FC2ブログ
理系・文系を重ねて見る光景は
ささやかでも日々を大切に生き抜くことが現代の戦い
「そこまで言って委員会」も最近はいちだんと保守派・タカ派的論客が揃っていて、あまり左翼的ゲストは見なくなった。
まあ、依頼しても来てくれないのだろうけど、以前は革命特集?などもあって重信メイ、若松孝二という、なかなかメディアでは見ない人も来たことがあったのだ。
イメージとちがって、若松孝二監督すっかり温厚というか、組織というものに絶望したのか、ふつうの真っ当な改革者なのだと思ったものだけど、そういえば愛弟子?ともいうべき井浦新も最近はずいぶんイメージが違ってきた。
今日も「ボクらの時代」に奥田瑛二、成田凌と出ていて、頑なに主戦場は映画としていた変化を自ら語っていた。
そうか、やはり若松監督と結婚してからの日常にあるのか。
それはさておき。
保守思想が「人間は完全ではなく、善と同様に悪をも併せ持ち人間を限界的なものと考えるなら、個人より社会・国家を、あるいは急進的な革命・改革より歴史・経験に積み重ねられた緩やかな改革」というなら立派な保守論客だ。
でも左右を問わず、正義・愛国・平等など高邁な思想を掲げるものは、なぜにこんなに堕ちやすいのか。
組織、長期の権力は腐敗しやすいのか。
利益追求という人間の欲望に発した資本主義は生存競争にも似て、本来、最終的な利益追求、生き残りまで考えるから、結局は弱肉強食であっても循環的というか調和的で、利益分配も公平に向かうはずという気もするけど、そのなかでも組織や権力が長期になるとかえって視野が狭くなり、自分たちだけで自己完結させようと乱暴になってくるのかもしれない。
人間は完全ではなく、善と同様に悪をも併せ持つ限界的な存在なのだ。簡単であるはずがない。

rennseki.jpg

だから、ふつうの人や学生だってひょんなことから思いもかけない事件やテロに巻き込まれるようなこともありうるのだ。
映画「いちご白書」もそんな物語だったし、「オウム」の一連の事件もそうだ。
「戦うべきときに戦わなければ悔悟のために、より過激な方向に走りあげくは必敗の戦いにのめりこんで行く。あらゆる戦いの陥穽はここにある」と仏文学者鹿島茂は東大闘争を振り返っている。
何も戦う必要がなかった世代でも、そんな虚無の穴はそこそこに仕掛けられていて、ささやかでも日々を大切に生き抜くことが現代の戦いなのかもしれない。どうでしょう、井浦新さん。

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

鬼才・若松孝二監督が‘あさま山荘事件’を徹底検証していく実録ドラマ。革命にすべてを賭けた若者たちにより結成された連合赤軍は、あさま山荘に立てこもり、警察との銃撃戦を繰り広げる。坂井真紀、ARATAほか実力派俳優が共演。
スポンサーサイト
盆栽・菊・彼岸花
日本の盆栽の海外輸出が飛躍的に伸びているらしく、アジアや欧米を中心に、日本文化への関心に加えて自然を凝縮したアートとしても楽しまれ、いまや「BONSAI」は国際語として定着という。

テレ東の「YOUは何しに日本へ?」でも盆栽好き外国人はよく見かけるから、盆栽も今や海外の需要が支えるのだね。
もちろん、海外に広く文化が知られるのは嬉しいことだけど、日本そのもので盆栽の文化が衰退するのはなあ。
「盆栽老人とその周辺」という小説があったほどに、どこの町内にも盆栽老人はいたはずなのに。
人口比率的には中高年層は増えるばかりというのに、盆栽老人はどこに消えてしまった?
そういえば菊老人も見なくなった。
僕の子供の頃は菊花展・菊人形展などは毎年の季節ニュースだったし、近所の家でも大きく咲いた花を支える輪台をつけた立派な菊もよく見かけたものだけど。
いくらクールジャパンといっても大衆に支えられ発展した文化も裾野が失われては心もとない。

bonnsai.jpg

秋は盆栽も菊もシーズンだけど、ガーデニングは盛んなのにあまり見なくなった。
横溝正史「犬神家の一族」など本格ミステリーの舞台を菊人形がおぞましくも艶やかに飾ったのも今は昔。
あの頃は、まだ菊人形展などがそこここにあって、本格ミステリーの舞台をリアルな、日本的な鮮やかさと陰影を裏付けていたけどなあ。ほら、彼岸花もふっと目を凝らすと人の顔があったりしてね(三島屋変調百物語 宮部みゆき)。

