理系・文系を重ねて見る光景は
「パパ活」 花であることを願うこと
「パパ活」というのを深夜ドラマでやっていて、どっかで見たようなテイストだなあと脚本家を見ると野島伸司だった。
かつて、あれほどの人気脚本家だったのに深夜ドラマなのか。
いや、この作家はテーマ性からもやはり本来はマイナーで、こうあるべきだったような気もする。
「パパ活」というのは女性が男性から金銭的支援を受けるため肉体関係のない交際をするというものらしいけど、まあ、実際はさまざまな欲望や事情もあるだろうから、たぶん、そんな単純ともいかないだろう。
ドラマの「パパ活」は野島伸司らしく、娘を失った大学教授が娘の純粋な代償としてのみの若い女性を求めるもので、恋愛感情が少しでもほの見えると関係を解消してしまうというもの(娘から逸脱する)。
一方のヒロインもそんな病んだ心?を理解しながらも交際を始めるのだが…。

子供が大人になる時、無垢なるものからの葛藤に過度に揺れるものがあるけど、大人になってなお無垢・純化を求めれば人は植物のようになってしまうのだろうか。
そんなテーマでもあったのがやはり「美しい人」(田村正和・常盤貴子主演)で、もう、花のような美しい人になるしかない。
月9ドラマだった「薔薇のない花屋」もそんな主人公で、ぎこちなく語られる「世界一長い告白」は、まるで雄しべから雌しべに蜜蜂や蝶が花粉を運ぶような植物的な長い告白だった。

haiiro.jpg haiiro1.jpg

ギリシャ神話や少女マンガ的世界でもありますね。
水樹和佳「灰色の御花」では自分はピンクの花だと信じて疑わない孤独な少女エリアヌとやはり戦争で心に傷を負った青年ロジェの物語。自分が花でないのは呪いがかけられて人になったというのだ。
少女は過酷な運命に翻弄され、絶望し人として砕かれ、最後に一筋の希望だけを胸に花として眠りについてしまう。
ゲーテの「ミニヨン」も思わせますね。
ずっと野島伸司にもこういうテーマが根底にあり、「パパ活」も今の時代性や深夜枠もイメージしながら、根っこはやはりここにあるような気がします。
さて、どんなファンタジーにと思っていたら、突然、衝撃的な展開に。
やっぱり、これも野島伸司、というか、人というものなのだなあ。

エリアヌはそうして自分が人であることを知り、絶望するだろう。
その時はこうして話してやってほしい。
人は誰のがほんとうはおまえのように生きたいと願っているのだと。
願いながらそうはできない自分を悲しんでいるのだと。
この悲しみが孤独をよび、孤独が愛をよぶ…愛はそれゆえ 自体罪深いが同時にそれゆえ…
罪や悲しみをつつみこみ、とかしてしまえるのだ。
神の愛はもちろんすばらしいのだが人の悲しみを理解できるのは人しかいない…
神は罪をおかしたことがないのだから…

そして、長い、長い冬が終わり、ようやく春の訪れのように少女は大人となり目覚める。

ぼくたちはほんとうにひとなのだ
過ちにみちた悲しい…しかしこうして完全に理解しあい 許しあい
対等に愛し合える唯一の存在なのだ
開かれた灰色の瞳が あの幸福な夢を よみがえらせる
ぼくはとけてゆく罪の音をききながら
綴じた眼の奥に 光を感じていた

「灰色の御花」(水樹和佳)より
スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

時の花の刹那、真の花の永遠
「やすらぎの郷」が拓いた団塊世代向けの「ドラマ」。
「トットちゃん」に続いて「越路吹雪」ですね。展開が妙に早いのも老年にさしかかろうとする時間の早さゆえなのだろうか。
どうやら続編?「やすらぎの刻~道」(脚本 倉本聰)も決まったらしいから、こういう枠も定着していくのだろう。
以前にも書いたのだけど、子供時代から老年までのあっという間の流れをみていると、「やすらぎの郷」で秀さんの言った「時の花」「真の花」という言葉を思い出す。

「やすらぎの郷」より。
「姫、九条摂子さん(八千草薫)はゴンドラの歌が好きだったそうです。(いのち短し 恋せよ乙女 朱き唇 褪せぬ間に 熱き血潮の 冷えぬ間に 明日の月日は ないものを)世阿弥の花伝書に従えば、若い時代の姫の美しさは彼の云ういわゆる“時の花”です。それに対して今の美しさは、幽玄を秘めた“真の花”です。今の方が自分は美しいと思います」(秀次)

