑」だった。

rinnjyuuzukann.jpg

山田風太郎は当時あった大衆小説誌「問題小説」だったと思うけど、「人間臨終図鑑」を連載をしていた。
のちにまさに図鑑にふさわしいハードカバー美装箱入りの上下巻で発売された。
もちろん、「忍法帖」から「明治モノ」まで大ファンだったぼくはすぐ買ったのだが、読み通してみるとまさに古今東西の偉人から市井の人まで、最期のときが描かれているのだった。
みなほんとうに興味深いのだけど、これだけあれば誰かしら心に残ります。
山田風太郎が臨終の言葉の最高傑作と挙げたのが「勝海舟」だった。
その言葉とは「これでオシマイ」。
最期まで人を食ったような傑物だったのだ。

「性の快楽と死 の苦痛はみな平等である。しからば、なぜそれ以上の平等を求める必要があるのだろうか」

とは山田風太郎の言葉だけど、
人間、このくらいの境地にたつと不平・不満もないわけだけど、いや、乗り越えられるのだけど、たぶん。
社会や制度、生い立ち…のせいにすることなく。


こちらも注目!蟲師たちにイグノーベル賞
相変わらず、ノーベル物理学賞の益川さんは人気がありますね。
今年は日本人受賞者が続出したノーベル賞に話題が集中したけど、イグノーベル賞(人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究)も中垣俊之・北海道大准教授ら6人が受賞し、単細胞生物の真正粘菌が迷路の最短経路を見つけることを発見した功績というもの。
これは粘菌コンピュータにも繋がる至極真っ当な研究なのだ。

musisi.jpg

コンピュータはひたすらデジタルな世界を作ってきたけど、人間の脳のようなやわらかな発想のできるコンピュータも開発されていて、その鍵となるのは粘菌なのだ。
現在のコンピュータは同じデータを入力をすれば結果も必ず同じだけど、粘菌コンピュータは入力が同じでもちがう結果ともなって確実ではないけど、人間のように様々な発想を生む可能性があるらしい。
ちがう人間ならもちろん、同じ人に同じ情報を与えても時と場合によって、まったくちがうってことはよくありますからね。
真正粘菌が迷路の最短経路を見つけるなら…となんだか考えるのが楽しくなりますね。

さて、こちらはまったくちがう蟲師たちの物語。
どちらも大いなる蟲師たちなのだと思うのだがなあ。

【DVD】蟲師 二十六譚 Blu-ray BOX (ブルーレイディスク)
発売日: 2009/03/27 定価 34,650円

比類なき幻想世界、そこに脈打つ生命達の息吹。待望の聲高き、TVシリーズ全二十六話を特製収納ケースにおさめたBlu-ray BOX 現出。DVD各巻にて既収録の映像特典を一枚に総括したプレミアムディスク同梱。キャラクターデザイン・総作画監督の馬越嘉彦氏がこれまで描き下ろした『蟲師』の版権イラスト(約20点)と各話ストーリー解説を掲載した三十二頁に及ぶ美麗なカラーブックレット‘蟲師 作品資料集’封入。
ホンダF1の撤退、夢の衰弱
本田技研工業は2008年12月5日、今シーズンを最後にF1世界選手権から撤退すると発表した。
このニュースはちょっと衝撃的でしたね。
金融危機に始まる不況は「F1は、会社にとってチャレンジングスピリットの源」と言い続けてきたホンダの創業精神も見直すものとなってしまった。
経営資源の効率的な再配分が必要との判断で、具体的にはF1開発のエンジニア約400名を、新車の開発に振り向けるのだという。
ホンダは熱いエンジニアが多いから、エコカーの開発も至上命題で熱く面白いのだろうけど、どうなのだろう。
ホンダの独創技術の根幹はここにありましたからね。

speed.jpg

福田和也によれば、F1というのはものすごくヨーロッパ・サロン的ななかで運営されており、FIAが全てを牛耳っていてホンダ・トヨタがどんなに力をつけても虐げられる構図なのだそうだ。
そのなかで懲りずに頑張っているホンダ・トヨタは大企業の戦略がもちろんあるにしてもやはり大変なことだし、レースそのものに対する絶対的な熱い思いもあったにちがいないのだ。
FIAはエンジンの共通化を2010年から打ち出していたから、経営戦略的にもエンジニア的にも、もう、熱い対象でなくなったのかもしれない。
熱い意情熱があったからFIAのようなヨーロッパ・サロンのなかで、頑張って来れたのだからなあ。
夢にまで制約をかけてはいかんのだ。

