理系・文系を重ねて見る光景は
迷宮の人間の未来、AIの未来
老齢になると認知テストというのがあるらしいけど、僕はまったく自信がない。若い頃であってもトランプの神経衰弱など、つい前のカードの位置さえ、忘れてしまうのだ。
あれはここでそれはそこでなどと思っていても、誰かが何か言ったり、なにか少しでも気を取られたりしたら、あれ?あれのここはどこだったっけ、それのここは…という具合に全く分からなくなってしまう。
右左もそうだ。突然、右向け右などと言われても慌てて分からなくなってしまうのだ。
だから体育の時などは事前に僕は右利きだから箸の持つほうが右であり、そうかこちらだなと考えて密かに準備していた。
視力検査もそうで、慌てるとよく見えてるのに空いてる側の左右を間違えてしまうことがあり、ひょっとして僕はものすごいバカなのかと不安になったりした。

nakasu3.jpg

まあ、あまり悪いほうに考えてもいいことはないので、条件反射的に右や左に即座に反応できるより、きちんと右利き→箸を持つほう→右と反応するほうがむしろ論理的思考の持ち主ではないかと慰めたりもした。
もっとも条件反射そのものがコンピュータのようにその論理回路スピードが圧倒的に早いからかもしれず、やはり、このゆるさ加減はバカなのかもしれない。
いやいや、コンピュータはその論理に可能性は最大限想定、潰していくけど、人はたとえば右を規定するにしても人間には利き手があり、それは箸、あるいはナイフを持つほうであり、しかるに左手にはフォーク、でもまあ、これはマナーであって…などと面倒くさく考えはしないだろうから、このゆるさはまた別次元の論理的可能性を秘めるもので、たとえ、今の世界では認められなくても、別世界では有効かもしれないと前向きに考えもした。
AIの進歩はとどまることを知らず、将棋や囲碁のような膨大な探索空間ですら、あっという間に処理・判断するというならもはや人間には勝ち目はないのかもしれない。囲碁などでも人では思いもつかない手を打つらしいからね。
戦争などでも思いもつかない手を打ちそうで怖ろしいよ。
人間は論理的なものであっても逡巡するからなあ。
僕は1+1でもほんとうに2で正解なのかなと思ってしまうところがあり、実際、右向け右と同様にバックミラーの視認も信用できず、やっぱり振り向いて確認までしないと安心はできない。
それはともかく。これでは勝てないと思うか、いやここにこそチャンス、別の可能性があると思うか。
まあ、僕は自己弁護じゃないけど、ここにチャンスがあるのだと思いたいのだね。
AIの膨大な知識の集積か、人間の矛盾や逡巡も抱え込むインディヴィデュアル(個々の分けることのできない)である個性か。
いかん、また迷宮に彷徨っているぞ。
ラブレーは「学問のない知識は心を荒らす」と言ったけど、AIに心はない。
それともいつか心も持つのか、持てばAIの心も荒れるのだろうか。
まあ、バカにも大いなる可能性があるってことで!?
画像は中洲産業大学試験問題。うむむ、難しい。
スポンサーサイト
雷の多い年は豊作
「雷の多い年は豊作になる」という言い伝えは本当か-。この疑問の解明に松江市の池田圭佑さん(18)が開星高校(同市)に在学中、カイワレダイコンと放電装置を使って取り組み、「雷を受けると植物は成長する」との実験結果をまとめた。この研究成果は学会誌に掲載され、専門家からも評価を受けた。池田さんは、校内にある実験用の放電装置で落雷と同様の状態を作り、カイワレダイコンの成長の様子を調べた。この結果、種子に50秒間放電してから育てると、放電しなかった種子に比べて成長が約2倍速かった。また、放電を5分間続けた水道水と、通常の水道水を使って栽培したカイワレダイコンの成長の違いをみたところ、放電した水で育てた方が通常の水に比べて芽の伸びが約2倍になった。
宮沢賢治が、農学校教員時代の授業で雷と作物の出来との関係に触れていたということを高校2年の時に本で読んだのがきっかけ。(産経新聞 )  

