理系・文系を重ねて見る光景は
キトラ天文図の現場100回
もう七夕も終わってしまったけれど、部屋の整理をしているとこんな星座表が出てきた。
最近はゆっくり空を見上げることも少なくなったけど、やっぱり、宇宙はロマンに満ちているなあ。
夜の空にはまだ無限の星があり、有限の星が輝いている。
ロマンを誘うといえば、奈良県明日香村の国特別史跡・キトラ古墳(7世紀末~8世紀初頭)の石室天井に描かれていた天文図もそうですね。
以前に文化庁などは星の位置関係を調べた結果、紀元前1世紀半ばと、紀元後4世紀に中国で観測された星が共に描かれている可能性があると発表していて、キトラ天文図の星の配置は独特で、原図に該当する星図は見当たらないという。
星の位置は年々変化しており、発表した中村元教授は天文図に描かれた20個以上の星宿(せいしゅく)(星座)の位置から年代を推測し、その結果、紀元前1世紀半ばごろの観測と判断した。紀元前の星の位置を記録したとされる古代中国の「石氏星経(せきしせいきょう)」とも整合したという。

驚くべき古代のロマン。
僕は哲学や宗教などの一部はもしかしたら古代のほうがレベルが高かったのではないかと思っていたのだけど、天文学もそうだったのかもしれないなあ。
今より圧倒的に夜は長く暗く、親しむものであって、星はそれこそ美しく降るように見えたに違いなく、誰もがロマンや科学、興味の対象だったのだろう。すそ野が広ければ学術的な知見も高いに違いない。
キトラ天文図の作成には惑星研究、あるいはそのための観測機械など現代にも匹敵するような知識、科学技術基盤を要するはずで、一人の天才ではなく発見・発明を生むべく社会全体の関心・成熟があると思う。

seizahyou.jpg

昔の天文学者ってピタゴラス、ケプラーのように哲学や数学はむろん、音楽、あるいは日本の安倍晴明の陰陽道、「天地明察」で知られる渋川春海の囲碁、日本全国を測量し、精密な日本地図を完成させた伊能忠敬など、幅広い教養の上に立ち、現代の科学に及ばぬ部分もカバーし、凌駕するところもあったのではないだろうか。
なぜ石室天井に天文図を描いたのか。死者の帰る場所なのか。死者が見るのか、生者も見るのか。
案外、星座盤のように天文図を背景にこんな星座表を回していたりしてね。
そして石室では宇宙から届く雑音の省かれた天上の音楽が聞こえたりして。
一度、石室に一人入って、一日中寝転んでいたいものだなあとも思うけど、やっぱりちょっと怖いか。
刑事の現場100回じゃないけど、そういう研究のあり方もありはしないだろうか。
スポンサーサイト
人類の起源は30万年前
【AFP=時事】(更新)現生人類ホモ・サピエンスは、30万年前にアフリカに生息し、現代の人々とそう変わらない顔つきをしていたとする論文が7日、発表された。人類の起源が定説より10万年早かったことを示す研究結果だ。
ホモ・サピエンスは約20万年前にアフリカ東部に現れたというのが20年来の通説だったが、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された2件の論文によれば、これを覆す画期的な化石がモロッコで見つかった。
この発見により人類の進化の系統図が書き換えられ、既に絶滅したホモ属の一部が人類の祖先としての候補から除外される可能性もある。

いや、人類の誕生はどんどん遡るなあ。
現生人類の定義や過去の発見が覆されたり、中高生時代(ピテカントロプス、北京原人など)の知識で留まっている僕にはもうさっぱりわからない。

