理系・文系を重ねて見る光景は
AIは人に寄り添うか
「ターミネーター」も「2001年宇宙の旅」「禁断の惑星」も人工知能の人智を超えた怖さを描くものでもあったけど、囲碁や将棋などの無駄も排除せず、あらゆる可能性を潰していき、最終的に勝利することを目指し、そのうえでそのための最大の効率化を図っていくようなものだとしたら、やはり恐怖は否めない。
人は基本的に包丁を野菜や肉を切る食事のためのものとするのであり、自動車はより早くより遠くまで多くを乗せて行きつくものであり、人の生活を豊かにするものだけど、あらゆる可能性を探れば簡単に凶器にも変わる。
秀吉は「刀狩り」で農民から奪ったのはまさに「刀」で、農作業に使う鉈などの刃物類を取り上げることはなく、猟師鉄砲ですら取りあげなかった。人を殺傷するものではないからだ。
「なぜ、人を殺してはいけないのですか」という問いかけに対して、人は明快な答えが見つけ出せないけど、「ならぬものならぬ」といって、「AI」は果たして理解するのだろうか。

n_616dl21330ps.jpg

まあ、そんなものを理解しては「AI」の意味もないのだろうけれど。
本が読んでも読まなくても、本のある風景が多様で豊かであるように、人は役に立とうが立つまいが、そんなことは結局誰にもわからないし、人のある風景はただあるがままで多様でも豊かなのだ。
人が自然に抗いながらも寄り添って生きてきたように、「AI」は人にどのように寄り添っていくのだろうか。
「スタートレック」のスポックや「宇宙家族ロビンソン」のロボット「フライデー」などの論理のみの思考や会話とのズレが、ふとユーモアを生み、怪訝な表情を浮かべたり、「それは計算できません」と繰り返したりするときがあるけど、あれってけっこう、人との関わりの中で重要なところではないかなあ。
ユーモアを解するかどうか。
福田恆存はユーモアは「その人の教養を物語り、真面目は腐ったり、堕落しやすいが、冗談(演技)は腐らない」と言ったけど、「AI」はどう解するのだろうか。
スポンサーサイト
「ひよっこ」みね子のリンク特異点 オイラーの贈物
NHKの『AIに聞いてみた どうすんのよ !?ニッポン』というのを見ていたのだが、まあ、よくわからないのだけど、あの画像で出てくるリンクポイント?が面白いですね。
さして重要とも思えないポイントから、けっこうなリンクが広がっていたり、しかも意外なものや、重要なものに繋がっている。
以前に、インターネットの地図の点と線を数えると、何百万ものリンクを持つ点がごく少数ある一方でリンクを1.2ヶ所しか持たない点が非常にたくさんある…というのを読んだけど、あんなものだろうか。
これで連想するのがNHK朝ドラの「ひよっこ」ですね。
奥茨城村の多少ドラマチックなことがあっても、普通の女の子みね子が行く先々で(乙女寮、すずふり亭、あかね荘など)、さして目立つわけでもないのに、いつのまにかなにかしら多くを繋げ、特異なリンクポイントになっているような。
まあ、ヒロインだから当然でもあるけど、それでも「みね子」がいなければ大女優も揺らぐことなく、そしてすずふり亭の高子さんも奥茨城村に嫁に行くようなこともなかった。
これは人が考える重要なものばかりではなく、何事もなくある存在が実は何よりも欠かせないものであるというような。
目先や効率はもちろん、どんなに考察を重ねても、なお見落しがあるのかもしれぬということで、AIについて言えば、AIだからできる、いわば全ての可能性を総当たりしてこそ分かるものだろうか。
人間は総当たりできるわけではないけど、直感や何かしらの感情などの変数があって、さらに奥が深いかもしれないなあ!?
また、逆にリンクポイントが多ければ、その存在の意味や価値が高いのかと言えば、それも果たしてそうなのか。
おいらにはさっぱりわからないけど、この手の解析にはオイラーの数学理論は役に立つらしいよ。

32371068.jpg

グラフ理論の第一人者秋山仁 東海大教授によれば、「オイラーの素晴らしいところは一筆書きができるかどうかというネットワーク全体に関わる問題を頂点から出る線分の数という部分の性質に置き換えて解いたことだ」といいます(日経新聞)。
7つの橋くらいであればしらみつぶしに調べることが出来るけど、ネットワークが複雑になると総当りは困難で、そんなとき部分を調べたオイラーの発想が役に立つという。

オイラーの贈物
代数、幾何、解析。数学の多くの分野は唯一つの式に合流し、そしてそれを起点に再び奔流となって迸る。ネイピア数、円周率、虚数、指数関数、三角関数が織りなす不思議の環:オイラーの公式。ファインマンは「これは我々の至宝である」と嘆じた。本書はこの公式の理解を目標に、数学の基礎を徹底的に解説する。記述は極めて丁寧かつ平明である為、意欲溢れる中高生の副読本としても好適である。

うーむ、さっぱりわからん。だけど、なんか楽しい。これが変数かしらん!?