kaikootome.jpg  kaiko.jpg

実は我が家には子供の頃、足の痺れ直し器と伝わる静電気発生装置があって、まあ、ボルト数が数段階調整でき、また発生器の先端は様々なガラス管と交換して、多様な形の静電気を当てるような仕組みだった。
足の痺れにはさっぱり利いた覚えはないけど、そこそこ強力な静電気だったりはしたので死んだ金魚が蘇生するのではないかと当てたりはした。部屋の萎れていくばかりのサボテンに当てたこともあった。
もちろん金魚が蘇生することも、サボテンが回復することもなかったのだけど、やはり科学的に検証、実験というのはこういう姿勢で臨まないといかんのだなあ。
さらに使った水を分析すると、放電した水は通常の水に比べ、窒素量が約1・5倍で、窒素は肥料の3要素の一つとされることから、「放電で空気中の窒素が水に溶け込み、成長の違いに影響した」と結論づけ、また、放電時間を50秒より長くすると発芽率や成長の度合いが下がったため、「それぞれの作物について適切な放電時間を突き止めれば、収穫サイクルの短縮などで生産量の向上につながる」と極めて検証的、論理的。
僕も何十年も前にやったのに、唯一、できたのは静電気を放電したサボテンが意識を持った女の子になり、孤独な少年と会話を交わすようになって…という出来の悪い妄想小説だけだった。
画像は家の蔵にあった広告チラシで、種まきや蚕の暦・歳時記が書き込んであって、こういうことにも科学的な根拠が何かあるのだろうし、養蚕家でなくてもけっこうその頃の一般常識としてあったのだろうなあ。今では失われていくばかりだけど。
皇室では皇后陛下が古来から伝承される養蚕を続けていて、ここでこそ残りえた、貴重な発見もあって、こういうのも繋げていってほしいけど、皇室伝承さえいささか心配な状況ではある。
さて、蚕はもちろん桑の葉を食べるのだが、雷が鳴ると「くわばらくわばら」と言いますね。
一説には雷様は桑が嫌いだからともいうらしいけど、いや、雷・静電気と農作物ってまだまだ研究の余地がありそうですよ、池田くん。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

蜘蛛は2500万トン 足元の小宇宙
【3月15日 AFP】全世界に生息するクモが食べている昆虫の量は、毎年4億〜8億トンに及んでいるとの研究結果が14日、発表された。これは人間が1年間に消費する肉と魚の総量に匹敵するという。 この種の分析としては世界初の今回の研究で、研究チームは過去の65件の研究のデータを使用し、地球上に合計2500万トンのクモが生息していると推定した。
研究チームは次に、クモが生きるために必要な食物の量はどのくらいかを考慮して、クモが捕食する昆虫などの無脊椎動物の年間総量を推算した。 科学誌サイエンス・オブ・ネイチャー(Science of Nature)に掲載された研究論文には「世界のクモ群集が捕食する獲物の量が年間4億〜8億トンに達することを、今回の推計は示唆している」と記されている。 この結果は、特に大半のクモの生息地である森林や草原で、クモが害虫や保菌生物を食い止めるのにどれほど大きな役割を担っているかを示している。

人間による肉と魚の年間消費量は約4億トン、クジラは年間2億8000万〜5億トン、海鳥は年間約7000万トンの餌を食べているというから人間も、いや、やはりクジラはすごいというか、まあ、海鳥も含めてよくわからん比較でもある。
しかし、地球上のクモが2500万トンですよ。蜘蛛にも大小はあるけれど、基本5グラム、大きくても10グラムにも満たないように思うから、もう何兆、何十兆匹もいるのだね。
総じてよく見かける昆虫ってこんな数のレベルでいるのだろうか。また、その捕食量が4億〜8億トンって。
捕食されるさらに小さな生物はもっと膨大で、地球のダイナミズムってすごいな。
地球の生態系はとても人間の知識では計り知れるものではないような気がします。