見える小さな私が一人 山で花摘み、遊んでる
誰も私に近づきゃしない それでも誰かを、待っている
あんたの行く道、通せんぼ 手には花束、彼岸花
赤く腫れた掌を、あんたの頬に、擦りつけよう

これは山崎ハコの「花枕」だけど、情景が目に浮かぶように怖い。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

世界の中の剣道と武士道シックスティーン
韓国仁川で開催された第17回世界剣道選手権は、世界56カ国から約1200人の剣客と関係者が参加、国際大会にふさわしく観客席は各大陸から集まった剣道ファンで埋まった。
最も注目を集める男子団体の決勝戦は韓国-日本戦となり、日本が接戦の末2-1で勝利し、大会4連覇を果たしたが、拍手はなくブーイングでうまったらしい。
中央日報によれば韓国の先鋒パク・ビョンフンと中堅イ・ガンホが相手選手の頭部を正確に攻撃したが、得点を意味する審判陣の旗は上がらず、最後に出場した主将チョ・ジンヨンが個人戦優勝の安藤翔の頭部を手首を打撃しても得点が認められなかった。韓国代表チームのパク・ギョンオク監督は「試合後、親しい日本の記者が『恥ずかしくて申し訳ないという言葉しか出ない』と言って頭を下げた」と伝えた。
どうもこういう問題は毎年繰り返されているらしく、ビデオ判定の導入を求める声もあるけど、日本が主導する国際剣道連盟は判定の改革に消極的で、オリンピック種目入りを目指す動きにも消極的だという。

bushidou16.jpg

僕は剣道を「俺は男だ!」とか「武士道シックスティーン」等のドラマや小説でしか知らないけど、以前、作家の奥田英朗が書いていたように、剣道は柔道よりも日本的な武道で、フェンシングなどと違い、単に面や胴に当てればよいものではなくて、ビシッと決まらなければならないという。
一応、当てたときの力強さや腰の入り方、姿勢が基準とされているらしいけど、国際化のなかにおけばビシッとでは無理でしょう。
さらに剣道には引き技というのがあって、引き技は2本続けて取らないという暗黙の了解があり、ようするに積極的ではないということらしく、このあたりも意味が分からないともなるだろう。
まあ、なにぶん、実践ではなく、書物的というかドラマや漫画、小説からの知識なのであまり当てになりませんが。
試合、勝負なのに勝ち負けだけではなく、それはおそらく日本に固有の武道のゆえに守られた特殊なルールなのだ。
ガラパゴス化は文化においてこそ顕著であり、オリンピックなど国際化を目指すのであればそれらを見直すことになり、ジレンマがあるのだろうなあ。日本においても本来の意味をそれて都合よく輩もいるらしいけど。
それにしても、この時代、日本のスポーツ取材記者ですら『恥ずかしくて申し訳ないという言葉しか出ない』という認識しかできないのだからね。
日本のソメイヨシノの起源は韓国にあるという「韓国起源説」が科学的な分析によって否定されたニュースがあったけど、文化は科学的な解析はできないからなあ。剣道はスポーツでもあり、日本固有の文化が息づくものなのだ。
スポーツもグローバル化は世界の流れだけど、すべて飲み込まれてしまうと固有の文化も失われてしまうのかもしれない。
相撲道、柔道、剣道、合気道…、道のつくものってスポーツとしてあったわけではないのだろうから。

