理系・文系を重ねて見る光景は
『半分以上、青い。』岐阜県
女優の永野芽郁(17)が20日、2018年春から放送されるNHK連続テレビ小説第98作『半分、青い。』(月~土 前8:00 総合ほか)のヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)役に決定した。ヒロイン役が発表されると、会見場からは「オー!」というどよめきが起こったが、一番目を丸くしていたのは永野本人だった。(中略)舞台となる岐阜県の印象についても「すごくのどかな街のイメージがあって、木が多くてマイナスイオンが多そうみたいな…あっ、決して悪いイメージではないですよ。これからもっと勉強します」と茶目っ気たっぷりに打ち明けた。(オリコンニュース)

そうか。やはり今でも岐阜は木、山のイメージであったか。
「岐阜県民の歌」でもすぐ出てくるフレーズは♪岐阜は木の国山の国♪だから、都会の女の子であれば、まあそうでしょう。
今でもというのは画像の左が1952年の児童年鑑、右が今年の6月22日の中日新聞の広報記事で、おお、岐阜は今も山の中。
木の国、そして水の国なのだ。

kinokuni.jpg yamanokuni.jpg

でもまあ、日本そのものが木の国山の国、木の文化だからね。
古来からの森を守り継いで土壌も豊かに、多様な生物も慈しみ、水を貯え浄化し、マイナスイオンはよくわからんけど、二酸化炭素も吸収してくれるからね。
また日本が誇る荘厳・華麗な城や寺社仏閣から我ら庶民の家屋も多くは木造なのだ。
中国や韓国もやはり木造りだけど、楠や松だったらしく、日本は檜だった。
この木の違いは道具の発展にも変化をもたらし、楠、松は材が固く、中国や韓国ではのこぎりやカンナも押すものとなり、材の柔らかい日本は引くものとなった。
押しの文化と引きの文化とは牽強付会に過ぎるだろうか。
最近は引いてもダメなら押してみようって感じもあるけれど、まあ、基本は引きだからなあ。
日本も少子化問題など経済も引きの時代に向かうけど、引きの文化だから、それにふさわしい対応も自ずと持ち合わせているのかもしれない。
国土は青い(若い)のだし。
日本のしなやかな伝統美の根幹は木であり、檜だったのだよ、ね、芽郁ちゃん。
ちなみに岐阜の森林面積は『半分、青い。』どころか約80%で全国第2位。
スポンサーサイト
「警視庁いきもの係 」千載具眼を持って見よ
フジ「警視庁いきもの係 」って、なかなか上手いタイトルだなと思っていたら、オープニングのタイトルバックはさらに見事だった。
超絶技巧と言われた伊藤若冲の「鳥獣花木図屏風」 を使っているのだ。
昨今の伊藤若冲ブームでテレビでもあまた特集されていて、どうも見覚えのある絵だなあとと思ったら、まさしく若冲。
やはり伊藤若冲の超絶技巧、精神性、奇想性はオタク的シンパシーがあるのだな。
宇多田ヒカルの「サクラドロップス」のビデオクリップ(キャシャーンの紀里谷和明監督)も若冲へのオマージュでもあったし、「警視庁いきもの係 」もてっきりアイドル橋本環奈のためのドラマかと思いきや、若冲を持ってきたのは実はアイドルオタクの感性に向けられた挑戦、あるいは何かしらの決意なのかもしれないぞ。
まあ、若冲もいきものはいっぱい描いているし、犯罪捜査に意外な視点から真相を解明するアイドルいきもの係巡査(橋本環奈)は若冲の「千載具眼の徒を俟つ」というところの、千載具眼の徒をイメージしたのかもしれぬ。

jyakutyuuzou.jpg

その超絶技巧とも言われる若冲だけど「今の画というものは、みな手本をもとに描くばかりで、いまだ物を描けたのを見たことがない、そして技術によって売れることばかりを求めていて、技術以上に進むことが出来ない」と述べていたというからね。
技術以上に進むとは何かということになるのだけど、いよいよフジも一見売れ線のアイドル路線と見せかけて、実はなにかしら技術以上に進もうとする奥深い意図を秘めたオタクが躍動しているのかもしれないなあ。
僕はオタクの上りは「だんな芸」ではないかとも思うけど、すなわち、うんちくは語るけど芸は極めない、玄人はだしになっても、玄人にはならない、いつまでもなんでも面白がる精神…、というところから、このドラマは始まっているのかもしれない。
「警視庁いきもの係 」ってアイドルドラマには違いないけど、さまざまな秘められた「だんな芸」も楽しめるドラマなのかもしれない。
「侮るな、千載具眼を持って見よ」なんてね。
そして、テレビマンはプロだから「だんな芸」も越えて、技術も越えて…。