どうなんでしょうね、「真の花」。人は果たして「時の花」を越えて「真の花」を見るものなのだろうか。
坂口安吾ですら「堕落論」のなかで、「~未完の美は美ではない。その当然堕ちるべき地獄での遍歴に淪落(りんらく)自体が美でありうる時に始めて美とよびうるのかも知れないが、二十の処女をわざわざ六十の老醜の姿の上で常に見つめなければならぬのか。これは私には分らない。私は二十の美女を好む」と書いていますからね。時の花は刹那の花だからなお愛おしいのだろう。
やはり倉本聡のドラマで「風のガーデン」というのがあって、こちらはほんものの花が多く出てくるのだけど、倉本聡オリジナルの?花言葉が秀逸で、僕のいちばんのお気に入りの花言葉はプルモナリア・ルイスパルマー(どんな花だ)の「早熟な乙女はわりとすぐ老ける」。
バーベナ・ハスタタ・ピンクスピアーズなんてのも「どうせあたいは田舎者、街の女にゃなれないの」で、「マイ・フェア・レディ」や何か宝塚の舞台でありそうな台詞のような気もして、宝塚版「風のガーデン貞三先生の花言葉365物語」などがあってもいいかもしれない。まあ、公演するならやっぱり「花組」でしょうね。

hananoko.jpg

花言葉が毎回添えられるといえば、「花の子ルンルン」というのもありますね。
これで花言葉を知ったり、覚えた人も多いでしょう。
クレマチス、タチアオイなど花言葉はもちろん、知らない花の名前もずいぶん教えてもらった。
もっとも名前だけで、実際には見たことないものも多い。
きんぽうげはわかりますね。
映画で「きんぽうげ」という作品があって内容はさっぱり覚えていないけど、一面の黄色いきんぽうげのなかに恋人たちがいるのだった。もっともきんぽうげは有毒植物だったりするらしいけど。
その花言葉は「無邪気」「子どもらしさ」。続いて「中傷」とあって、実際の花言葉も一筋縄ではいかない。
映画「ひまわり」も美しく切ない物語だったけど、あれは「時の花」(リュドミラ・サベーリエワ)「真の花」(ソフィア・ローレン)という暗喩をイメージしての「ひまわり」だったのだろうか。
ちなみに花言葉は「あこがれ」「あなただけを見つめる」「熱愛」「情熱」。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

「三匹のおっさん」スペシャルのニュー・シネマ・パラダイス
もう1月も下旬なのか。
お正月と言えばスペシャルドラマなのだが、まあ「相棒」や「都庁爆破」などのスペシャル版もいいけど、正月らしくのんびり見られるのは「三匹のおっさん」スペシャルみたいなものでしょう。
やはり映画で街を盛り上げようというのは同じテレ東ドラマ「ユニバーサル広告社」でもあったけど、こちらは「ニュー・シネマ・パラダイス」のような趣向ありのスペシャル版。
このドラマに登場した今どき珍しい個人による単館映画館「ひかり座」(ドラマ設定)は、けっこう椅子もよくて、高低差もしっかりあってなかなか立派な劇場だった。
映写室から劇場を覗くのも実際、あんな感じで、僕がかつていた映画館は2階席を別料金の特別席としていたけど、まあ、とりたてて特別なことはなく、単に2階席ということだったので、たまに利用するのは二人だけの世界を求めるカップルくらいだった。
たまに映写室から呼ばれてトラブルかと慌てて行くと、「こっちこっち」と映写技師が映写口から2階席を覗いていて、カップルがいちゃついているのであった…、オレ!

nitigeki.jpg

しかし、もう今ではフィルム上映するところは少ないから維持していくのも大変だろうなあ。
フィルムもなかなか配給会社が貸し出してくれないらしいからなあ。
以前、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」にも昔ながらの映画館が登場したけど、そこはもっとすごくて映写機が一つしかなく、何本もあるフィルムロールを繋いでいくもので、僕は初めて見た(ふつうは2台の映写機で交互にかけ、映写する)。
昔の地方の劇場、とりわけ僕がいたような2番館などは予算もないから椅子もロクに更新できずボロいままで、劇場によっては傾斜もあまりなくて前座席の人の頭が邪魔なことも結構多かったし、トイレなども少し怖かった。
それでも、もし、映画館で映画以外に悪ガキどもが胸をときめかすようなことがあるとすれば、テケツ(チケット売り場)のおばさんではなくて、モギリのお姉さんじゃないかなあ。モギリはアルバイトの女子学生がやることもあったからね。
それはともかく。
今回、「三匹のおっさん」でおっさんが三匹ではなくて二匹(北大路欣也、泉谷しげる)の活躍が多かったのはもう一匹の志賀廣太郎が「陸王」で忙しかったからだろうか。
大野拓朗も出番が少なかったけど、こちらも「わろてんか」があるものなあ。
しかし、このドラマの設定でいちばんわくわくしたのは志賀廣太郎の娘役の三根梓かもしれない。
なにしろ、彼女のデビューは映画「シグナル 〜月曜日のルカ〜」で、ミステリアスな古い映画館の映写技師役で主演をやっていたのだ。
なにか、映画館に縁のある子なのかもしれない。ちなみに「月曜日のユカ」ではありませんよ。
さて、画像の劇場、わかりますか?どーこだ?

