理系・文系を重ねて見る光景は
共謀罪のマイノリティリポート
折も折、映画「マイノリティリポート」をやっていましたね。
折も折というのは共謀罪法案が重要な局面を迎えていたタイミングだったのだけど、この映画、予知能力者たちによる殺人予知システムでの予防的治安維持を遂行する犯罪予防の不安定さ、無謀さを描くものなのだ。
予知されただけで、まだ何も起こっていない犯罪を予防的に阻止するって、科学的にまずありえないし、もちろん共謀罪とも全く別だけど、人間って思い込みをするものだからなあ。
とすれば、それに沿った合理的な物語を作ってしまう…、そういうことなら大いにありうるかもしれない。
まあ、多くは杞憂であっても、それでも権力や科学は暴走することはあるのだ。
また、科学的にも予知はともかく、夢や記憶の研究は進んでいて、その物理的解析、夢や記憶への侵入もSFとばかり言っていられなくなった今では、夢や妄想への意図的介入もあるのかもしれない。
夢や妄想の中では人は犯罪者や背徳者だったり、理性のハードルが極めて低いから、暴走を目的化する侵入なら極めて危険だし、促すだけなら案外たやすいのかもしれない。
僕のような文系の理系好きは科学を文学的に読み込んだり、ファンタジー的な発想を持ち込んだりして夢想するからなお危険かもしれない。
なにかしら物理的な境界線をきっちり引いておかないとアイデアは優れていても実証は外れていくというような。
人は現実においてもかくのごとく、幻想と紙一重のところで危ういバランスの中で生きている。
生きていくということは境界線上を歩き続けることであり、現代はネット、AI、再生医療など一段と細い境界線の上。
夢や妄想をコントロールしようとして、実は夢や妄想に取り込まれる危険も多いのだろうなあ。
竜宮城から帰ってきた浦島太郎が玉手箱を開けておじいさんになってしまうのも時間の経過ではなく夢の代償なのかもしれない。
あるいは藤澤周平の「陽狂剣かげろう」のように陽狂(偽って狂気をよそおうこと)のふりをしていれば、いかにきちんと境界を切り分けていてもいつか本当の狂気に呑み込まれてしまうことがあるように、その境界は自在に蠢く。
僕たちは錯誤を誘うトワイライトゾーンに分け入っていく。

60619955.jpg

スペースオペラ「フラッシュ・ゴードン」も妄想すると「フレッシュ・ゴードン」になってしまうけど、これをけしからんと排除するばかりでもつまらないしなあ。
まあ、どんなに下品なロケットだとしても。
スポンサーサイト
南極の緑生は「樹魔」
【AFP=時事】南極大陸(Antarctica)では地球温暖化の影響で、現代でこれまでにないほど植物が生育しているとの研究論文が18日、発表された。温暖化によって氷の融解が進み、南極の景色が白から緑に変わっているという。論文の共同執筆者で、エクセター大のマット・エイムズベリー(Matt Amesbury)氏は「南極半島(Antarctic peninsula)での過去約50年にわたる気温上昇は、この地域に生育するコケ群に劇的な影響を及ぼしている」と話す。南極半島で採取されたコケのコア(地中から採取した柱状の土壌サンプル)5個には、科学者らが「変化点」と呼ぶ、生物活動が明らかに増加した時期の痕跡が残されていた。

植物は南極大陸全体の約0.3%にしか存在していないらしいけど、このままではその植生も大きく変わってしまうのか。
つい先日には南極のラーセンC棚氷から、米デラウエア州の面積に匹敵する約5000平方キロメートルもの巨大な氷塊が分離する目前だと発表されたばかり。ただし、既に大陸から海にせり出した部分なため、分離しても心配される海面上昇にはならない。
僕は南極の緑生化というと水樹和佳のSFマンガ「樹魔・伝説」を思い出す。