テーマ:数学 - ジャンル:学問・文化・芸術

キトラ天文図の現場100回
もう七夕も終わってしまったけれど、部屋の整理をしているとこんな星座表が出てきた。
最近はゆっくり空を見上げることも少なくなったけど、やっぱり、宇宙はロマンに満ちているなあ。
夜の空にはまだ無限の星があり、有限の星が輝いている。
ロマンを誘うといえば、奈良県明日香村の国特別史跡・キトラ古墳(7世紀末~8世紀初頭)の石室天井に描かれていた天文図もそうですね。
以前に文化庁などは星の位置関係を調べた結果、紀元前1世紀半ばと、紀元後4世紀に中国で観測された星が共に描かれている可能性があると発表していて、キトラ天文図の星の配置は独特で、原図に該当する星図は見当たらないという。
星の位置は年々変化しており、発表した中村元教授は天文図に描かれた20個以上の星宿(せいしゅく)(星座)の位置から年代を推測し、その結果、紀元前1世紀半ばごろの観測と判断した。紀元前の星の位置を記録したとされる古代中国の「石氏星経(せきしせいきょう)」とも整合したという。

驚くべき古代のロマン。
僕は哲学や宗教などの一部はもしかしたら古代のほうがレベルが高かったのではないかと思っていたのだけど、天文学もそうだったのかもしれないなあ。
今より圧倒的に夜は長く暗く、親しむものであって、星はそれこそ美しく降るように見えたに違いなく、誰もがロマンや科学、興味の対象だったのだろう。すそ野が広ければ学術的な知見も高いに違いない。
キトラ天文図の作成には惑星研究、あるいはそのための観測機械など現代にも匹敵するような知識、科学技術基盤を要するはずで、一人の天才ではなく発見・発明を生むべく社会全体の関心・成熟があると思う。

seizahyou.jpg

昔の天文学者ってピタゴラス、ケプラーのように哲学や数学はむろん、音楽、あるいは日本の安倍晴明の陰陽道、「天地明察」で知られる渋川春海の囲碁、日本全国を測量し、精密な日本地図を完成させた伊能忠敬など、幅広い教養の上に立ち、現代の科学に及ばぬ部分もカバーし、凌駕するところもあったのではないだろうか。
なぜ石室天井に天文図を描いたのか。死者の帰る場所なのか。死者が見るのか、生者も見るのか。
案外、星座盤のように天文図を背景にこんな星座表を回していたりしてね。
そして石室では宇宙から届く雑音の省かれた天上の音楽が聞こえたりして。
一度、石室に一人入って、一日中寝転んでいたいものだなあとも思うけど、やっぱりちょっと怖いか。
刑事の現場100回じゃないけど、そういう研究のあり方もありはしないだろうか。
人類の起源は30万年前
【AFP=時事】(更新)現生人類ホモ・サピエンスは、30万年前にアフリカに生息し、現代の人々とそう変わらない顔つきをしていたとする論文が7日、発表された。人類の起源が定説より10万年早かったことを示す研究結果だ。
ホモ・サピエンスは約20万年前にアフリカ東部に現れたというのが20年来の通説だったが、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された2件の論文によれば、これを覆す画期的な化石がモロッコで見つかった。
この発見により人類の進化の系統図が書き換えられ、既に絶滅したホモ属の一部が人類の祖先としての候補から除外される可能性もある。