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

「西郷どん」「平成細雪」「越路吹雪物語」のもう一つの楽しみ方
いよいよNHK大河ドラマ「西郷どん」がスタート。
最近は戦国にしろ、幕末にしろ女性をメインに描かれることも多かったけど、今年は「西郷どん」。
といってもまた篤姫なども出てきますからね。またぞろ、大奥の風景も出てくるのだろう。
「篤姫」では宮崎あおい、「西郷どん」の篤姫は北川景子でまた艶やかな衣装も披露してくれるのでありましょう。

35411629.jpg

さて、氏家幹人氏(歴史学者)によれば、大奥で日々使われていた調度や織物、とりわけ奥女中が身にまとっていた衣装は圧倒的で面妖というしかないほどの豊かさで、皆目なんのことか分からなかったという。
それでひもといたのが幸田文「きもの」なのだが、少女から女へ成長していく自伝的小説らしく、著者幸田文が当然のように使う錦紗縮緬、捺染木綿、背縫、裁着袴、半肩など、女性なら少しわかるのかもしれないけど、全て目が点。
また明治27年生まれの森田たまは「もめん随筆」のなかで「身を飾ることでもなく、女の財産として箪笥にしまうことでもなく、1枚の着物に美女の姿を思い浮かべ、その美女を購うこと。女が着もしない着物を欲しがるのは男の放蕩に匹敵する好色」だといい、さらに幕末大奥の権力者姉小路は「男女の情欲が禁じられた大奥では、美食と美しい着物が許されなければ、女たちの情欲を抑えることは出来ません」と語ったというからなあ。
ゆめゆめ、女性の衣装、身を飾るものをおろそかにしてはいけないのだよ。男たちよ。
NHK「平成細雪」の艶やかな四姉妹でも美しい女性、着物が堪能できるけど、女性のほうがより堪能するということなのだろうか。
宝塚ファンの情熱を見ると、まあ、そんな気もします。
テレ朝「越路吹雪物語」もいよいよコーちゃんが宝塚音楽歌劇学校に入学です。
名前を奪われし者たちの寓話「anone」
あのね、話題の「Mother」、「Woman 」に続く日本テレビ、坂元裕二オリジナル脚本シリーズ「anone」です。
同じ坂元脚本のフジテレビ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」などからいちだんと詩的な作りなのだが、やはり普遍的なテーマは「名を奪われし者たち」の物語。「Mother」における「怜南」と「継美」、そして「anone」における「ハリカ」と「ハズレ」。
あるいは「明日、ママがいない」(脚本 野島伸司・松田沙也)の「ポスト」。
しかし、ああいうような施設には必ず風見鶏があったりするのだろうか。
それとも映画「シベールの日曜日」のイメージが浸透しているのか。

top.jpg

「シベールの日曜日」は繰り返しの紹介したけど、戦争で記憶を失った青年と家族に見捨てられた少女との魂の触れ合いとも言うべき美しく、切なく悲しい物語。
泣かずにいられないのは少女から青年へのプレゼントで、少女は教会の屋根にある風見鶏を取って来てくれたら大切なものをあげるというのだ。
何も持たない孤児である少女の心からの青年への大切なプレゼントって何だと思いますか?
それは少女の真実の名前シベールだった。
名前は単なる記号ではなく、自分そのもので大切ものなのですね。
「Mother」、「明日、ママがいない」だけでなく、「君を知るや南の国」(ゲーテ)でも「あしながおじさん」(ウェブスター)でもNHKドラマ「わたしをみつけて」、「わたしを離さないで」(カズオ・イシグロ、TBSドラマ)でも、名前は大切なものだった。
とりわけ、親から名前をもらえなかったり、奪われた子にとって宝物のように大切なものだった。
存在そのものといってかもしれない。
まあ、「千と千尋の神隠し」「クリスタル・ドラゴン」のように名前を奪われてしまうと怖ろしいことにもなりかねませんからね。
風見鶏が象徴的に使われるのは名前も誕生日もは単なる記号ではなく、自分そのものへの道しるべなのかもしれません。
子供の名前は大切に呼んであげましょう。誕生日も忘れずに祝ってあげましょう。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