【DVD】 スピード・レーサー MACH5 プレミアムBOX (2枚組 初回限定生産)
発売日: 2008/11/19 定価 5,980円

日本の伝説的アニメ「マッハGoGoGo」をウォシャウスキー兄弟が実写化したスピードアクションの2枚組BOX。兄の遺志を継ぎレーサーとなった青年・スピードが数々の強豪を相手に迫力のレースを展開する。
特典情報
マッハ号同梱、スプライトルと行く撮影の舞台裏(14分)、映画の中の車とレースコース(15分)、メイキング(27分)、‘スピード・レーサー’の世界(10分)

いやあ、特典の「マッハ号」だけは欲しかった。
「草の想い」だんだん
NHKの朝ドラの「だんだん」、まあ、習慣のように見ているのだけど、音楽の記憶というか印象というかは奥深いものがありますね。
昨日の放送では巡り合った双子の姉妹が、またひとり実の母槙子(石田ひかり)のもとを去り、残った姉めぐみを妹のぞみと間違えてしまう母の喪失を描くのだけど…。
そこに流れるBGMは一瞬、映画「ふたり」のテーマ曲「草の想い」かと思ってしまった。

futari.jpg

映画「ふたり」は大林宣彦監督新尾道3部作の第1作で、やはりふたりの姉妹(石田ひかり、中嶋朋子)の繋がりを描く美しい映画だった。
まさに一瞬で「姉妹」、「ふたり」、「石田ひかり」と音楽(草の想い似たBGM)が繋いでしまった。
隠されたテーマだったのかもしれないなあ、まさか。
石田ひかりは映画「ふたり」とTVドラマ「悪女」が僕にとって最高に魅力的だったのだけど、久しぶりに「だんだん」の石田ひかりはきれいです。
それにしてもドラマ「悪女」のDVDはなぜ出ないのでしょうかね、すごく面白いのに。
石田ひかりのレモンだかひたすら食しているのみのエンディングはプライベート・フィルムかと思うほど石田ひかりにオマージュを感じさせるものだったなあ。
すこし感じは違うけど、ドラマ「交渉人」のエンディングの米倉涼子の気持ちのいい食べっぷりも思い出します。

【DVD】ふたり デラック版
発売日: 2002/02/22  定価 4,935円
ジブリの歌
日本アニメを代表するのが宮崎アニメ。
音楽・歌も心に残るものが多いですね。
今年もポーニョ ポーニョ ポーニョ さかなの子♪ 
という歌をよく耳にしたし、赤いスカートをはいた大橋のぞみちゃんも目にしましたね。
NHKの「紅白歌合戦」にも出場してしまうのだった。

「風の谷のナウシカ」から「崖の上のポニョ」まで、スタジオジブリ19作品の主題歌・挿入歌 全26曲を網羅した主題歌全集!がちょうど発売されたけど、改めてみると子供からニューミュージック、演歌など多様なジャンルから歌手が起用されていますね。

【CD】スタジオジブリの歌
11月26日発売  ¥3,500

TKCA-73381.gif

■ DISC:1
1.風の谷のナウシカ(風の谷のナウシカ) / 安田成美
2.君をのせて(天空の城ラピュタ) / 井上あずみ
3.さんぽ(となりのトトロ) / 井上あずみ
4.となりのトトロ(となりのトトロ) / 井上あずみ
5.はにゅうの宿(火垂るの墓) / アメリータ・ガリ=クルチ
6.ルージュの伝言(魔女の宅急便) / 荒井由実
7.やさしさに包まれたなら(魔女の宅急便) / 荒井由実
8.愛は花、君はその種子(おもひでぽろぽろ) / 都はるみ
9.さくらんぼの実る頃(紅の豚) / 加藤登紀子
10.時には昔の話を(紅の豚) / 加藤登紀子
11.海になれたら(海がきこえる) / 坂本洋子
12.アジアのこの街で(平成狸合戦ぽんぽこ) / 上々颱風
13.いつでも誰かが(平成狸合戦ぽんぽこ) / 上々颱風
■ DISC:2
1.カントリー・ロード(耳をすませば) / 本名陽子
2.On Your Mark (On Your Mark) / CHAGE&ASKA
3.もののけ姫(もののけ姫) / 米良美一
4.ケ・セラ・セラ(ホーホケキョ となりの山田くん) / 山田家の人々ほか
5.ひとりぼっちはやめた(ホーホケキョ となりの山田くん) / 矢野顕子
6.いつも何度でも(千と千尋の神隠し) / 木村弓
7.風になる(猫の恩返し) / つじあやの
8.No Woman, No Cry(ギブリーズepisode2) / Tina
9.世界の約束(ハウルの動く城) / 倍賞千恵子
10.テルーの唄(ゲド戦記) / 手嶌葵
11.時の歌(ゲド戦記) / 手嶌葵
12.海のおかあさん(崖の上のポニョ)/ 林正子
13.崖の上のポニョ(崖の上のポニョ)
   /藤岡藤巻と大橋のぞみ