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

「ひよっこ」のビートルズがやってくる
NHK朝ドラ「ひよっこ」のビートルズの宗男さんのエピソードは泣かせますが、戦争下の極限での状況の不意の出会いであれば絶句するのみで、あんな状況もあり得るのではないかとも思えます。それはともかく。
それにしても当時(1966年)のビートルズファンが300万というのほんとうだろうか。シングルで一番売れたのは「レット・イット・ビー」だと思うけど、発売されたのは1970年でそれでも累計138万枚というからなあ。
たしかにちょっとかっこつけた中高年は誰もビートルズファン(当時は不良呼ばわりされた)のような顔をするけど、実際は渋谷陽一の言うようにほんとうは当時クラスに1人くらいしかいなかったはずなのに、十数年経ったらみんな「俺たちビートルズ世代」とは…、お前ら本当は「橋幸夫世代だろう」なんてこともありそうな数字のような気がする。
事実、生真面目な僕の兄は橋幸夫ファンで、対抗上?、僕は舟木一夫ということなってしまった。
田舎の孤高なるビートルズファン宗男というのがほんとうのところじゃないかなあ。

nitigeki1.jpg

まあ、僕はビートルズ世代に少し遅れるけど、映画館でビートルズ映画大会も何回も組んだりしたので…。
僕は大学卒業後映画興行会社に就職していて、最後の1年は名画座というか2番館にいた。
そこで定番のようにあったのが「ビートルズ大会」だった。
「レット・イット・ビー」「HELP!」「ヤア・ヤア・ヤア」の3本立てが多く、ときには「マジカル・ミステリー・ツアー」というのもあった。
2番館もなかなか人は入らず、そのなかでビートルズものは安定的に見込める貴重な定番映画だったのだ。
どこの名画座でもよく上映されていたのだろう、あるいはフィルムが少なかったのか、上映するフィルムはけっこうぼろぼろでよく切れたりした。今では信じられないようなことだけど、フィルムが切れてスクリーンに何も映ってないということが昔はあったのだ。
繋ぐには切れた部分をきれいにカットしてテープで貼るのだけど、ビートルズの「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」などはよく繰り返し上映されていたからほんとうにぼろぼろで、テープで何箇所も貼りなおされていた。
上映してみると配給会社から来る資料の本来の上映時間より数分近く短くなっているほど、切れまくっていたのもあった。
映像が飛ぶということはもちろん、音も飛ぶのだ。ましてや音楽映画なのに。
それでもクレームはつくことはなかった。
映像も音も悪くても見られるだけで、聴くことが出来るだけで幸せだった。
まさに宗男の境地のようにも思うけど、ビートルズが偉大なのか、音楽そのものが偉大なのか、その当時の日本人が偉大なのか。
それが今ではずいぶん些細なことでも目くじらを立てるようになってしまったけど、どうなのかなあ。

テーマ:THE BEATLES - ジャンル:音楽

ブラタモリ、名古屋に来る
タレントのタモリさんが全国各地を巡るNHKの人気番組「ブラタモリ」で10、17日の2回にわたって名古屋編が放送されましたね。
タモリはかつて名古屋を笑いのネタにしたこともあって、名古屋編が決まると放送前から東海地方では新聞などでもずいぶん話題になっていた。
また全国主要8都市の中で「行きたくない街ナンバーワン」となった名古屋市では番組を“汚名”返上のきっかけにしようと、PRに力を入れていたとはいえ「歴史的和解」などとは少しあおりすぎ。
もっともタモリはそんなわだかまりはみじんも感じさせず、いつも通り楽しく案内されていた。
しかし、名古屋城は大きかったんだね。石垣の違いも、その謂れも初めて知ったけど、全国の多くの視聴者はなぜここまで来て天守閣に登らないのかとも思ったのではないかなあ。
実は放送でも言ってはいたけど、あの天守閣は空襲で焼け落ち、鉄筋コンクリートで復元されたものなのだ。
木造復元を狙う河村名古屋市長としては願ったりのタイミングだったかもしれない。
でも、タモリがネタにしたものって、名古屋もそうだけどほとんど印象とかひらめきであって、おそらく他意はない。

sikinouta.jpg

僕のよく覚えているのは「四季の歌」批判ネタというのがあって、これには「四季の歌」を好きな女性対する考察というものも書かれていて、まあ、見事にコテンパン。
たしかにいささか気恥ずかしい歌詞ではあるので、思わず茶々を入れたくもなり、「若い根っこの会」の匂いがすると言われれば、実態もよく知らないけど、なるほどと思うような見事に本質を突くがごとくなセンスであり、そう、ごとくであって実際は他意はなく(だから始末が悪いともいえるけど)印象、イメージの連想に過ぎない。
と同調しながらも、ややどぎまぎもしてしまうのは「四季の歌」にすこし寄っている自分もいるからかもしれないけど。