nennpyou1.jpg  nennpyou2.jpg

現世人類はともかく、今では霊長類の進化は8500万年くらい前まで遡れるらしいから、さらに研究が進めばマンガ「原始少年リュウ」(石森章太郎)のようにティラノサウルスと旧人類が共存していてもとも思うけど、霊長類の祖先ならともかく旧人類でもさすがに無理。
もっとも「原始少年リュウ」ではマンモス狩りもしていて、このあたりは地球史に沿うもので、そういえばギャラクシーのCMでもタイムスリップしてマンモスの時代まで漂着するといのがあるけど、ああいう出会いはあるかもしれない。
マンモスの絶滅については気候変動説のほか、人間の狩猟による絶滅説もあるのだ。
まあ、いずれも地球史は有史以後でも覆ることは多くあり、有史以前であればまだまだ藪の中。
「原始少年リュウ」でティラノサウルスが時代の生き残りとして登場したように、マンモスだって大いに怪しいけど現代の目撃情報がありますからね。
いかん、だんだんオカルトになってきた。
まあ、この画像の児童年鑑(年長の従兄妹からの貰ったもので、宝物のように熟読した)などは戦後間もなくということもあって、進取の精神に富みすぎたか、最新情報を取り入れすぎてピルトダウン人の発見(のちに捏造と判明)が載っていたり、火星の記述には緑生が認められたみたいなことも書いてあって、まるで昔の少年漫画誌の怪しげな特集記事みたいなところもあるけど、あちらこちらと大いなる好奇心はもたらしてくれた。
「第7大陸ジーランディア」水没の謎 
オーストラリアの東側の海底には、地球で7番目の大陸「ジーランディア」が沈んでいる。その誕生や水没の経緯は長く不明だったが、地球深部探査船「ちきゅう」による調査が1月に正式決定。2020年に海底を掘削し謎の解明に挑む。
ジーランディアは1990年代の観測衛星による海底地形調査で存在が確認された。面積はオーストラリア大陸の約6割に当たる約490万平方キロに及び、世界最大の島グリーンランドの2倍を超える広大な水没大陸だ。海面より上にあるのは面積の約6%だけで、大半をニュージーランドが占める。海底に沈んではいるが大陸だ。地球の表面を覆っている地殻には、厚さが約6キロの海洋性の地殻と、30~40キロと厚い大陸性の地殻がある。ジーランディアの地殻は約20キロで、大陸性と見なされる。大陸性にしか含まれない花崗(かこう)岩や変成岩が見つかっていることも根拠だ。3億年前の地球では超大陸「パンゲア」が唯一の陸地だった。2億年前に分裂が始まり、現在の6大陸ができた。ジーランディアはオーストラリアの東側部分だったが、約8千万年前に分裂して誕生。約2千万年前にほぼ全域が水没したことが、これまでの研究で分かっている。(産経新聞 5/28)

Pangaea_continents_ja_svg.png

ジーランディア水没の謎の解明も楽しみですが、そもそも超大陸「パンゲア」が唯一の陸地で、分裂して現在の6大陸になったのはほんとうなのかという謎もあるのだけど、証明するとされるのがプレートテクトニクス理論。
といっても僕のような素人にはなかなかわからず、ずっと疑いは晴れなかったのだが、ストンと腑に落ちたのが、まったく畑ちがいの淡水魚の研究。
淡水魚は各大陸に分布するが、海を渡ることができないのに、どうしてこれほど 広がったのか謎だったのだが、約1万2千種類に及ぶ淡水魚のうち3分の2を占めるコイやナマズなどの仲間は、 約2億5千万年前に唯一存在した超大陸パンゲアで誕生した淡水魚が祖先だったとする研究成果を東京大大気海洋研究所と千葉県立中央博物館などのチームが 発表したのだ。
おおっ、パンゲア。なるほど、それならよく分かりますね。
いちばん合理的な推論から求めることも可能だったのだ。
思いつかなかったなあ、パンゲアとは。
タネを明かせば簡単でもラムネのビー玉みたいに形そのものを見てしまうと、形に囚われてなかなか謎に辿りつかなかったりしますね。
ジーランディア水没の謎も意外なところにあるのかもしれないぞ。
また、再噴火の始まった西ノ島は大陸性の安山岩を噴出しているらしいから、もしかしたら僕たちはパンげア以来の新たな大陸の誕生を目撃しているのかも。しかし新大陸丸ごと日本ですよ。
武力の行使なしで新たの領土の獲得って奇跡ですからね。
まあ、そんなことになればやはり水没するところ、海流の変化、気候の大変動など想像もつきませんがおそらく人類史を越えたはるか未来の物語。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

超巨大噴火の鬼界カルデラ
約7300年前に超巨大噴火が起きた九州南方の海底にある「鬼界カルデラ」(直径約20キロ)に、直径約10キロの溶岩ドームがあると、神戸大などのグループが3月31日発表した。ドームは超巨大噴火の後に形成された可能性が高いという。(中略)鬼界カルデラは薩摩半島の南約50キロにあり、7300年前の超巨大噴火では火砕流が海上を走って薩摩半島に達し、九州南部の縄文文化が一度壊滅したとの説もある。国内では過去12万年間に計10回の超巨大噴火が起きた。(朝日新聞デジタル)

7300年前なんて、地球史的にいえば直近といっていいんだろうなあ。
そして過去12万年間に計10回の超巨大噴火があったとすれば、ほぼ1万年に1度は超巨大噴火に巡り合うってことで、また、その他、超巨大噴火でなくても巨大噴火、大噴火などもそこそこにあって、中小噴火に至っては承知の通り日本ではあちこちの火山であり、日常茶飯事なのだ。
ちなみに超巨大噴火というのは鬼界カルデラの説明にもある通り広くは地球全体にも影響をもたらし、該当地域・周辺では壊滅レベルの、もうほぼ具体的対応策の取りようもないもので、巨大噴火、大噴火でもそのリスクは極めて大きい。
いちばんの減災というならまずは原発をなくすことでしょう。