ジブリの歌だけでもトップクラスのいろいろなジャンルの歌が聴けます。
情念も浄化する「アニメのチカラ」
「エンカのチカラ」も強いけど、「アニメのチカラ」も強いに違いない。
アニメは子供の歌かもしれないけど、楽曲は素晴らしいものがありますからね。
でなければカラオケでもあれだけ世代を超えて普遍的に歌われることはない。
歌も同様で上手い人が多いのだ。
今や武道館も埋め尽くす水樹奈々だって演歌歌手を志していたのですからね。
また長山洋子のようにアニメから演歌歌手として大成した人もいます。
長山洋子はファイブスター物語」の主題歌「瞳の中のファーラウェイ」を歌っていたのだ。

fss.jpg

吉幾三も古くは天童よしみの「いなかっぺ大将」の「大ちゃん音頭」もあります。
こういうコンピレーション企画が売れるのであれば、「アニメのチカラ」として、アニメ歌手に演歌、J・ポップの名曲を歌ってもらうのもありますね。
似たような企画はもうあるのだけど。
たちどころにおどろどろしい情念の歌も心弾むような歌に変えてしまうかも知れない。
それとも、演歌は演歌として、J・ポップはJ・ポップとしても見事にこなしてしまうような総合エンターテイナーでもあるのだろうか。

ということで、水樹奈々はいかがでしょう。

【DVD】「NANA MIZUKI LIVE FIGHTER ?BLUE SIDE?」/水樹奈々
【DVD】「NANA MIZUKI LIVE FIGHTER ?RED SIDE?」/水樹奈々
12月25日発売 各¥4,200円

水樹奈々が空を翔けた!08年7月5日&6日に国立代々木第一体育館で行われた2Daysを、2枚同時リリース。
BLUE SIDEには、7月5日のライブを収録。RED SIDEには、7月6日のライブを収録。DVD2枚組。初回のみスペシャルパッケージ仕様。

【DVD】NANA MIZUKI LIVE FIGHTER BLUE×RED SIDE(Blu?ray Disc)/水樹奈々
12月25日発売 ¥9,450

水樹奈々が空を翔けた!08年7月5日(BLUE SIDE)&6日(RED SIDE)に国立代々木第一体育館で行われた2DaysをセットにしたBluーray 2枚組BOX。
初回のみスペシャルパッケージ仕様。
J・ポップは「エンカのチカラ」でどう変貌するか?
稲垣潤一に続いて、もうひとつ面白いアルバムのご紹介です。
エンカもポップなサブカルに転じてしまうか、あるいは奥深い情炎の世界に飲み込んでしまうのか…。
妄想のしすぎですね。
それにしても演歌歌手の歌唱力はいかほどのものか?
をまさに知らしめるのが、演歌歌手21組が人気J-POPをカバーしたコンピレーションアルバム『エンカのチカラ』なのだ。
ジャケットもチカラを感じさせるいい出来栄えです。
まだ聞いていないけど、まったく別の世界観に連れて行ってくれそうですね。
アニメの主題歌を歌った人もいますし、ちょっとこれは聞き逃せない。

ennka2.jpg

【CD】エンカのチカラ-SONG IS LIFE 70’S
発売日: 2008/12/03 定価 2,000円

01:シクラメンのかほり(都はるみ)
02:氷の世界(ちあきなおみ)
03:季節の中で(新沼謙治)
04:わたしの城下町(大川栄策)
05:神田川(島倉千代子)
06:いとしのエリー(八代亜紀)
07:時には母のない子のように(美空ひばり)
08:いい日旅立ち(田川寿美)
09:想い出まくら(森昌子)
10:わかれうた(伍代夏子)
11:硝子坂(長山洋子)
12:夢先案内人(香西かおり)
13:ペッパー警部(石川さゆり) 他