いや、人類の誕生はどんどん遡るなあ。
現生人類の定義や過去の発見が覆されたり、中高生時代(ピテカントロプス、北京原人など)の知識で留まっている僕にはもうさっぱりわからない。

nennpyou1.jpg  nennpyou2.jpg

現世人類はともかく、今では霊長類の進化は8500万年くらい前まで遡れるらしいから、さらに研究が進めばマンガ「原始少年リュウ」(石森章太郎)のようにティラノサウルスと旧人類が共存していてもとも思うけど、霊長類の祖先ならともかく旧人類でもさすがに無理。
もっとも「原始少年リュウ」ではマンモス狩りもしていて、このあたりは地球史に沿うもので、そういえばギャラクシーのCMでもタイムスリップしてマンモスの時代まで漂着するといのがあるけど、ああいう出会いはあるかもしれない。
マンモスの絶滅については気候変動説のほか、人間の狩猟による絶滅説もあるのだ。
まあ、いずれも地球史は有史以後でも覆ることは多くあり、有史以前であればまだまだ藪の中。
「原始少年リュウ」でティラノサウルスが時代の生き残りとして登場したように、マンモスだって大いに怪しいけど現代の目撃情報がありますからね。
いかん、だんだんオカルトになってきた。
まあ、この画像の児童年鑑(年長の従兄妹からの貰ったもので、宝物のように熟読した)などは戦後間もなくということもあって、進取の精神に富みすぎたか、最新情報を取り入れすぎてピルトダウン人の発見(のちに捏造と判明)が載っていたり、火星の記述には緑生が認められたみたいなことも書いてあって、まるで昔の少年漫画誌の怪しげな特集記事みたいなところもあるけど、あちらこちらと大いなる好奇心はもたらしてくれた。
「第7大陸ジーランディア」水没の謎 
オーストラリアの東側の海底には、地球で7番目の大陸「ジーランディア」が沈んでいる。その誕生や水没の経緯は長く不明だったが、地球深部探査船「ちきゅう」による調査が1月に正式決定。2020年に海底を掘削し謎の解明に挑む。
ジーランディアは1990年代の観測衛星による海底地形調査で存在が確認された。面積はオーストラリア大陸の約6割に当たる約490万平方キロに及び、世界最大の島グリーンランドの2倍を超える広大な水没大陸だ。海面より上にあるのは面積の約6%だけで、大半をニュージーランドが占める。海底に沈んではいるが大陸だ。地球の表面を覆っている地殻には、厚さが約6キロの海洋性の地殻と、30~40キロと厚い大陸性の地殻がある。ジーランディアの地殻は約20キロで、大陸性と見なされる。大陸性にしか含まれない花崗(かこう)岩や変成岩が見つかっていることも根拠だ。3億年前の地球では超大陸「パンゲア」が唯一の陸地だった。2億年前に分裂が始まり、現在の6大陸ができた。ジーランディアはオーストラリアの東側部分だったが、約8千万年前に分裂して誕生。約2千万年前にほぼ全域が水没したことが、これまでの研究で分かっている。(産経新聞 5/28)

Pangaea_continents_ja_svg.png

ジーランディア水没の謎の解明も楽しみですが、そもそも超大陸「パンゲア」が唯一の陸地で、分裂して現在の6大陸になったのはほんとうなのかという謎もあるのだけど、証明するとされるのがプレートテクトニクス理論。
といっても僕のような素人にはなかなかわからず、ずっと疑いは晴れなかったのだが、ストンと腑に落ちたのが、まったく畑ちがいの淡水魚の研究。
淡水魚は各大陸に分布するが、海を渡ることができないのに、どうしてこれほど 広がったのか謎だったのだが、約1万2千種類に及ぶ淡水魚のうち3分の2を占めるコイやナマズなどの仲間は、 約2億5千万年前に唯一存在した超大陸パンゲアで誕生した淡水魚が祖先だったとする研究成果を東京大大気海洋研究所と千葉県立中央博物館などのチームが 発表したのだ。
おおっ、パンゲア。なるほど、それならよく分かりますね。
いちばん合理的な推論から求めることも可能だったのだ。
思いつかなかったなあ、パンゲアとは。
タネを明かせば簡単でもラムネのビー玉みたいに形そのものを見てしまうと、形に囚われてなかなか謎に辿りつかなかったりしますね。
ジーランディア水没の謎も意外なところにあるのかもしれないぞ。
また、再噴火の始まった西ノ島は大陸性の安山岩を噴出しているらしいから、もしかしたら僕たちはパンげア以来の新たな大陸の誕生を目撃しているのかも。しかし新大陸丸ごと日本ですよ。
武力の行使なしで新たの領土の獲得って奇跡ですからね。
まあ、そんなことになればやはり水没するところ、海流の変化、気候の大変動など想像もつきませんがおそらく人類史を越えたはるか未来の物語。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術