さてさて、「武士道シックスティーン」ファンの皆様、シリーズ4作目「武士道ジェネレーション」が出ましたよ。

テーマ:古流武術・武道 - ジャンル:スポーツ

童貞 「軽やかに開幕」福田章二
さて、映画チラシコレクションから見つけた、この「童貞」なる映画、知っていますか?
にっかつなどの怪しい映画ではなくて、原作は福田章二「軽やかに開幕」とあって、これで分かる人はなかなかの文学通!?
のちの「赤頭巾ちゃん気をつけて」で芥川賞を受賞し、大ベストセラーとなったあの庄司薫なのだよ。
これは松竹映画で「赤頭巾ちゃん気をつけて」などの「薫くんシリーズ」を東宝に押さえられていたから、初期作を持ってこざるを得なかったのかもしれないけど、それにしても題名が「童貞」とはなあ。松竹のセンスにびっくり。
変なインパクトはあるかもしれないどけど、薫くんのガールフレンドの由美ちゃんじゃないけど「舌かんで死んじゃいたい」気分。

DSC_1911.jpg DSC_1912.jpg

露悪的、無頼派とは真逆の作家なのだから、もうすこしソフィスティケートされたものにならなかったのか。
まあ、その後は待望されながら「ぼくの大好きな青髭」以降書かなくなってしまったから、無頼というべきかもしれないけど。
それにしても庄司薫ファンが見に行くとはとても思えない題名をよくつけたものだ。
ちなみに東宝では「赤頭巾ちゃん気をつけて」と「白鳥の歌なんか聞こえない」が映画化され、薫くんを岡田祐介(現・東映社長)が演じた。ヒロインの由美は森和代から本田みちこに代わっている。
「白鳥の歌なんか聞こえない」はNHKでもドラマ化されていてヒロインは仁科明子、当時、TBSの「田園交響楽」(アンドレ・ジイド原作・倉本聰脚本)にも出ていて、可憐だった。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

フランス綴じ わが愛しのペーパーナイフ
フランスというと少しおしゃれなイメージがあると思うのは昭和の世代なのだろうか。
まあ映画や音楽でも昭和のころのほうがフランスに限らず、ヨーロッパの作品が横溢し、評価の高い作品も多かった。
ヌーヴェルヴァーグなどの新しい波もフランスから始まったし。
それはさておき。
フランス綴じなるものをご存知でしょうか。
各ページが袋とじになっているもので、ペーパーナイフで切り離して読むもの。
ペーパーナイフは一般に封筒を開封するときに使われるけど、フランス綴じなどの本を開くためにも使用されるとあったから、どんな本だろうと思っていた。
というのも「アラン・ドロンのゾロ」という映画の販促品でゾロのペーパーナイフを手に入れたからだ。
一度、フランス綴じの本を見つけてこのペーパーナイフで切り開いてみたいと。

DSC_2155.jpg DSC_2156.jpg

そんな時に出たのが筒井康隆の「私説博物誌」。なんと豪華箱入りの上にフランス綴じ仕様になっているのだ。
しかも動物学者日高敏隆先生のお墨付きの博物誌ですからね(図鑑・辞典みたいなものだ?)。

DSC_2157.jpg DSC_2158.jpg

いそいそと買い込んで、本格的な皮製?の鞘から赤いペーパーナイフ抜き取り、綴じにナイフを入れたのだが、怪傑ゾロの剣の切れ味とは程遠く、まあ切れないこと。
大事な本をボロボロしてはならぬとすぐにあきらめ、ハサミも使用したがきれいにならず、結局カッターナイフとなった。
こちらも切れすぎて、いやあ苦労しました。
フランス綴じはともかく、本の天の部分がきれいに裁断されていないギザギザの本がたまにあったりしますが、これもフランス綴じの名残のようなものらしい。手作り感覚というか。
今は古本でさえ、研磨して美本にするらしいけど、いや、本来の本の美しさが…。
そうして、ようやく読める本っていうのもおしゃれな読書の醍醐味?
誰です、そこまでで疲れてもう読めないっていう人は。
でもネットってそういう簡便な手法、読書となるものだからなあ。それも時にはいいだろうけれど、そればっかりじゃ、つまらん。

奇想のミステリー作家泡坂妻夫にもそうした本があるらしいけど見たことはない。