ちあきなおみの「氷の世界」ってちょっと想像が及ばないなあ。

ennka1.jpg

【CD】エンカのチカラ-SONG IS LOVE 80’S&90’S
発売日: 2008/12/03 定価 2,000円

01:聖母たちのララバイ(都はるみ)
02:破れた恋の繕(なお)し方教えます(小林幸子)
03:恋(細川たかし)
04:恋におちて(南かなこ)
05:駅(マルシア)
06:リヴァーサイドホテル(八代亜紀)
07:シルエット・ロマンス(松原のぶえ)
08:for you(吉幾三)
09:HOWERER(前川清)
10:白い恋人達(五木ひろし)
11:Dear again(川中美幸)
12:ジェラシー(石川さゆり)
13:愛染橋(藤あや子)
14:昴(美空ひばり)

石川さゆり、藤あや子は怖ろしいほどの情炎をもって歌い上げるのか。
聞く前から妄想で楽しめます。
稲垣潤一 のデュエットカバーアルバム
先日、なにげにテレビを見ているとNHK「SONGS」で稲垣潤一が歌っていたのだった。
秋元 康も言っていたけど、やっぱり声がいいのかな。
20年前と変わらぬ、優しく気持ちのいい歌声だった。
そして、久しぶりに小柳ゆきも見たのだけど、稲垣潤一とのデュエットした「悲しみがとまらない」が素晴らしく、ほんとうに歌が上手いのだなあ。
気になって調べてみると、なるほど、こんなデュエットカバーアルバムが出ているのだった。

男と女 ?TWO HEARTS TWO VOICES?
稲垣潤一
発売日 2008年11月19日 税込価格 3,000円


P1_G1405239W.jpg

11組の歌姫とJ-POPの名曲をカバー
デビュー26年目を迎えた稲垣潤一が挑む新作アルバム。
11組の歌姫と組んで、J-POPの名曲の数々を、
デュエット仕様にリニューアル・カバーしています。

<収録内容>
◆Hello, my friend / duet with 高橋洋子
◆悲しみがとまらない / duet with 小柳ゆき
◆あなたに逢いたくて?Missing You? / duet with 松浦 亜弥
◆PIECE OF MY WISH / duet with 辛島美登里
◆セカンド・ラブ / duet with YU-KI from TRF
◆サイレント・イヴ / duet with 大貫妙子
◆あの日にかえりたい / duet with 露崎春女
◆人生の扉 / duet with 白鳥英美子 & 白鳥マイカ
◆木綿のハンカチーフ/ duet with 太田裕美
◆秋の気配 / duet with 山本潤子
◆ドラマティック・レイン / duet with 中森明菜

松浦 亜弥から山本潤子までみんな魅力的な歌姫が並びます。
僕たちの世代向けなのだろうけれど、いやあ、ぜひ聞いてみて下さい。
「風のガーデン」の花言葉
大人のドラマなのが、「風のガーデン」。
8話はほんとうに泣けてしまった。今日はどうなるのだろう。
名作だった「拝啓、父上様」と同様に倉本聡脚本、宮本理江子(脚本家・作家山田太一の娘)演出という、僕たちの世代にとってはゴールデンコンビともいうべき作品ですからね。
つい先日もNHKBS2「お宝TVデラックス」で、「岸辺のアルバム」を取り上げていたけど、やっぱりすごいドラマだった。

111890-000000.jpg

倉本聡と山田太一は同世代のライバルともいえる存在で、1981年の倉本聡「北の国から」、山田太一「思い出づくり」は、とりわけ同時間帯の放送で因縁となった。
もちろん、ともに認める存在なのだろう。
キャスティングなどにも共通するものがあったりしますね。
山田太一なら黒木メイサを同描くだろうか。
まだまだ二人のドラマを見続けていたいものですが、倉本聡はこれが最後の連ドラのようでもあるし、山田太一はもうスペシャルドラマくらいしかテレビの仕事はしていないですね。
彼らのドラマで育った脚本家もいっぱいいるけど、まだまだ頑張って欲しいものです。