jyuma1.jpg

地球の生物の進化は必ずしも連続的ではなくカンブリア紀のように爆発的にも進行するけど、「樹魔」では別の進化系として超生命体「樹魔」という存在が設定される。
およそ500年後の未来、地球では流星群による大災害があり、南極大陸の各国の基地も閉鎖された。そんな南極で爆発的に植物が進化しながら植生を広げているのが発見される。流星群は南極に超生命体「樹魔」を置いていったのだ。
「樹魔」は南極でたった一人取り残された少女ためだけに純粋に進化の枝葉を爆発的に伸ばし始める…。
進化論って、やっぱり僕には不思議で生存競争など外的要因だけではなく、たとえば個(少女)の意志がこれだけ進化を促すように(マンガですが)、人類全体の様々な想い、希望や怨念たるエネルギーもまた進化の要因となりうるのではないか、人間の想像するものが時間はかかっても全て叶えられていくのを見ると、それは必ずしも文明ともちがう生物的な進化もあるのではないか、そして案外「樹魔」的存在は地球そのものではないかとも思えてきます。
願う存在(生物・人間)と、その願いを受容し守護する存在(地球)。
たった一人の少女のために進化を始めた「樹魔」だけど、小さなツバルの人々の願いは「地球」に届くだろうか。
地球には他にも様々な願い、欲望が渦巻いているからなあ。まあ、これもSF。
我は王蟲なり、ビワコムシ
滋賀県のシンボル・琵琶湖で、気候が和らぐこの季節に大量に発生する虫をご存じだろうか。淡褐色で体長1センチ程度の通称「ビワコムシ」だ。ときには住宅の壁や車などにびっしりと張り付く。今年は特に大量発生し、自治体には住民から「気持ち悪い」との苦情も。ただ、迷惑虫の実態は、環境保全に役立つ“いい虫”でもあった。迷惑害虫とされるビワコムシだが、水生昆虫の研究者によると、幼虫が湖底の泥の中の有機物を食べることで「湖底の浄化に役立っている」。湖に流れ込む生活排水による有機物も食べているとみられる。さらに成虫は鳥やクモの餌になり、琵琶湖周辺の生態系の維持にも一役買っている。人畜無害で環境保全にも貢献しているビワコムシ。外見だけで一方的に嫌わず、“共生”を図る発想も必要なのかもしれない。(産経新聞 )

おお、ナウシカの世界ですね。あれほどでなくてもナウシカ的世界はささやかに密かにどこにも転がっているのだ。
大婆様の言う通り「やがて王蟲の躯を苗床にして胞子が大地に根を張り 広大な土地が腐海に没したのじゃ」 という猛毒の瘴気に覆われた腐海だけど、大いなる浄化のゆえの瘴気だった。
今年は特にビワコムシが大量発生したというなら、琵琶湖に流れ込む生活排水による有機物が多いという汚染のひどさを示すのかもしれない。

img59066534.jpg

「ビワコムシは人間が汚してきたこの琵琶湖を綺麗にするために生まれてきたの。大地の毒を体に取り込んで、綺麗な結晶にしてから、死んで砂になっていくんだわ。この地下の空洞はそうしてできたの」

なんて、琵琶湖のナウシカ姫たちもがんばっているかもしれない。
森も虫も地球の生態系の中で循環し、大地も大気も作られている。
過去、大地を跋扈した恐竜が滅び、大地を覆ったシダ類も失われ、あるいは文明の痕さえも、やがてまだ暗き森や海が、そして小さな生き物たちが長い時間をかけて、ふたたび美しい緑を、生き物溢れる世界を蘇らせるのだ。
今、地球を跋扈するのは人間だけど、ほどほどに生態系の中であまたの自然と共生しようというナウシカ姫の視線はやはり大切なのだろう。
時には人を殺すような激情も持ち、地下室での水耕栽培実験ように真実を見つめる検証的姿勢、メーヴェのような軽飛行機も楽しむようなナウシカは人間そのものでもあるからなあ。
詭弁の罠に落ちるな
森友問題、加計問題、果ては共謀罪、憲法改正など最近多岐にわたって議論されるけど、ものによっては嘘や真が真偽不明のままに飛び交い、重要法案も変なたとえ話や詭弁があふれてしまう。
最近はディベート教育もされるらしいけど、ルールを外れて議論の形骸のみを楽しむというか、都合よく誤用している人もいるかもしれない。まあそんなことが続いていると、おかしなこともそこそのところで落ち着いてしまっているというような感じだなあ。
慣れてしまっているのだ。非日常も続けば日常になる。人は平和にも戦争にも慣れるのだ。
しかし、詭弁ってすごいですからね。日常的には明らかなものでも(たとえば「アキレスと亀」、アキレスは亀を追い抜けないというやつです)、詭弁の罠にはまるとなかなか論破できない。
ということで、以前のブログにもたびたび書いた「男はつらいよ」からです。

博「もし、仮にあんたに好きな人がいてその人の兄さんがお前は大学出じゃないから妹はやれんといったらあんたはどうする」
寅「なに俺に好きな人がいてその人に兄さんが…バカヤローいるわけがねえじゃねえか、冗談言うなって」
博「いや仮にそうだとしても、俺と同じ気持ちになるはずだと」
寅「冗談言うなよ、俺がお前と同じ気持ちになってたまるか、馬鹿にすんなこの野郎」
博「なぜだ?」
寅「なぜだ、お前頭が悪いな、俺とお前は別の人間だ、早え話が俺が芋を食えば、てめえの尻からプッと屁が出るか?どうだ」
博「…」