papermoon_etrs-0846.jpg

地震の予知などと違って、これだけ科学的に検証された事実があるのに、なんで原発をやめないんだろうなあ。
島国で近隣諸国の影響も多少は受けにくく、自己完結・自国管理ができるのに。
戦争やテロなどの別の要因的にも致命傷になるような弱点は国防上もなくしておいたほうがいいと思うけどなあ。
国破れて山河ありというけれど、山河も残らない、住めないとなればどうしようもない。
安倍一強と言われた安倍首相もほころびも見えてきたけど、今なおこれだけの支持率があるのなら、共謀罪(テロ等準備罪)などの強引な採決より、ここは一挙、反原発に舵を切ることこそ、保守本流、古来からの日本を守る礎のような気がするけど。
再生エネルギーの目途も付いているのだからね。
岩盤規制をドリルで開けるといっても、日本のほんとうの岩盤はゆっくり対流するマントルの上を各プレートがひしめきあって、ところどころには膨大なマグマが眠っている。日本の岩盤はかくも怖ろしいのだよ。
岩盤規制にドリルで穴をあけるというなら、この怖ろしい日本の岩盤を見知らぬふりをする原子力村ですかねえ。
また、産業技術総合研究所の及川輝樹氏によれば、たとえば江戸時代の絵地図27枚には現在は活動していない火山にも噴煙が描かれていて、必ずしも現在の活火山の活動状況とちがうものがあるという。
櫻島を描いた地図は10枚のうち噴煙が描かれているのは2枚だけで、近くの霧島は10枚中9枚が描かれ、絵地図通りなら櫻島は今ほど活発に活動をしていなかったことになり、霧島はすごく活発だった。この絵地図には活火山に指定されていない雄阿寒岳に11枚中4枚に噴煙が描かれ、同じく北海道の渡島小島などにも噴煙が描かれているといいますからね。
1万年以内に噴火した形跡があるか、いま活動している火山が活火山に指定されるのだけど、たかだか200、300年で全然ちがうこともありうるのだ。つまり、確実なことはわからないのだ。
もちろん科学的視点のみで絵地図が描かれているとは限らないから、こちらも多方面からの研究も必要だけど。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

六角形の梵鐘 安珍・清姫
1560(永禄3)年創業とされる岐阜市若杉町の鋳造会社「ナベヤ」で4月11日、寺の釣り鐘を鋳造する「梵鐘(ぼんしょう)吹き」が行われた。伊勢市西豊浜町の忍徳寺の注文により、初めて六角形をした鐘に挑戦した。(中日新聞)

前回の円、球に続いて美しい形は六角形です。
雪の結晶、花粉とか自然にあるがままの形はすべてにおいて美しく、そこには必然となるべき原理があるのだろうなあ。
ましてや日本人は「かたち」が好きですからね。
武道などもまず形から入ったりするし、家紋の種類も自然からの模倣だし、さらに人は洗練する。
自らもその原理のなかにおきながら、それを越え、創造しようとするのが人間なのだろうか。
さて、今や梵鐘を作れるところも少ないらしいのだが、岐阜には茶釜を千利休にも納めたというナベヤという由緒正しい鋳物鋳造会社があって、今回初めて六角形をした梵鐘に挑戦した。
このナベヤは鋳物技術の伝承から最先端加工技術まであって、六角形梵鐘というのは伝承技術と最先端加工技術の結晶かもしれない。
しかし、あの遠くまで届く低い鐘の音、六角形ともなるとまるで違いそうで、難しいのだろうなあ。
もともと梵鐘は500~1000キログラム(銅合金)の重さで、全工程が手作業のうえ、この大きさだと他の鋳物とも全然違うらしい。
さらにちがうというのは信仰心が込められるということで、流し込む作業の前には式典・読経が詠まれ、檀家からは指輪やネックレス、金歯なども一緒に混ぜて欲しいといわれることもあるらしい。
僕は梵鐘というと横溝正史の「獄門島」を思い出すけど、「安珍・清姫」などの伝説も、そんな思いも具体的な物質も放り込まれた梵鐘ならむべなるかな。
鐘の音も教会の鐘は鳴らす感じだけど、梵鐘は強く打ち、思いを解放するような音のような気もしますね。

07170335.jpg

数十年前までは年に30個前後製造されたものが、現在2、3個しかないというから梵鐘の技術の伝承も大変です。
でも古来からの伝承技術が日本の最先端技術を支えるものであること示し、自然の模倣に始まる技術、文化はやはり大切だなあ。
エジプトのピラミッドの技術なども失われていることが多く、断絶もまた大いなる革新をもたらすけれど、長く緩い継続も強いらせん(梵鐘に巻きつく蛇・清姫の化身じゃありませんよ)のような?進化力を感じさせます。
御朱印だとか仏像ガールとかがブームらしいけど、梵鐘ガールいうのはいないのかなあ。
文化的にも科学技術的にも梵鐘ってなかなかの偏愛の対象ですよ。
ちなみにナベヤの梵鐘技能保存担当者の持つ資格は銑鉄鋳物鋳造作業特級、1級、銑鉄誘導炉溶解作業1級、機械系保全作業1級、銑鉄キューポラ溶解作業1級。ちょっと見たくなるでしょう?

画像は「へうげもの」。主人公古田織部の師匠にあたるのが、千利休。

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術