風のガーデン貞三先生の花言葉ポストカード 1 春?初夏
根来由美/〔画〕 倉本聡/〔著〕
税込価格 1,260円


貞三先生の花言葉もいいですね。
お気に入りはプルモナリア・ルイスバルマー(どんな花だ)の「早熟な乙女はわりとすぐ老ける」

hananoko.jpg

花言葉が毎回添えられるといえば、「花の子ルンルン」。
これで花言葉を知ったり、覚えた人も多いでしょう。
クレマチス、タチアオイなど花言葉はもちろん、知らない花の名前もずいぶん教えてもらった。
もっとも名前だけで、実際の花は知らなかったりするのだけど。
きんぽうげはわかりますね。
映画で「きんぽうげ」というのがあって、内容はさっぱり覚えていないけど、一面の黄色いきんぽうげのなかに恋人たちがいるのだった。有毒植物だったりするらしいのだけど。
花言葉は「無邪気」「子どもらしさ」「中傷」とあって、とあればやっぱり悲恋なのだろうなあ。
エンジニアが選んだアイドルBEST10の第1位は中川翔子
Teck総研のエンジニアが選んだアイドルランキングBEST10というのが発表されていて、その第1位を飾ったのはしょこたんこと、中川翔子だった。
ソフト系とハード系の男性エンジニア、22?45歳の400人にアンケート調査を行い、命題は「今、あなたが熱中している女性アイドル」とした。
今回のアイドルの定義は以下の通り。
「歌手、女優、グラビアアイドル、モデル、タレント、芸人などジャンルを問わないが、『芸能関係の女性』に限る。年齢・国籍は問わない。対象となる人間の演技力、歌唱力、人生観などがファンの理由でも構わないが、それがすべてではなく、異性として興味のあることが条件」というもの。

978-4-8470-3000-0.jpg

ははあ、エンジニア(理系)はこうなるのか、いささかソフト系のエンジニア志向のような気もするけど。
しょこたんはオタク界のアイドルみたいなものですからね。
でもどうせなら文系にもアンケートをとって、その比較をみたいものだなあ。
ずいぶん違ったりするだろうか。

綾瀬はるかファンの「新しい技術工具を開発して製品名を「はるか」と名付け、売上金を上納する」(インフラ設計・構築:33歳)など、いやあ、ちょっと気持ちわかります!?
でも「ブラッディ・マンディ」じゃないけど、悪の組織に取り込まれるような危うさも秘めるようで心配です。
ファム・ファタール(運命の女)ということありますからね。

エンジニアが選んだアイドルランキングBEST10

1位 中川翔子
2位 綾瀬はるか
3位 新垣結衣
3位 南明奈
5位 相武紗季
6位 上戸彩
6位 堀北真希
6位 安田美沙子
9位 小倉優子
9位 長澤まさみ
9位 ほしのあき
9位 安めぐみ

画像は写真集「しょこれみかんぬ」。
映画「さくらん」で監督を務めた蜷川実花と組んだ写真集、作家柳美里と対談したり、その幅ひろい探求ぶりはいまどき珍しい往時のオタクの王道を行くものです。

しょこれみかんぬ 中川翔子×蜷川実花写真集
中川翔子×蜷川実花写真集 蜷川実花/〔撮影〕
税込価格 2,940円


エンヤ 雪と氷の旋律
12月です。
今年の12月は3ヶ月予報では寒くなるとあったけど、はたしてどうでしょうか。
岐阜市内では25年ぶりに11月の初雪となり、寒い冬を予感させますが…。
アイルランドは緯度的に見ると厳寒な国のようにも思えるけど、偏西風や海流の影響もあってそれほどには寒くはないらしい。
しかし、アイルランドの歌姫 エンヤにはこういうジャケットが似合いますね。
どこか雪の女王のようだなあ。
しかし、NHK「紅白歌合戦」特別枠といっても不思議な編成をするなあ。
NHK「SAVE THE FUTURE」に楽曲を提供した同志であるのかもしれないけど、そして地球環境に取り組まなければならない今だけど…。
意外に仲間由紀恵がうまくまとめてくれるのかもしれない。

P1_G5452393W.jpg

【CD】雪と氷の旋律/エンヤ
発売日 2008年11月12日 税込価格 2,580円

白銀の世界の中で光り輝くその歌声。エンヤ、3年ぶりのアルバム!
トータルセールス7000万枚以上、グラミー賞4回受賞アーティスト、エンヤの7枚目のオリジナル・アルバム。2年余りの制作期間をかけたこのアルバムは、ダブリンのAILE STUDIOでレコーディング。

僕は6年くらい前に大病をしたのだが、エンヤはたしかに癒してくれるのだった。