でもまあ、自虐的になりすぎでしょう。名古屋は家康が天下を見据えて作った街なのだ。
わが岐阜県などは「岐阜は名古屋の植民地」なる本なども出ていて、なんだろうなあ、これって。
岐阜もまた、信長が命名したという街なんだけどなあ。
さて、「ブラタモリ」、岐阜はいつになるのだろう。
岐阜市より、高山や白川郷あたりになってしまうか。
信長の居城たる岐阜城のある金華山も天領だった故の照葉樹が守られ、またその固いチャート構造を利用して金華山内部には日本初の大規模地下空洞式配水池もあって、けっこう楽しいと思うぞ。
「ブラタモリ」は地理・地質の重要性の理解を深めたと日本地質学会から表彰されたけど、その日本地質学会が去年、全47都道府県で初となる県の石を定めていてもいる。
県の石は岩石・鉱物・化石のなかからそれぞれに3つ選ぶという実にマニアックなもので、ちなみ岐阜県はチャート(木曽川(鵜沼-坂祝),飛水峡,金華山)、鉱物はヘデン輝石(神岡鉱山)、化石はペルム紀化石群(大垣市赤坂金生山)と来た。
よほど、「ブラタモリ」にがんばってもらわないと。

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

老大家の時代 老大家子供に帰る
前回に続いて「老大家の時代2」です。
テレ朝『やすらぎの郷』がすごいと書いたばかりだけど、「秀さん」こと高井秀次失踪事件、どうケリを付けるのかと思ったら、何と驚くべきファンタジーで片づけてしまった。

「ほらみんな眼鏡とか時計なくしてないないって2〜3日捜してもなくって諦めかけてたら急にある朝、目の前にあって。 あれ?なんだって…。経験あるでしょ?あれやるのよ」
「いなくなっていた秀さんがある朝、気づいたらちゃんとベッドの中にいるんです。あれ?なーんだ。いたじゃん!ってみんな思っちゃうんです、ねっ」
「いたのにみんな見えなかったのね。それが突然ある朝見えるのね」
「なーんだ!いたじゃん!どうして今まで見えなかったのかな?」
あの、 眼鏡と秀さんじゃ大きさが違います。
「馬鹿ねえ。 原理は同じ事よ」

なるほど、どうすれば誰も傷つかずに事態を解消するにはもうファンタジーにするしかない。
なんか、「カルテット」のアリスちゃんのような強引さでもあるけど、幸い、老人には眼鏡のようなことがあるといえばあり、永遠の乙女のような九条さん(八千草薫)の言葉はかわいい魔法のようであり、おまけに秀さんは無口だった。
老人は子供に帰るとも言われるけど、こういうことでもあったのか。
子供だけにトトロが見えるように、老人は「秀さん、なーんだ!いたじゃん!」で押し通せるのだ。

fuannteikaranohassou.jpg

あるいはオタク。
僕は「飛べ!フェニックス」という映画が好きなのだけど、サハラ砂漠上空で輸送機が、砂嵐に遭遇した上にエンジントラブルを起こして、砂漠のど真ん中に墜落してしまう。
12名が生き残るけど、絶望的な状況に追い込まれていくなかで、一人が思いがけない提案をする。 墜落機のスクラップから飛行機を自作して、砂漠から脱出しようと言うのだ。
機長は反対するがワラにも縋る思いの生存者たちは、この試みに賭けてみる事にする。
かくして、紆余曲折・波乱万丈のなか「フェニックス」と名付けられた飛行機が誕生するのだ。
ところで提案した青年は航空機デザイナーと名乗るのだが、ある日、機長は青年の持つカタログを見てしまう。
「そのカタログは君の会社のものか」
「ああ、そうだよ」
そのカタログは模型飛行機のものだった。本物の飛行機の設計などしたことはなかったのだ。
「でも、原理は同じだ」
ドイツ青年のオタクぶりが見事です。ラストはぜひ映画をご覧ください。

画像は航空力学の権威、佐貫亦男「不安定からの発想」。
「人も飛躍するためには最初から安定を求めてはいけない。空が不安定であることを受け入れ、過度な安定に身を置かず、不安定な状態を自分の力で安定させてやろうと勇気を出してこそ、道が開けるのだ」と。
青春も、あるいはまた老年も不安定で、まず不安定であることを受け入れてこそ、さまざまな道もあるのだろう。
倉本聰の『やすらぎの郷』がまさにそれで、こんなドラマもありえたのだし、しかもヒットしたのだ。
まあ、僕なんか子供・青春・壮年…ずっと不安定なんだけどね。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