350_Ehon_87182.jpg

先日はNHKで「足元の小宇宙~絵本作家と見つける生命のドラマ~」というのやっていて、雑草の素敵で凄まじい世界が見事に描かれていたけど、振り返りさえもされない雑草もきちんとした役割があって地球の生態系の礎となって支えているのだ。
しかし、まさに宇宙でも稀な、あるいは唯一の奇跡のような生命の横溢した地球であるなあ。
地球は宇宙をさまよう種子なる惑星なのだろうか。
ちょっと半村良「妖星伝」を思い出してしまった。
火山国日本の長寿
日本の食文化は和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたほどに世界的にも有名で、寿司、天ぷら、ラーメンとさまざまにあるなかで、やはり忘れてはいけないのがうまみをもたらす「だし」の存在。
でもこれだけ評価されても「鰹節」などは簡単に輸出などはできないらしい。EUや中国では発がんのリスクがあるとされ、規制値が設定されている(日本はない)。
以前にも中国の検疫当局が日本産醤油から1キロ当たり3.15ミリグラムのヒ素が検出され、中国の基準値の6倍以上だったというニュースがあり、「え、なんで?」と思ったけど、輸出元の盛田によれば「原料の鰹節に有機ヒ素が含まれるが、体内で分解されるために健康に影響はない」との見解だった。
さらに以前には英国食品規格庁も日本産ひじきについても無機ヒ素が多く含まれ危険という報告をしていて、無機ヒ素はがんの発生リスクが高まるということらしい。

tosano.jpg

WHOが1988年に定めた無機ヒ素のPTWI(暫定的耐容週間摂取量)の基準があり、まあ、毎日食べても基準を超すことはまずないし、むしろヒジキは食物繊維を豊富に含み、必須ミネラルも含んでいるから健康食でもある。
だいたいヒ素は自然界に存在し、他の海藻中にも含まれていて毒性の低い有機ヒ素として存在しているとされている。
日本は元来火山国だから、海にも土中にもヒ素なり水銀なりが含まれ、他国・他海域より多いのは必然ですね。
マグロなども食物連鎖の最高位にいて、日本近海で回遊するならこれらの含有量も多いのかもしれない。
ヒジキや海藻、マグロの食物連鎖の最高位は人間で、とりわけ日本人ということになるのだけど、古代からの食生活で現在世界最高の長寿国のひとつであるのも間違いなく、もし固有の耐性・免疫性がそのなかで培われたのなら、必ずしも全地球的によいとは限らなくても、また逆に世界の基準・意見に過剰に怖れることもないのかもしれない。
極寒、灼熱などの厳しい環境、あるいはなお火山ガスのある三宅島などそれぞれの暮らし、ふさわしい生活慣習、食生活があるのだろう。
やはり、地産地消が環境にも健康的にも精神的にもいちばんいいのかもしれない。
少し前の「ブラタモリ」は奄美大島だったけど、薩摩藩の圧政にも耐えて島内の産物のみの工夫で生き延びたのだという。
蘇鉄が有毒であるにもかかわらず、毒抜きを徹底し、食糧にも変え、土止め、さらには大島紬などの役にも立っていたとは。
子供たちは蘇鉄の実で運動会の玉入れをやるらしいし。すごいよ、奄美大島島民。

画像は映画「土佐の一本釣り」から。カツオがでかい。
まあ、漁法も一気にさらうようなものでなく、一本釣りなど生態系にあまり影響が出ないものがいいのだけど。

テーマ:食に関するニュース - ジャンル:ニュース

あなたの「瞳の中の訪問者」
容疑者から押収したスマートフォンに保存されていた被害者の写真を徳島県警鑑識課が解析した結果、写真を撮影した容疑者の姿が被害者の瞳に映っていることが判明し、重要な証拠となった事件が昨年あった。同課によると、瞳に映った姿が証拠になるケースは大変珍しいという。(毎日新聞)

おおっ、新たなる「瞳の中の訪問者」ですね。
手塚治虫が「ブラック・ジャック」で描いた「瞳の中の訪問者」とは全く違うけど、こんな形の訪問者もありうるのだ。
そういえば、以前にも雪肌精のCMで新垣結衣さんの瞳にスタッフが写り込んでしまって、謝罪したというニュースがありましたね。

morisu.jpg

まあ、美しい瞳であればこそなんだろうけれど、やはり美しい瞳に嘘はつけず、美しい瞳は真実を暴くのだと。

「マンウオッチング」でデズモンド・モリスは「人間観察の目的は人間を操り、のぞき見することにあるのではなく、人間を真に理解することにある。」と書いたけど、美しい目は真実にも幻想にも導く。
しかしまあ、最近は画像に撮られた手の指から指紋が盗られたり、解析技術の発展は怖ろしいものがある。
これもまた、人間を操るものではなく、人間を真に理解するものであってほしいなあ。