僕なら思わず絶句するか、ちょっと感心してしまうか、あるいはクラインの壺のようであればそういうこともあるのではないかと、相手の議論に乗ってまんまと詭弁の罠に落ちてしまうような気がします。
無学者、論に負けずというべきなのか、寅が天才なのかよくわからないほど面白いけど、まあ、言葉尻をとらえるだけ、あるいは話の論点が変わってしまっているのに、世慣れしたインテリの博でも煙に巻かれてしまう。
議論の強さは頭の良し悪しだけではないのだ。だけど押しの一手で勝ってもなあ。
かたや野党の反論も安倍首相と同様に微に入り細に入り過ぎて、かえって本質が見えてこず、ともに自ら詭弁の迷宮に入り込んでいる。

kibenn.jpg

過去の批判が自らに返ってくるというのも詭弁のひとつ相殺法ともいうべきもので、
ママ「〇○ちゃん、宿題すんだ?」
息子「ママ、洗濯すんだ?」
という、なにやら子供のようなやりとりと変わらぬような気がする。
ギャフンと言わせて終わるのではなく、公平の原則を踏まえてそれぞれの落ち度認め、解決としなければなあ。
まあ、国会は詭弁と強弁ばかりで、これで通してもあまりいい結論とはならない。
安倍一強では「泣く子と地頭には勝てぬ」と言われるように、無理が通って道理が引っ込みがちなので、一層の自重が必要でしょう。
これは野崎 昭弘先生の「詭弁論理学」を参照して書いているけど、先生によれば詭弁術に押されない、また気づかずに操ったりしないための心構えを紹介しています。

1 無理やり説得しようとするな
2 時間を惜しむな、打ち切るのを惜しむな
3 結論の吟味を惜しむな
4 わからないことを恥じるな

この本で僕が好きなのは付録の「鏡をめぐっての会話」。鏡見ると左右は逆になるのに上下はなぜ逆にならないのかってやつですね。ずっと左右や鏡に悩まされてきたからなあ。
昭和51年発行の名著です。
共謀罪法案の妄想・現実・幻想
政府は21日、組織犯罪処罰法改正案を閣議決定した。犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の新設を目指すが、戦前・戦中の治安維持法による監視社会を招きかねないとして、表現活動に携わる人たちが反対の声を上げている。兵庫県内では77年前、同法違反容疑で文学青年らが逮捕された「神戸詩人事件」が発生。事件に詳しい詩人季村(きむら)敏夫さん(68)=神戸市垂水区=は「権力による表現の自由への介入を許す危険性がある」と警鐘を鳴らす。(神戸新聞NEXT 3/21)

まあ、まさかとも思いますが、文学青年、理系少年、妄想オタクなどは頭の中ではとんでもないことを考えたりしますからね。
仲間が集えばさらに妄想は深まり、文学青年、理系少年、妄想オタクの別種まで結集すれば、理論的、緻密な妄想にもなりえて、たしかにここに扇動者でも登場すれば危ないことにもなるかもしれない。
たった一人でも兼ね備え、自己完結させる人だっているかもしれない。
「神戸詩人事件」のことはよくわからないけど、詩を嗜むような文学青年だからなあ。
人間の根源に潜むものを文学で表現しようとする人たちと社会の実相で捉えようとする人たち…、ううむ、よくわからん。
ただ、これら人間の根源に潜むものはもちろん、取り締まる側にもあって、ささやかな妄想が恐るべき妄想に見えてしまう、あるいは職業柄、見ようとしてしまう傾向もあるだろうから、やはり人はそれを身に染みて知っておくべきなのでしょう。
ちなみに僕は子供の頃、電車の線路に耳を当てて音を聞いていたこと、傘の柄に2B弾を仕込んで発射実験を行なったこと、台風の時、風呂敷を広げて堤防を駆け降り飛んだこと、梵鐘を揺らそうと1日中念じたこと、地図帳で世界制覇を目論んだこと、天気図で超巨大台風を上陸させ日本列島を縦断させたこと、静電気発生器で金魚の蘇生を試みたこと、チャンバラ好きが高じて秘剣 位相微塵斬りを編み出したこと、砲丸投げの真似をして大石を投げ、便所の換気塔を壊したこと…などがありますが、大丈夫でしょうか。

tomitasabisinn.jpg

映画「さびしんぼう」のようなめぐり合い(チェーンの外れた自転車の少女を助ける)も繰り返し妄想したけど、そんなこと一度も起こらなかった。
ほとんどの妄想は「おーい、さびしんぼう」って呼びかけているだけかもしれない。
さて、こんな純朴なる夢は終り、エンディングの「別れの曲」流れ始めたとき、突如、公安警察が踏み込んでくる。
青春の夢と恋、その遥かなる郷愁と幻想に襲いかかる公安警察の魔の手。「さびしんぼう」は砕け散ってしまうのか。
愛と幻想とその破壊と希望を描く純愛サスペンス巨編「さびしんぼうに触れるな」いよいよ近日公開…なんて妄想がまた始まり、妄想を信じた連中がほんとうに映画化を進めたり、いよいよ現実と幻想は虚実入り乱れ迷宮に入り込む。